フォトグラファーのカラリオ術

用紙選びのあれこれ

プリント用紙には、光沢紙以外にもいろいろな種類があることをご存知ですか?
紙の素材を変えることで、いつもの写真がもっとステキに自分らしくなりますよ。
仕上がりに差がつく、用紙選びのヒントをご紹介します。

用紙選びのあれこれ

用紙選びのポイント

インクジェット用紙はいろいろな種類のものが市販されています。
しかし、自分好みの1枚はどうやって見つけたらよいのでしょうか。いくつかのチェックポイントをご紹介します。

素材の違い

素材の違い

写真用紙などの光沢紙と、つやのないマット紙とでは発色や階調の出方に違いがあります。
光沢紙は黒がよく締まり、色鮮やかにプリントできる用紙が多く、マット紙は落ち着いた印象に仕上がります。

紙の白色の違い

紙の白色の違い

用紙の「白」はさまざま。
一般的に、青みの強い紙はコントラストが高く冴えた印象に、黄みを帯びた用紙はやわらかくあたたかみのある印象に仕上がります。

紙の面質

光沢度の高いつやのある用紙では透明感を感じやすく、キメ細かな微粒面を持つ用紙はしっとりと仕上がります。また、絹目の用紙やマット紙は光のうつり込みが目立ちにくく、展覧会用にもおすすめです。

紙の面質

マット紙には凹凸のある画材調のものもあります。紙の風合いや手触りもふくめた、インクジェットならではの表現が楽しめます。

おすすめ用紙

写真用紙クリスピア<高光沢>
写真用紙クリスピア<高光沢>

写真用紙クリスピア<高光沢>

高い光沢度とニュートラルな白色が特徴。鮮やかでにごりのない発色が魅力。

写真用紙<光沢>
写真用紙<光沢>

写真用紙<光沢>

クリスピアに比べ、やや青みのある用紙。コントラストが高く、抜けのよい仕上がりに。

写真用紙<絹目調>
写真用紙<絹目調>

写真用紙<絹目調>

光沢感を抑えた、キメの細かい微粒面を持つ。しっとりと落ち着きのある仕上がり。

フォトマット紙
フォトマット紙

フォトマット紙

光沢がなく、やわらかな表現が得意な用紙。切る・折る・貼るなどの作業もしやすい。

Velvet Fine Art Paper
Velvet Fine Art Paper

Velvet Fine Art Paper

上品なテクスチャーを持つ、厚みのある用紙。
(注)ご購入前に対応機種をご確認ください。

シーンにあわせて選ぶ

被写体やシーンにあわせて用紙を選べば、撮影の目的や意図がより伝わりやすくなります。
用紙をかえてプリントすれば、きっと写真の新しい魅力がみつかることでしょう。

ハイキー調

光沢紙ならプリントに透明感が。やわらかめの質感の用紙を選べばハイライトの白とびもやわらいで、プリントが優しい印象に。

ローキー調

深みのある発色にはクリスピアがおすすめ。黒も締まり写真が映えます。マット紙を使えばクラシカルな印象にも。

POP調

ビビッドな発色はクリスピアが得意。画材紙を使うのも違った印象でおすすめ。
(注)エプソン純正紙以外は動作保証外となりますので、各用紙メーカーにお問い合わせの上ご使用下さい。

モノクロ/セピア調

光沢感を抑えた用紙を使えば写真が落ち着いた印象に。
マット紙や和紙との相性も抜群。レトロ感も!
(注)エプソン純正紙以外は動作保証外となりますので、各用紙メーカーにお問い合わせの上ご使用下さい。