M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第12回 エピローグ
正しいフェースコントロールは正しいスイングにつながる

形ばかり気にしても良い球は打てない

この連載もいよいよ最終回。11回に渡り、永井プロにやってはいけない動き“デスムーブ”の解説と対処法。そして効率良く上達するために必要な“フェースコントロール”の解説と習得するためのドリルなどをご紹介いただいた。特に“デスムーブ”ことフェースを開きすぎる動きは、当てはまるゴルファーも多かったはずだ。永井プロは言う。「トーナメント中継やゴルフ雑誌などで、プロのスイングを見ると真似したくなりますよね。しかし形ばかり真似してもスイングの問題点を把握していなければ上達するのは難しいのです。」

形ばかり気にしても良い球は打てない

良いスイングは効率良くボールを打つための結果の形

ツアーで戦うプロゴルファーは、自分でいかに思う通りにボールをコントロールして一点を狙えるかが勝負です。その結果を得るためには、どのようにフェースをボールに当てれば良いか、できない理由は何かのメカニズムを考えながら練習を積みます。つまりスイングの形以前にまず“こういう球が打ちたい”という意思があり、それが形になった様を我々は目にしているのです。このメカニズムの理解に、最近ではツアープロの間でも様々な計測器が活用されています。形やフィーリングではなく、スイングと弾道のメカニズムを理解しながら、それを自分で使いこなすための練習やコーチングが最近のトレンドです。

(注) 本サービスはYoutube™のサービスを使って提供しています。

自分のエラーを見つけ出し、改善することが上達につながる

プロゴルファーに限らずゴルフの上手い方は、自分のミスの傾向を知っています。自分にどのようなミスがおきているのか、そのミスはどうすれば減らすこと、なくすことができるのかを研究している方ほど、ゴルフを楽しんでいるなと感じられる方が多いですね。スコアをまとめるには自分のミスとうまく付き合うべきだという意見もありますが、自分の悪いところを把握し、改善することがゴルフの上達で、そのあかつきには今までにない自分が待っているという夢があります。いい結果やいいスコアだけにこだわると、必ず行き詰まってしまうものです。あくなき探究心と向上心を持つゴルファーを応援するのが、我々指導者の使命だと感じています。

自分のエラーを見つけ出し、改善することが上達につながる

昔は把握しづらかったミスの原因

近年はデジタルカメラやスマートフォンなどの普及で、ご自分でスイング動画を撮影し、見る機会も増えたと思いますが、自分のスイングを分析・把握することはなかなか難しいものです。分析できないとなると、打ったボールの結果からミスの原因を予測するような、昔ながらのあいまいなまま練習を繰り返すことになるので、これでは効率のいい上達は望めません。しかし、現在はM-Tracerのような正確に自分のミスの原因を知ることができる器具があります。自分でミスをした時のスイング軌道やフェースの向き等、記録ができて何度も確認ができる。自分のミスの原因を自分で理解できるようになるので、これは上達の指針として積極的に活用するべきです。

(注) 本サービスはYoutube™のサービスを使って提供しています。

すべてはグッドショットのために

ミスの原因を知り、克服することができれば、結果は必ず改善されます。残念ながら、今までやってきたことの延長線上に、望むような上達はないと思ってください。ミスを克服するためには、パソコンの古いソフトをアンインストールし、新しいソフトをインストールするような作業が必要です。今回12回に渡って皆さんにお伝えしたかったのは、オープンフェースというデスムーブをアンインストールし、正しいフェースコントロールという術をインストールするための方法や考え方です。これは単に形を真似たり、やみくもに打ち込むような練習とは全く次元の違うものです。当連載にお付き合いいただき、ありがとうございました。
またどこかで皆さんの上達のお手伝いができればと思っております。

すべてはグッドショットのために

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!