M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第6回 キャディバッグを背負ってクラブを振ってみよう

デスムーブBは手が浮きあがることで起こる

正しいスイングプレーンからクラブがインサイドに大きく外れてしまうのがデスムーブB。前回はそのメカニズムと正しいクラブの使い方と力の入れ方を永井プロに説明頂いた。今回はさらにデスムーブBを掘り下げていく。どうすれば、手が浮きあがらずクラブがインサイドに外れずオンプレーンのテークバッグができるのか。デスムーブBの動きをおさらいしながら、正しいテークバックを解説して頂こう。

永井プロ:手が浮く原因は、手だけで始動している場合に起こりやすい現象です。身体を使ったテークバックを身に付ける必要があります。

デスムーブBは手が浮きあがることで起こる

スクエアなスイングプレーン(オンプレーン)よりインサイドにクラブが外れる動きがデスムーブB

改めて説明するとデスムーブBとは、テークバックの際にスイングプレーンに対してインサイドにクラブが外れる動き。これはボールに対するクラブのポジションが、ターゲットに対してインサイドに位置することで、打ち出しが右に出る要素となり、M-Tracerでは開くという数値に現れます。今回の企画は“フェースの開き”がキーポイントですが、デスムーブBはフェース自体が開いていなくても、クラブがインサイド側に外れることにより、ボールが右に飛んでしまう要素として判断されるのがポイントです。それによりフェースが開くデスムーブA同様、右に飛ぶ要素をダウンスイングで打ち消す動きが必要になり、スイングが壊れるわけです。

スクエアなスイングプレーン(オンプレーン)よりインサイドにクラブが外れる動きがデスムーブB

デスムーブBは“左手が浮くこと”で起こる

デスムーブBは、クラブがテークバックでスイングプレーンよりインサイドに外れる動きにより、左手が身体から離れてしまい、手の通るべきスイングプレーンから前方高めに外れてしまうことで起きます。正しい動きではハーフウェイバックまでグリップエンドは身体側を指しますが、左手が浮くと、始動から早い段階でグリップエンドが身体を指さなくなりクラブが倒れやすくなる。左手が浮いてしまうことがクラブを倒してインサイドにプレーンを外す原因、デスムーブBの元凶のひとつなのです。

デスムーブBは“左手が浮くこと”で起こる

手だけで始動するとスイングに様々な弊害が生まれる

“テークバックを低く長く”等、レッスンやゴルフ雑誌に見られる言葉を間違って解釈するとクラブだけをそのように動かそうとしてしまうので、手だけで始動し手が浮きあがりやすくなります。そうするとクラブと身体の距離の関係が崩れ、せっかくアドレスが正しくできていてもデスムーブをはじめ様々なミスを生む原因になってしまうのです。4時から8時までのクラブの動きはシャフトも回転しませんし、グリップエンドも常に身体を指したまま。手で始動するのではなく、身体全体でクラブを動かすことが大切です。

手だけで始動するとスイングに様々な弊害が生まれる

左肩にストラップをかけてキャディバッグを背負ってみよう

身体全体で始動するテークバックを身に付けるのに効果的な方法をお教えしましょう。まずキャディバックのストラップを左肩にかけバッグ本体がお尻にくるように背負います。そしてこの状態でアドレスしてください。肩から背負っているので手だけでテークバックしようとしてもキャディバッグは動きません。キャディバックが始動と同じタイミングで左に移動しはじめ、8時ぐらいのタイミングでキャディバックを左側に落とすようにシャドウスイングをしてください。身体がしっかりと使えていないとキャディバッグは最初から動きません。このドリルで、身体全体で始動する感覚を覚えてください。

左肩にストラップをかけてキャディバッグを背負ってみよう

キャディバッグドリルは切返しの動きも覚えられる

このキャディバッグを背負ってスイングするドリルは、切返しの身体の動きを覚えるにも有効です。始動からトップまでは、身体全体でテークバックする動きと同じで8時までにキャディバッグを左側に落とし、トップの形を作ります。その形のまま、左側に落としたキャディバッグをもう一度左腰に乗せなおしてください。この動きが切返しの正しい動きなのです。詳しい説明は次の頁でしますが、この動きができるとできないでは、スイングの再現性はもちろん飛距離に関してもかなりの差が出る部分です。是非覚えてください。

キャディバッグドリルは切返しの動きも覚えられる

腰にキャディバックが乗れば下半身リードができている証拠

まず1つ目の動作(テークバック)として、左肩にストラップを掛け、腰に背負ったキャディバッグを左側に落とす。2つ目の動作が重要で左肩にぶら下げて腰の左横にあるキャディバッグを、また左腰に乗せなおす。これが切返に必要な動作になります。キャディバッグを左側に落としたまま腰を回転させてしまったら、キャディバッグは左に外れたままです。キャディバッグ側に左腰を突き出すようにして左お尻ポケットあたりにキャディバッグを乗せなおす動きを入れてください。この動きが重心移動、左軸へのシフト、下半身リードなどいろいろな表現がありますが、いわゆる切り返しでの“タメ”をつくる動作です。そして、3つ目の動作(インパクトからフィニッシュへ)として、左軸でターンして、左腰に乗ったキャディバッグを反ターゲット方向へと運びます。

腰にキャディバックが乗れば下半身リードができている証拠

下半身リードとは上半身を受け止める準備のこと

デスムーブとはちょっと話がズレますが、重要なことなのでお話しておきます。“下半身リード”とはトップから切返しの時に腰を急速度で回転させるようなイメージを持たれる方が多いのですが、そのイメージでうまくいっているゴルファーは皆無に等しいといえます。むしろトップで貯めたパワーを受け止めるようなイメージを持つといいですね。せっかく正しいテークバックでデスムーブを起こさなかったとしても、効率よくインパクトできなくては元も子もありません。キャディバッグドリルで身体全体を使った始動と切返しの動きをしっかりと身に付けてください。

下半身リードとは上半身を受け止める準備のこと

デスムーブには2種類の複合型も存在する

ここまでデスムーブAとBの症状と対処法をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?自分のスイングに当てはまる症状があった方は、それぞれご紹介したドリルを是非試してみてください。次回は、デスムーブA+Bの複合型のお話をしましょう。この企画の冒頭でお話しましたがアベレージゴルファーの8割の方がデスムーブAもしくはBに当てはまります。特にゴルフを始められてまだ日が浅い方はこの複合型になりやすいのです。少しでも上達のヒントになるように分かりやすく説明しますのでそういった方に読んでいただきたいですね。

デスムーブには2種類の複合型も存在する

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!