導入事例 家で食べるスープストックトーキョー様

冷凍食品販売店 家で食べるスープストックトーキョー様

冷凍食品販売店 家で食べるスープストックトーキョー様
導入製品:TM-P60II
業種:小売

iPadとモバイルプリンター「TM-P60II」で、
注文処理をスピーティーにこなす前捌きギフト受注システムを実現!

導入事例TOPへ

導入製品

TM-P60II

長時間稼働、紙の交換が少ない大口径ロール紙。
ラベル用紙にも対応したヘビーユースモデル。

TM-P60II 製品の詳細はこちら

導入店舗様のご紹介

Soup Stock Tokyoの味をご家庭でも 50種類以上の豊富な商品を揃えた冷凍スープの専門店。

冷凍食品販売店「家で食べるスープストックトーキョー」様

冷凍食品販売店
「家で食べるスープストックトーキョー」様

食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」を全国展開する株式会社スマイルズ様では、その味をご家庭でも楽しめるよう、現在、持ち帰り用冷凍スープ専門店「家で食べるスープストックトーキョー」を全国の大手百貨店などを中心に出店されています。近鉄あべのハルカス店は昨年11月にオープンしたばかりの大阪での新店舗になります。作りたての品質そのままの豊富な種類の商品は、お中元やお歳暮、ご贈答用などにも大変人気です。

iPadとTM-P60IIでミスのないギフト受注を実現

近鉄あべのハルカス店では、店頭でのギフト受注に、iPadとモバイルプリンターTM-P60IIを使った前捌きギフト受注システムを導入されています。お客様にギフトセット商品や店頭に並んでいる商品から贈りたい商品を選んでいただき、スタッフは商品の種類、個数、出荷・到着指定日時、同梱物、のし・リボンの種類などの受注内容全てをヒアリングしながらiPadに入力していきます。Bluetooth®で接続されたTM-P60IIからは、これらの情報がバーコード入りの注文票とお客様控えとして同時出力されます。このバーコードはPOSシステムに接続されたバーコードスキャナーで読み込まれ会計処理へと連動します。スピーディー且つ正確な受注・会計処理に役立っています。

導入理由・評価

「家で食べるスープストックトーキョー」様では、現在ある16店舗全てにiPadを導入。スタッフの勤怠管理や商品発注、Soup Stock TokyoのWEBサイトで公開しているアレンジレシピの店頭紹介などに利用されていました。一方、ギフト受注については手書き運用していたこともあり、お中元やお歳暮のシーズンには、お客様の待ち列ができたり、注文伝票の記載ミス、配送指示漏れなども起きてしまっていたので、何か効率化できる方法はないかと模索されていました。そんな時期にエプソンのモバイルプリンターを知り、既に導入したiPadを最大限に活用できコスト的にも抑えられる形でギフト受注システムを開発、導入することを決められました。Soup Stock Tokyo事業部法人営業部の村上彰悟氏は、「のしの種類の訊き忘れや記入漏れなどのミスも減り業務処理の精度があがりました。また、お客様をお待たせする時間も短くなりましたし、お渡しする控えもきれいに印刷されたものになり、接客の質も向上しました。」とその高い導入効果を語ります。

導入後の状況・ご感想

iPadだから慣れるのも早い。スマートで確実な注文票発行ができる!

注文処理が約2~3割スピードアップ

近鉄あべのハルカス店、和島博之店長に導入の様子をお訊きしました。「ギフト受注は通常、専用カウンターで対面形式で行っています。iPadとTM-P60IIはカウンター上に置き、接客の必要に応じ移動したりします。年末のお歳暮時期などには、月に300件程度の注文があり、一人のお客様が複数の発送先へ送るため、その処理内容は膨大になります。以前は、レシートの控えを基に注文伝票へ手書き記入を行っていたため、接客後の後処理も多く、記入漏れなどが発生していました。今は、お客様へのヒアリング中や発送伝票を書いていただいている間にiPadに情報入力を行っています。項目毎にチェック・選択していくので簡単で漏れがなくなり、画面に金額も出るので会計もスムーズです。自分は元々の手書きスタイルに慣れていたので、最初は接客しながらの操作に若干の抵抗はありましたが、慣れてからは非常にラクに感じます。新しいスタッフはスマホに慣れているせいか、すぐに慣れてしまいます。全体の処理スピードも2~3割はアップしていると思います。」

エプソンのプリンターは印刷スピードが速い

「モバイルプリンターから出力されるレシートには、お客様控えの情報として、注文された商品の種類、個数、出荷・到着指定日時、のし・リボンの種類などの受注内容の全てがきれいに整然と印刷されるのでお客様も安心です。店舗控えにも、お客様控えと同じ情報とJANコードが出ますので、あとはJANコードをPOSシステムのバーコードスキャナーで読み込めば会計完了です。エプソンのプリンターは印刷スピードも速く、用紙の入れ替えも簡単、通信エラーも起きていません。サイズも小さく置いている場所を簡単に変えることができるので接客もしやすいです。」

システム概要・開発にあたって

全店での本格導入を計画中 在庫管理や基幹システムとの連動も視野に 株式会社スマイルズ Soup Stock Tokyo事業部 法人営業部 副部長 村上 彰悟氏

スープをご家庭で楽しんでいただくための環境づくりを推進

Soup Stock Tokyo事業部法人営業部の村上彰悟氏は、「今後も全国の主要百貨店中心に展開していきます。それと並行し店舗とは別に、ネットショップを通じた通信販売や、高級スーパー、生協などへの卸販売なども通じ、お客様に色々なシーンでスープを楽しんでいただくための環境づくりを進めていきたいと思います。また、ギフト受注システムはまだ数店舗での運用ですが、試験運用もそろそろ終わり、今後も導入店舗を広げる予定です。さらに今後は、本部からの新製品や欠品情報、販促情報などをiPad上でリアルタイムに確認できるよう変更するなど、iPadの活用を拡大していきます。」

「TM-P60II」は省スペースでコンパクトなプリンター

「百貨店内での出店では、店舗のスペースが限られているのでカウンター上も有効に使っていかなければなりません。そのような状況の中では「TM-P60II」はコンパクトでいざとなったら置き場所をすぐに変えることができるので、iPadのような端末とのマッチングは非常によいと感じています。また、エプソンなら品質も安心できますし、サポート体制なども大変満足しています。」

家で食べるスープストックトーキョー 前捌きギフト受注システム構成図

冷凍食品販売店「家で食べるスープストックトーキョー」様

冷凍食品販売店「家で食べるスープストックトーキョー」様
所在地 〒545-8545
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス近鉄本店ウィング館B2F
電話番号 06-6625-2437
(注) iPadは、Apple Inc.の商標です。
(注) Bluetoothのワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、セイコーエプソン株式会社 はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-7020

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8525までおかけ直しください。