M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第5回 テークバックは、低く長くなんて思っていませんか?

フェースが開く原因は二つある

アドレスからトップまでの間にフェースを開きすぎてしまうことがミスショットの大きな原因であることは前回までのお話でお伝えした通り。シャフトが右回転することでフェースが開くということは、ゴルファーならご理解頂けただろう。しかしゴルフスイングではもうひとつフェースが開く動きが存在する。それがデスムーブBだ。今回からは、永井プロにデスムーブBについて詳しく解説して頂こう。

永井プロ:デスムーブBとは、テークバックの初動からインサイドにクラブを引き込み、正しいスイングプレーンから外れてしまう動きの事を指します。この初動でプレーンから外れるという大きなミスが生じてしまうと、効率良くボールを打つことはほぼ不可能となります。

フェースが開く原因は二つある

スクエアなスイングプレーン(オンプレーン)よりインサイドにクラブが外れる動きがデスムーブB

デスムーブAとはシャフトが右回転し、それに伴うフェースの過剰な開きの事。これによりボールが右に飛ぶ要素となるわけです。それに対し、デスムーブBは、テークバックの際にスイングプレーンに対してインサイドにクラブが外れる動き、つまりボールに対するクラブのポジションが開くという事です。今回の企画は“フェースの開き”がキーポイントですが、デスムーブBはフェース自体が開いていなくてもクラブがインサイド側に外れることにより、ボールに対してクラブの位置が、ボールを右に飛ばす要素として判断されます。それによりフェースが開くデスムーブA同様、右に飛ぶ要素をダウンスイングで打ち消す動きが必要になり、スイングが壊れるわけです。

スクエアなスイングプレーン(オンプレーン)よりインサイドにクラブが外れる動きがデスムーブB

トップが低いゴルファーがデスムーブBに陥りがち

デスムーブB、クラブがテークバックでスイングプレーンよりインサイドに外れる動きになってしまう方は、アドレスで作った前傾をトップまで上手く保てない人に多く見られます。前傾が起き上がると、身体の角度と連携し、クラブがイン側に外れてしまうのです。また“テークバックを低く長く上げる”“ゴルフスイングは身体を回転させる”といったイメージを持っている方もデスムーブBに陥る可能性があります。それぞれ正しい動きで解釈しないと自分は正しいと思っていても実はインサイドにクラブが外れているなんてことが起こるのです。トップでクラブが低い位置で収まっている方は一度チェックをお勧めします。

トップが低いゴルファーがデスムーブBに陥りがち

デスムーブBは手の軌道とヘッド軌道がクロスする

デスムーブBになっているかを確認するには、スイング軌道をチェックしましょう。M-Tracerは、360度どの方からでもスイング軌道が確認でき、グリップとヘッドの位置がそれぞれ確認できるので便利です。見る角度は飛球線後方から。チェックするポジションはテークバック9時近辺。ここでグリップとヘッドが描く軌跡の位置関係は、飛球線後方から見てふたつの軌跡が重なっているか若干ヘッドの軌跡が右側にあるのが正しい位置です。しかしデスムーブBの方はヘッドの軌跡が大きく左に位置し、グリップの軌跡とクロスします。飛球線後方から見て、アドレスからトップまで正しいスイング軌道は手の軌道とヘッドの軌道が重なることはあってもクロスすることはないのですが、デスムーブBの動きはクロスしてしまうのです。

デスムーブBは手の軌道とヘッド軌道がクロスする

クロスの原因は左手が浮いてしまうこと

テークバックで9時の位置つまりハーフウェイバックで手とヘッドがクロスするのは、クラブがアドレス時のシャフト角度より倒れてしまっている証拠です。ではこのクロスの主な理由は何でしょう?それは左手の浮きです。この動きは、左手が身体から離れてしまい、手の通るべきスイングプレーンから前方高めに外れてしまうことで起きます。正しい動きではハーフウェイバックまでグリップエンドは身体側を指しますが、左手が浮くと、始動から早い段階でグリップエンドは身体を指さなくなりクラブが倒れやすくなる。左手が浮いてしまうことがクラブを倒してインサイドにプレーンを外す原因、デスムーブBの元凶のひとつなのです。

クロスの原因は左手が浮いてしまうこと

手の浮く原因は間違ったイメージがもたらす

デスムーブA、Bどちらにも当てはまることですが間違った動きは、一般的に使われるレッスン用語を誤って理解してしまうことで起こりがちです。例えば「テークバックは低く長く」。アドレスからの始動で手首や腕だけで始動してしまう方を矯正する時に多く使われます。しかしこの意味を誤解するとヘッドを必要以上に低く動かそうとし、クラブがインサイドに入りすぎてしまったりするのです。これを手首だけでやるとデスムーブA、腕の動きだけで行うとデスムーブBになってしまいがち。正しい始動は、手先だけでなく身体全体で、特に背筋を意識してテークバックしてください。

手の浮く原因は間違ったイメージがもたらす

正しいテークバックはお腹にクラブが刺さっているイメージで動かす

正しいテークバックの動きを体感する良い方法があります。まずグリップエンドをお腹に付けて、クラブを構えます。そして4時から8時の横のゾーンでお腹にクラブを付けたまま、シャフトとお腹の角度を保ちながらスイングしてみてください。クラブと体の動く量が同じだということが理解できると思います。この動きを普通にアドレスして行えばよいわけです。普段手や手首から始動している方からするととても違和感を覚えると思いますが、4時から8時までの動きはほとんど手を使わないのが正しいのです。

正しいテークバックはお腹にクラブが刺さっているイメージで動かす

8時から9時までの間にお腹からクラブを引き抜く

始動から8時までお腹にクラブを指したままのイメージでテークバックできたら、次は8時から12時トップまでの動きを覚えましょう。お腹に指したままトップの形は作れません。このままトップまでクラブを上げようとすると背中が反り返ったようなトップになり、リバースピボットと言われる様なトップになってしまいます。お腹からクラブを引き抜くタイミングは8時から9時までの間です。このタイミングでグリップエンドをターゲットラインの後方線上を指す様に左リストで引き抜きます。引き抜くタイミングにあわせ左肩を回せば、プレーン上に正しいコックが作れ、オン・プレーンなトップを作ることができます。

8時から9時までの間にお腹からクラブを引き抜く

ゴルフの基本的な力の使い方は“押し続ける”

クラブを正しく使う上で、重要なのが力の使い方です。良く“力を抜いて打て”なんて言い方がありますが、メンタルや筋肉を弛緩させるという意味ではありません。デスムーブなどの余計な動きにより、歯を食いしばって腕やからだを縮め込む力や筋肉の使い方を覚えてしまっている方が殆どなので、“力を抜け”とは、しなかやかに伸ばしていく力や筋肉を使えという意味です。一部のテクニックで引く力を使うこともありますが、基本となるのは「身体の中心から外側に押す力」。アドレスから、フィニッシュまでクラブを外側に押し続けるようなイメージで振ると、軽く振って飛ぶ様になりますよ。

ゴルフの基本的な力の使い方は“押し続ける”

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!