epSITE



展覧会情報

スポットライト対象展

芦谷 淳写真展「NEW FARMSCAPES」会期:2015年2月6日(金)~2月19日(木) 作品はこちら
芦谷 淳
芦谷 淳 Jun Ashiya
1971年、東京都生まれ。東京工芸大学短期大学部写真学科卒業。在学中にフォックスタルボット賞第2席受賞。近年の個展に、2013年「POINTLANDSCAPE」(ペンタックスフォーラム)、2014年「NEW DAMSCAPES」(IN STYLE PHOTOGRAPHYCENTER)など。
芦谷淳は、ペンタックス645Dをメイン機材として日本中を走り回っている。気になる風景を見つけてはその一部を切り取るという作業が楽しくて仕方がない、と言う。デジタル環境が整った今、「機動性」「4×5(シノゴ)クラスの画質」「望みどおりの構図」「美しい階調」、という彼の念願が可能になったからだ。タイトルの「NEW」にはそんな意味も込められている。

スポットライト選考理由 スポットライト制度の詳細はこちら

しっかりとした腕を感じる。1点1点の魅力だけでなく、全体の構成として見えてくる面白さが期待できる。特に新鮮な作品というわけではないが、緻密にまとめられている。
プリントのクオリティーも高く、白の出方が非常にきれいで、全体に安定感がある。大きなプリントで見てみたい作品だ。

芦谷氏インタビューコメント

「高校生のときには前田真三さんに憧れて美瑛や富良野にも行ったし、十代の頃からきれいな風景を撮ることが好きでしたね。大学に入ってアンセル・アダムスの写真を見たとき、モノクロの美しさに圧倒されました。その頃はワンダーフォーゲルもやっていたので、山ばかり撮っていました。6×7(ロクナナ)とか4×5(シノゴ)にモノクロフィルムを入れて。その頃からずっとモノクロ一筋です。階調の美しさと、フォルムが凝縮された世界が好きなんです。
当時からあちこちの山を撮っていたんですが、『これが○○山である』ということには興味がなかった。僕にとって大事なのは『霧の出方がかっこいい』とか『この部分の形がいい』とか、そういうことでした。
でも次第に、きれいなだけの風景写真でいいのか、ということも考えるようになりました。ちょうど社会的にも、長良川など河口堰の公共事業が問題視されていた頃で、僕も『堰やダムって何なんだろう』という疑問をもつようになりました。それに、大学の先生は『コンセプトが大事だ』って言うし。
それでダムや河口堰を撮りに行ってみたんですよ。最初はやはり批判的な目で見ているんですけど、でもやっぱり、そういう風景を『かっこいい』とも感じるんです。撮れた写真を見て『いい』と思うわけです。自分の中に揺れ動く気持ちがあった。
今回の作品も、その思いの延長線上にあります。今回は中でも、“農”にまつわる風景ばかりで構成しました。レタス畑や玉ネギ畑の中で、『あそこに差している光がいいな』とか『こう切り取ったら面白い』、という発見を積み重ねたものです。
人工物と自然がせめぎ合っていると見るのか、融合していると見るのか、それはどちらでも構わない。批判的にとらえてもらってもいいし、単純にきれいだと思ってくれてもいい。何かを考えるきっかけになるために、写真があるんじゃないかと思っています」