M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
いますぐ100切り90切りしたい人へ いまどきのスピード上達法 GOLF Waggle

第4回 堀尾研仁の90切りレッスン「飛距離を伸ばす」

手元が流れるとヘッドが走らず飛距離が出ない

同じ「カベ」でも、90切りを目指す人は、100切りの場合とは少し様子が違ってくる。90のカベに悩む瀧田さんは、パワーのわりに飛距離が出ず、「もう少し飛べば、2打目がラクなのに」と思う場面が多いという。瀧田さんのスイングを分析したところ、飛ばない原因があきらかになった。

堀尾プロ「スピード」の項目を見てください。「ナチュラルアンコック」の数字が4.3と小さいでしょう。これが飛ばない原因です。

しかし、「ナチュラルアンコック」とは聞きなれない言葉だ。

堀尾プロ:これは、ヘッドスピードに対するグリップスピードの減速率。簡単にいえばヘッドの走りです。瀧田さんは、インパクト前後で手元が左に流れて、ヘッドを十分走らせていないんです。インパクトで手元を止めるような感覚を身につければもっと飛びますよ。

手元が流れるとヘッドが走らず飛距離が出ない

堀尾プロの解説

Point1

切り返しで下半身の動きをストップ

切り返しで左に体重を移動したら、それ以上左に動くとスエーになる。切り返したあとは、下半身の動きを止めるくらいの感覚をもつと左のカベができてヘッドが走る。

切り返しで下半身の動きをストップ切り返しで下半身の動きをストップ
Point2

“ヒッチハイク”みたいに親指を立ててスイング

テークバックでつくった手首のコックをほどくことでヘッドスピードを上げる。テークバックでは右手、フォローでは左手の親指が上を向く方向に手首を使うことが大事だ。

“ヒッチハイク”みたいに親指を立ててスイング“ヒッチハイク”みたいに親指を立ててスイング

Check!

“ナチュラルアンコック”を使おう

手元を“止める”とヘッドが走る

グリップスピードが減速せず手元が流れる

ヘッドの加速と一緒に手元も加速してしまう瀧田さんは、ヘッドが走らず飛ばなかった。手元を減速させる感覚をつかみ「ナチュラルアンコック」が4.3から27.5へと上がると一気に飛距離が伸びた。

Before

Before

After

After

手元を“止める”とヘッドが走る

Drill

「ガニ股素振り」で手の振り方を覚える

手元とカラダを止めてヘッドを走らせる感覚は、ガニ股で「手振り」するとわかりやすい。フォローでシャフトを立てるように振り抜こう。

「ガニ股素振り」で手の振り方を覚える
「ガニ股素振り」で手の振り方を覚える

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!