M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第7回 パターのバックフェースでボールを拾えますか?

デスムーブはひとつでもやっかいなのに合わさるともっと大変

ここまで永井プロにアドレスからトップまでにフェースが開きすぎてしまうスイングエラー“デスムーブ”を解説して頂いた。シャフトが過剰な右回転をし、フェースが開くデスムーブA、正しいスイングプレーンからクラブインサイドに大きく外れてしまうデスムーブB。どちらもトップまでに起こる動きで、この動きになってしまうと正しいインパクトを迎えるのは非常に難しくなる。ところがこれらのデスムーブには、両方の動きを伴ってしまうさらに恐ろしい“デスムーブ複合型”が存在するようなのだ。

永井プロ:この複合型は、初心者の方や女性に多く見られるのですが、意外にもゴルフ歴の長いベテランゴルファーの方にも症状を持つ方がいます。詳しく説明していきましょう。

デスムーブはひとつでもやっかいなのに合わさるともっと大変

フェースが開くのがデスムーブA。スイングプレーンからインにクラブが外れるのがデスムーブB

まず少しおさらいしましょう。デスムーブとはゴルフスイングを“殺してしまう”大きなミスにつながる動きの事。今回はその中でも悪質なフェースを開きすぎてしまうデスムーブが全体のテーマです。トップまでにシャフトが過剰に右回転し、フェースが開きすぎてしまう症状がデスムーブA。同じくトップまでに正しいスイングプレーンに対してインサイドにクラブが外れてしまう症状がデスムーブBです。どちらもターゲットに対してボールの打ち出しが右に出る要素なので、フェースで巻き込むか身体の動きで引っ張り込むかしないと真っ直ぐ飛びません。ミスにミスをかけあわせて、とりあえずターゲット方向にボールを飛ばしている・・・。残念ながら、これが多くのアマチュアゴルファーの現状で、これでは思い描く様な上達やキレイなスイングにはたどり着けません。

フェースが開くのがデスムーブA。スイングプレーンからインにクラブが外れるのがデスムーブB

デスムーブを取り戻そうとする動きがさらに曲りや飛距離低下を助長してしまう

今回、フェースが開いてしまうデスムーブの症状をいくつかに分けて説明していますが、デスムーブの原因はすべて自分のミスというわけではなく、前に説明したとおりゴルフクラブの「スイング中つねにフェースが開きたがる」という特性も関係しています。いずれにせよ、インパクトまでに開いたフェースを戻そうとするため余計な動きが非常に多くなります。そのため飛ばない、曲がる、芯に当たらないなどとなってしまうのです。今回の企画で自分がデスムーブに当てはまるかどうかをチェックして頂き、少しでも疑いのある人はM-Tracerでの計測をお勧めします。ゴルフでミスの原因が特定できれば、上達スピードはグッと早くなりますから。

デスムーブを取り戻そうとする動きがさらに曲りや飛距離低下を助長してしまう

デスムーブ複合型の見分け方とは?

デスムーブAとBを併せ持つ複合型の方は、開きすぎたフェースの角度とインサイドに外れたクラブの軌道をトップからインパクトまで一度にスクエアに戻さなければならないため、ターゲット方向にボールを打ち出すのが非常に難しくなります。自分がデスムーブ複合型であるかどうかの見分け方ですが、一番正確にわかるのがM-Tracerでの診断です。M-Tracerは、フェースの開いている角度だけでなく開くまでの過程を確認できますし、グリップとヘッドの軌道両方を確認できます。ない場合は、スイングを飛球線後方から動画撮影し、ヘッドが9時の位置の時点でグリップとヘッドの位置、それからフェースの角度を確認しましょう。

デスムーブ複合型の見分け方とは?

9時のポジションでフェースが上を向き、グリップより背中側に来ていたら複合型

テークバックの9時のポジションでフェースが過剰に開き、左手が身体から離れヘッドがイン側に外れていたらあなたはデスムーブ複合型です。こうなってしまう方は、デスムーブBの説明時にも書きましたが、“スイングは回転する”とか“ヘッドを低く長く”というイメージを勘違いしている方がデスムーブBになりがちです。そこに手先での始動のクセがつくと複合型になるのです。さらにパワーのない方が何とかクラブを速く振ろうとして、始動時に手でクラブを操作し、そこに身体の回転を無理やり付け足そうとするとこの形になってしまう傾向があります。

9時のポジションでフェースが上を向き、グリップより背中側に来ていたら複合型

パターのバックフェースでボールを拾ってみよう

トゥヒールタイプ、俗にいうピンタイプのパターは、ほとんどのゴルファーは使ったこと、もしくは見たことがあると思います。このパターはフェースの裏側、バックフェースにちょうどボールが乗るぐらいのくぼみがあり、ここでボールをヒョイっと拾い上げる行為をしたこと(見たこと)がありませんか?実はこの動きにデスムーブから脱出するヒントが隠されているのです。まずはフェースの裏側がくぼんだパターを手にしてアドレスした状態を作り、右手1本でテークバックする方向にヘッドを動かしながらボールを拾ってみてください。

パターのバックフェースでボールを拾ってみよう

ボールを拾えた時の右手の感覚が重要

ピンタイプのパターでボールを拾い上げる。普段何気なくやれている行為でもアドレスの形からやってみると意外とできない方もいると思います。まずヘッドをインサイドに動かしてしまうとボールはバックフェースに乗りません。またオンプレーンに動かせたとしてもヘッドを低く長く動かしては、ボールを拾い上げることはできません。ボールを拾い上げるには、右手首を甲側に返しながら、ややアウトサイド気味に急角度でヘッドを持ち上げないと、バックフェースですくい取るような動きにはならないはずです。やや外側に上げる様に感じるかもしれませんが、もともとパターはライ角がアップライトなので、そのせいです。軌道のイメージではなく、右手首を甲側に折る感じを掴んで欲しいのです。

ボールを拾えた時の右手の感覚が重要

デスムーブAとB両方の動きを矯正できるボール拾いドリル

このパターでボールを拾う動きは、アドレスから正しい始動の手の動きになります。この動きに身体の動きが合わさって正しい始動の形になるのです。このパターでのボール拾いができるようになればインサイドにクラブが外れてしまう動きも、フェースを開きすぎてしまう動きも一度に矯正することができます。正しい動きを体験することはとても重要ですので、ピンタイプのパターを持っていない場合は、お友達に借りてでも、一度やってみてください。ただし必ずボールが飛んでいっても大丈夫な安全な場所でやってくださいね。あらぬ方向にボールが飛んで、万が一怪我でもしたら大変です。

デスムーブAとB両方の動きを矯正できるボール拾いドリル

次回は実際にボールを打ちながらデスムーブ複合型を克服していきます

ひとつ当てはまるだけで大変なデスムーブですが、複合型はとてもやっかいな症状です。少しでも軽減できるようにパターのボール拾いドリルをやって正しい動きを体感してみてください。次回はより実戦的にボールを打つドリルをご紹介します。ゴルフは自分が正しいと思っている動きが、客観的にみると実は全然違う動きになっていることが多いスポーツです。飛んでくるボールに反応する他のスポーツと違い、正しい動きと自分の考えているイメージが一致していないと良い結果が出ません。皆さんに正しい動きとイメージが揃うようなドリルを紹介していきますよ。

次回は実際にボールを打ちながらデスムーブ複合型を克服していきます

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!