M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第3回 やってはいけない“デスムーブ”は3タイプ

あなたは“デスムーブ”になっていませんか?

アベレージゴルファーのスコアアップをサポートするこの企画も、いよいよ具体的な動きの話に。永井プロによると、“デスムーブ”と呼ばれるフェースのコントロールができていないために、トップでフェースが開いてしまう動きには3タイプあるという。今回はその一つ“デスムーブA”について掘り下げていこう。

永井プロ:デスムーブAに当てはまる人はアドレスから腰の高さまで、つまり始動からハーフウェイバックまでに症状が出やすいです。まずはデスムーブAとはどんな動きなのか?そこから説明していきましょう。

あなたは“デスムーブ”になっていませんか?

シャフトが回転しフェースが開く動きがデスムーブA

今回の企画で出てくる“デスムーブ”とは、アメリカのトップコーチ、ジム・マクリーンの言葉で、ゴルフスイングを“殺してしまう”大きなミスとなる動きのことです。今回は、そのデスムーブの中でも特に悪質な、クラブフェースが開いてしまうというミスに焦点をあてています。アドレスからトップまで、テークバックの中でクラブフェースが開くと、切り返しからインパクトまでに開いた分を取り返す動きが必要となり、それがゴルフスイングを壊してしまいます。デスムーブAは、一言でいえばシャフトの過剰な右回転。シャフトが右回転すれば、当然フェースは開きます。正しい動きでもシャフトは右回転するのですが、これが強すぎると様々な弊害が生まれます。この動きは、始動から右手を使ってテークバックする方に多いですね。

シャフトが回転しフェースが開く動きがデスムーブA

アドレスが偏っていると始動からフェースが開きやすい

また、デスムーブAは、アドレスのバランスが悪いゴルファーに多く見られます。体重のかけ方がどちらかに偏っている方や、前傾が深すぎたり、逆にほとんど棒立ちのような方はからだの動きと連動した始動ができず、ヘッドだけが動いてしまいます。その結果、テークバックの始動からフェースが大きく開く動きにつながってしまう訳です。アドレスは、デスムーブに限らずどのショットにも影響してきますので、基本の形をしっかりと体に覚えさせておくことが大切です。

アドレスが偏っていると始動からフェースが開きやすい

デスムーブAは“タメ”の動きが難しくなる

何度も繰り返しますが、デスムーブAの過剰なフェースの開きを伴うシャフトの右回転は、余計に開いた分、インパクトまでにスクエアに戻さなければならず、これが無駄な動きとなります。トップからインパクトまでの距離は、フェースが正しいポジションにあっても、大きく開いた状態にあっても同じですから、大きく開いた状態からはそれだけ急いでフェースを戻す必要があります。早く戻すためには手首を使わなければならず、早めにコックがほどけてしまい、いわゆる“タメ”の動きが作りづらくなるのです。早く手がほどけてしまういわゆるアーリーリリースになってしまうような方もデスムーブAの疑いがあります。

デスムーブAは“タメ”の動きが難しくなる

まずは左肘、左手、クラブヘッドの3点が作る面を意識する

フェースを制御するためには、当然フェースの向きを意識しなければなりません。しかしいきなりフェース面を意識することは難しく、コントロールできるようになるまではある程度の練習が必要になります。
そこで体感しやすく、フェースコントロールのイメージをつけやすくするため、最初は、左肘、左手、クラブヘッドのトウ側3点が作る大きい面を意識してください。デスムーブAを解消するためにこの面を意識することから始めましょう。

まずは左肘、左手、クラブヘッドの3点が作る面を意識する

左腕とクラブが作る面で打つイメージを持つ

この左腕とクラブが作る面は、フェースの動きと連動して向きが変わります。逆に言えば、この面をテークバックで開かずにスクエアに戻してインパクトできればフェースもスクエアに戻ってくるのです。この面を地面に向けてインパクトすればロフトは立ってボールに当たり、いわゆるハンドファーストのインパクトも身につきます。

最初は、アドレスからこの面を意識してスイングします。始動で手であげようとすると、この面が開いてしまうのがわかると思います。身体の動きでこの面が開かないよう、テークバックを始めてください。そうすれば、インパクトで飛球線に対して垂直に、ボールに対してスクエアに戻しやすいというのが、理解できると思います。

左腕とクラブが作る面で打つイメージを持つ

最初にボールを打つ時はハーフスイングから

ではボールを実際に打ってみます。最初は小さいスイングから始めます。ヘッドの位置が4時から8時位の動きで左腕とクラブが作る大きな面でボールを打つイメージです。6時から8時までの間に、左腕とクラブが作る大きな面が開かないようにします。そして、インパクトでは、この面でボールを打っている様にイメージして、ボールがアドレスで向いた方向に飛んでいるかをチェックします。構える前にしっかり向いている方向を確認し、きっちりとアドレスをとってから打ちます。自分が構えている方向と実際に向いている方向がズレているとまた違うミスが生まれますので、注意が必要です。きっちり構えている方向にボールが出ていたら、大きな面をスクエアに戻せている証拠です。

最初にボールを打つ時はハーフスイングから

4時から8時の動きでは実はヘッドは回転しない

まずはこの小さいスイングで、テークバックで大きな面を開かずに上げて、インパクトでスクェアに戻すことをしっかりと身に付けてください。実は4時から8時程度のヘッドの動きでは、ヘッドは回転しません。ほぼ0度のままです。大きな面は動かさずに、からだの動きでこの4時から8時のゾーンを作るのがポイントです。アドレスの位置からみるとフェースは開くような気がするのですが、それは身体が回転しているのであって、フェースは回転しないのです。

4時から8時の動きでは実はヘッドは回転しない

フェースが回転しないと書くと、ずっとフェース面はボールを向いているように思ってしまいがちですが、それは違います。クラブは身体の動きと連動した円運動をしているので、ずっとボールをフェース面が指していると、それはフェースが閉じていることになります。ここを誤解しないように気を付けてください。4時から8時のスイングではフェース面は0度のまま、回転しないことが正しい動きです。

スイングには縦のゾーンと横のゾーンがある

スイングにはクラブが横に動くゾーンと縦に動くゾーンがあります。4時から8時までが横ゾーン、そこから上8時から12時までが縦ゾーンです。このそれぞれのゾーンの動きをしっかりと身に付ければ、スイングはスムーズになります。一連の動きをまとめてやろうとすると難しくなるのです。今回はデスムーブAに対する4時から8時までの横ゾーンの対処法をご説明しました。次回はデスムーブAに対する8時から12時までの縦ゾーンの対処法をご説明します。次回までにしっかり横ゾーンを練習しておいてくださいね。

スイングには縦のゾーンと横のゾーンがある

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!