SurePress

導入事例 北海シーリング株式会社様

北海シーリング株式会社様

アナログとデジタルの使い分けで、縛りなくお客様から受注いただける環境に

北海シーリング株式会社様

導入製品:
SurePress L-4533AW

北海シーリング株式会社様

導入事例を動画でご紹介

SurePress導入事例 北海シーリング株式会社様

SurePress製品紹介のページにて、会員登録後、製品紹介動画、製品資料などを閲覧できます。

動画をご覧になりたい方はこちらからお入りください。

SurePress導入事例 北海シーリング株式会社様

本サービスはネクプロ社のサービスを利用して提供いたします。

導入の経緯

SurePressではないとできない仕事というのが、
もう絶対値として生まれてきています。

デジタル印刷機については、非常に注目をしており、
「先頭を切って導入したい!」という想いがありました。

代表取締役社長 有原 常貴様

代表取締役社長
有原 常貴様

デジタル印刷機は導入前からずっと関心があり、常にアンテナを張り、展示会なども注目しておりました。
そんな時、ヨーロッパで先に先行販売されたSurePressの発表を見まして、すぐにもう「これはいつ国内発売されるんですか?」と電話で問い合わせをしました。先頭を切って導入したい!と兼ねてから強く思っておりましたので、導入は躊躇することなく、即決したのが1台目の機械になります。
2台目の更新については、当然、生産性をアップさせるというのが目的でもありましたし、また白の印刷というのは非常に魅力的でしたので、買い換えを行いました。当然、SurePressの仕事の範囲というのが継続的にありますし、さらにそちらを広げるために機械を更新いたしました。これも迷いはなかったですね。

導入して実感したSurePressの優れている点

SurePressはすごく綺麗に“モニターのまま”のものが出力できるので、何も手を加えなくても簡単に理想通りの印刷ができる「夢のような印刷機」なんです。一切手を加えないで印刷を行うので、本当にボタン一つだけで画面のものが出力される感じですね。紙の基材なども選ばないので、優れた機械だと思います。また、版ずれは絶対に起きないし、ごわごわした紙質の和紙など、特殊な機材も変わらず画面のまま綺麗に出力される点はとても優れていると思います。
ボタン一つで簡単にできちゃうので、忙しいふりを毎日するのが大変ですよ(笑)。
色に関しては、プロファイルのEpson Wide CMYKというのが、色域がとても広くて、ほとんどの色にも合わせられるので、苦労したことはないです。
両面印刷の表面・裏面を合わせる精度もとても高く、一発でしっかりと合うので、毎回感動しています。
そのように笑顔で語ってくれたのは、製版課班長 服部智章さん。

SurePressでは、モニターで見たままの綺麗な出力が可能に

SurePressでは、モニターで見たままの綺麗な出力が可能に

製版課班長 服部 智章様

製版課班長 服部 智章様

アナログとデジタルの使い分けで、縛りなくお客様から受注いただける環境に

アナログとデジタル共に隔たりなく作業ができるっていうのが当社の強みになっています。ですから、数が少ないものはデジタルで、数が多いものはアナログでというように、あまり縛りをなくお客さまから受注いただける、環境づくりが整ってきました。近年、印刷の種類も多品種になって、アナログでは対応できないというものも非常に多くなってきています。数量を一番少なく、または非常に特殊なものを印刷するといった作業はSurePressにしかできないので、“SurePressではないとできない仕事”というのが、もう絶対値として生まれてきていますね。
さらに、取引先の食品会社さんについては消費者の嗜好の変化っていうのもあると思いますので、テスト的な販売というのが非常に多くなっているように思います。例えば、塩味がもともとであったら、みそ味・しょうゆ味・エビの味などのように多品種になって、おのおのの数量が全てまちまちというケースも非常に多いと思います。実際に我々のシールであると、5,000枚、1万枚と受注をいただかないと、なかなか仕事としては成立しないのですが、SurePressであれば、数量が少ないものでも全く問題ないので、このようなお仕事にもぴったりはまるというようなイメージになります。と有原常貴 代表取締役は語る。A4を超えるサイズの物が出力可能になった点も大きな変化だと思います。また、SurePressは版が要らないのでデータがあればすぐ印刷が可能です。こういった点で納期にも柔軟に対応ができ、大変メリットを感じました。あとはバリアブル印刷の可変情報ですね。こちらも連番でそれぞれ番号変わっていったりや、ばらばらな番号であったりなど、またQRやJANコードの情報が違ったりというのも、アナログではなかなか対応しにくいところでしたが、SurePressはそういったお客さまの要望も実現できたかなと思っております。と岩佐共晃 取締役営業次長。

ご依頼いただいた当日中にご納品することもデジタルなら可能

取締役営業次長 岩佐 共晃様

取締役営業次長
岩佐 共晃様

アナログの印刷機は複雑な操作をしなければいけないので、色の問題やデザインなどの基礎知識がないままに一から習得するのは、1~3年ほどの期間がかかります。
弊社ではデザインの専門学校で学んできた方たちを積極的に採用しているので、コンピューターの操作はもちろん容易にできますが、SurePressになりますと、プリンターとしてもあまりハードルが高くなく印刷物ができるので、非常に有効、かつ短期間で生産に関わっていただけ、即戦力になっているという印象を感じています。
そんな中、非常に世の中も加速しており、お客さまのニーズというのが恐らく「もっともっと短時間で入手したい」という風になってくると思っています。社内のアナログの印刷は、昼夜の二直の作業をしていますが、そちらに合わせてデジタルの部門も昼夜できないかと現在、検討しているところです。
実際には、朝ご注文いただいたものを翌日に納めるというのがアナログの印刷機の短納期ではあるのですが、それがもし可能であれば、デジタルだと“時間刻み”で短納期に対応できるんじゃないかなと思います。例えば、本来であれば翌日に納品するものを、その当日に、深夜であってもお客さまに引き取っていただけるような形というのも、デジタルでは可能なんじゃないかなと思っています。

まとめ

まとめ

北海シーリング株式会社

会社概要

北海シーリング株式会社

北海シーリング株式会社

所在地 北海道札幌市西区発寒11条14丁目1067番地4
設立 1982年1月21日
従業員数 約48名(2021年12月)
ホームぺージ http://www.sealing.co.jp/

1982年に設立。経済成長とともに順調に業績を伸ばし、工場や設備の充実を図りながら、1985年には製造部門に二交代制を導入。機械をより効率良く動かし、24時間ライン稼働可能な体制に強化したことで、迅速な納期対応を実現し、生産性の向上にも成功した。さらに1996年頃から、業界としてはいち早くデジタル化に着手。受注関連業務のIT化などに積極的に取り組み、業務の合理化、効率アップに努めている。確かな品質と、大量ロットから多品種少量ロットまで多彩なニーズに応え、価格競争ではなく「品質重視による差別化」を徹底している。

導入事例PDFダウンロード

導入事例は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード

(約1.33MB)

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Inc.の登録商標または商標です。

商標について

本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標についてをご確認ください。