子育て環境は?

預けるところはある?子どもたちは安心して暮らせる?

待機児童はほぼいません。
自然豊かな環境で子育てができます。

長野県内全域での保育園の待機児童率は0.1%*。
また、自然環境や地域資源を取り入れた保育の普及が進む長野県。事業所周辺にも広い園庭を備えた保育園・幼稚園が数多くあり、自然豊かな環境でのびのびと育てられることをメリットとして感じている方が子育て中のキャリア入社者の78%にのぼります。
また、旬の果物狩りやお花見など四季を感じられる行事も多く、子供たちの五感を刺激し、豊かな感性を育める環境です。

* 出展:保育所等関連状況取りまとめ 平成29年4月1日(厚生労働省)

01

キャリア入社者300名の内、お子様のいる方に聞きました

自然豊かで情操教育によいと感じている

78.3%

メリットの内訳

メリットの内訳:自然豊かで情操教育によいと感じている

※有効回答数143人

02

長野県独自の自然保育の取り組み

「信州やまほいく」の郷

長野県では2015年より「信州型自然保育認定制度」(愛称「信州やまほいく」)をスタートし、普及に取り組んでいます。幼児期の子どもを対象に、屋外での遊びや運動を中心に様々な体験を深め、知力と体力も同時に高めることができるとされる新しいスタイルの保育・幼児教育です。多様な自然や地域の環境を生かした活動を通じて、子どもたちの知的好奇心や感性が豊かに育まれます。

関連リンク

信州やまほいくの郷 公式ホームページ

03

長野県の

女性の就業率

全国2位

就業率 第2位 女性就業率 第2位 高齢者就業率 第1位

2015年国勢調査 就業状態等基本集計結果

待機児童率が低いので、子どもを預けて安心して働くことができます。
また、県の調査(2018年子どもと子育て家庭の生活実態調査)で「働きたくても仕事がみつからなかった」と答えた小中学生の母親の割合は全体の1割以下と、女性の働く環境が充実しているといえます。