epSITE

ギャラリー

「エプサイトギャラリー」は、写真愛好家の皆様により多くの活動の機会をご提供する場として、公募による写真展を開催しています。
原則として2週間の会期で、インクジェットプリントによる作品展を開催していきます。

展覧会リスト

公募展のお申し込みについて

作品募集は、毎年4月・10月の2回。
インクジェットプリントによる作品であれば、応募資格は問いません。
皆様の力作を心よりお待ちしております。

作品募集期間以外には受け付けておりませんので、ご了承ください。

公募展制度 一部改定のお知らせ

エプサイトでは、出展者へのサポート体制を強化するため、
2017年3月24日、「エプサイトギャラリー出展・使用規約」を一部改定いたしました。
主な変更点は以下の通りです。

1.半期に1組「優秀賞(名称未定)」を選出

開催された展覧会の中から、半期に1組、最も優れた展覧会について優秀賞(名称未定)を選出いたします。
受賞特典
・賞金30万円
・プライベートラボの優待料金での利用

※これに伴い、「スポットライト制度」は廃止いたします。
※賞の名称は後日ご案内いたします。

2.出展費用の一部軽減

2017年10月以降開催する写真展(2017年4月募集分)より、以下が適用されます。
・会場設営費・撤去費はエプサイトが負担します。
・出展者は「エプサイト・アドバンストメンバーズ」の登録料・更新料ともに不要となります。

※公募展のお申込みについての詳細は、「ギャラリー出展・使用規約」にてご確認ください。

公募展のお申込みについて

スポットライト制度について

「スポットライト制度」とは、新しい展示表現を目指す優れた作品に対し、エプサイトがその挑戦意欲をサポートするべく開催費用の一部を負担するものです。公募を経て開催が決定した展覧会の中から、識者とエプサイトギャラリー運営委員会によって選出されます。

エプサイトスポットライト対象展リストはこちら

※スポットライト制度終了のお知らせ
スポットライト制度は、2017年9月までの展覧会開催分をもちまして、終了いたします。
これに伴い、エプサイトでは、出展者へのサポート体制を強化するため、公募展制度を一部改定いたしました。
詳細は、「公募展のお申込みについて」より、ご確認ください。

展覧会連動企画

作品販売について

エプサイトでは、2013年よりギャラリー出展作家へのサポート活動として、写真展開催作品のプリント販売を行ってきましたが、2017年3月までの展覧会開催作品をもって、販売の取り扱いを終了いたします。
2017年3月までに写真展を開催し、現在エプサイトで販売を行っている作品は、以下バナーよりご覧いただけます。

エプサイトギャラリー取り扱い 販売作品プリント

プライベートラボ利用者の展覧会

写真展の作品制作にプライベートラボをご利用いただいているみなさまの展覧会情報を掲載いたします。

タイトル 開催期間 会場 作家名
(順不同敬称略)
GIFTS OF MAY
(さつき)
5/15(月)~5/28(日)
休館日:なし
京都写真美術館
フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク 1F
〒605-0038 京都府京都市東山区堀池町374-2
加藤文彦

×