epSITE



イベント・公募展情報

渡部さとる写真展「traverse 1990-2015」 ギャラリー・トーク開催のお知らせ

開催概要

開催日時 6月20日(土)18:00~(約1時間)
※このイベントは終了いたしました。
会場 エプソンイメージングギャラリー エプサイト
※入場無料 予約不要
※ギャラリー内作品を歩いて見ながら写真家の解説を聞く形式のイベントです。お席の準備はございません。あらかじめご了承ください。
写真展「traverse 1990-2015」の開催に併せ、写真家・渡部さとる氏のギャラリー・トークを行います。

今回の展覧会は、旅を撮る写真家として知られる渡部氏の25年間の作品を抜粋して構成されます。故郷の米沢と東京、そして海外を行き来して撮り重ねられた作品は、カラーもモノクロもあれば、使われたカメラもフォーマットもさまざまです。
また本展のプリントは、エプソンの最新機種「SC-PX3V」で制作されました。渡部氏が辿ってきた25年におよぶ旅の記録を、最新のインクジェットプリントで展観する写真展となっております。

「ギャラリー・トーク」では、会場内を歩いて作品を見ながら、渡部氏にこれまでの写真活動、今回の写真展のテーマ、プリント制作についてなど、幅広く語っていただきます。

みなさんのご参加を心よりお待ちしております。

©SATORU WATANABE

「1997 Philippin」
© SATORU WATANABE

渡部さとる氏

【プロフィール】
【写真家】
渡部さとる (わたなべ さとる)

1961年山形県米沢市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。スポーツ、報道写真を経験。同社退職後フリーランス。2006年よりギャラリー冬青にて作家活動を本格的に開始。ヨーロッパ、アメリカの美術館に作品が収蔵されている。写真集、著書に「prana」(冬青社2014年)「da.gasita」(冬青社2012年)「旅するカメラ1~4」(エイ出版)などがある。

会期 2015年6月19日(金)~2015年7月9日(木)10:30~18:00
(最終日は15:00まで 日曜休館)