epSITE

イベント・公募展情報

石川竜一写真展 「okinawan portraits 2012-2016」
アーティストトーク with 本尾久子(キュレーター)

開催概要

日時 2016年11月19日(土) 15:00~(約1時間)
※このイベントは終了いたしました。
参加費用 無料 予約不要 (注)お席に限りがございます。あらかじめご了承ください。
会場 エプソンイメージングギャラリー エプサイト

このたびエプサイトでは、石川竜一の写真展「okinawan portraits 2012-2016」の開催にあわせ、写真家本人と本展のキュレーションを手掛けた本尾久子のトークイベントを行います。

なお会場では、先日発売になったばかりの石川竜一の写真集、最新刊「okinawan portraits 2012-2016」の販売も行います。

どうぞお気軽にご参加ください。皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

©Ryuichi Ishikawa

©Ryuichi Ishikawa

【写真家】石川竜一(RYUICHI ISHIKAWA)

【プロフィール】
【写真家】石川竜一(RYUICHI ISHIKAWA)

1984年、沖縄県生まれ。2010年から写真家・勇崎哲史に師事。翌年、東松照明デジタル写真ワークショップに参加。2012年、『okinawan portraits』で第35回写真新世紀佳作受賞。
2014年、写真集『絶景のポリフォニー』『okinawan portrait 2010-2012』を刊行し、第40回木村伊兵衛写真賞受賞。2015年、日本写真協会賞新人賞受賞。主な個展に、2015年「zkop+」、2016年「考えたときには、もう目の前にはない」。主なグループ展に2014年「森山大道ポートフォリオレビュー展」、2016年「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」「野生派 夜明けの不協和音」など。2016年9月に赤々舎より『okinawan portraits2012-2016』を刊行。
【キュレーター】本尾久子(HISAKO MOTOO)

【プロフィール】
【キュレーター】本尾久子(HISAKO MOTOO)

インデペンデントキュレーター・エディターとして写真展写真集の編集を中心に、日本、ヨーロッパ、アジアでさまざまなフォトプロジェクトを企画・プロデュースしている。
写真本のための独自の出版レーベル、アイセンシア(www.eyesencia.com 2000-)と東京・神宮前(渋谷区)に設立(2014-)したアートスペースAM(www.am-project.jp )をベースに、多面的な活動を繰り広げている。

会期 2016年11月18日(金)~2016年12月8日(木)10:30~18:00
(日曜休館・最終日は15:00まで)