M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第1回 プロローグ 上達はフェースの開き方にありっ!

アベレージゴルファーはフェースの向きの意識が薄い

スムーズな上達。ゴルファーなら誰もがそれを目指し練習に励んでいる。しかし蓋を開けてみると、スイングやクラブの使い方を誤解し、意識すべきところを間違えているために練習や素振りはたくさんしているのになかなか上達しない、という例もよくある。

今回の連載では、レッスン・オブ・ザ・イヤーの受賞経験もある永井延宏プロが、そんな悩めるゴルファーが効率的に腕を上げるための、“本当に意識すべきポイント”や、“やってはいけない動き”について、これまであまり触れられることがなかった「フェースの開き」という観点から解説。感覚だけでは理解しづらい身体の動きを正確に解析し数値化してくれるEPSONの「M-Tracer」を活用していくことで、より効率的な練習方法をアドバイスしていく。

アベレージゴルファーはフェースの向きの意識が薄い

永井プロ:上達を妨げる第1ハードルは、スイング中にクラブフェースが開いてしまうことです。フェースが開かないようにスイングできればぐんぐん上達しますよ。分かりやすく説明していきますので是非参考にしてみてください。第1回目となる今回は、なぜフェースへの意識が重要なのかについてご紹介していきます。

アマチュアのミスの8割はオープンフェース

ゴルフの球筋は、クラブの通る道、いわゆるスイングプレーンの「軌道」とインパクト時の「フェース面の向き」、この2つの要素で決まります。スイング中に軌道を意識して振っているゴルファーはわりといますが、フェース面まで意識してスイングしているゴルファーはあまりいないと感じます。私はフェースの管理がスイングの要であると思っています。実際にデータを取ってみたのですが、アマチュアの8割がオープンフェースという結果でした。

アマチュアのミスの8割はオープンフェース

ボールに直接コンタクトするのはフェースなのですからフェースの管理はとても大切ですし、フェース面のミスを取り返す動きが、いわゆる無駄な動きとなって、悪循環がはじまるのです。フェースの向きを直すことで、今までのゴルフをリセットするチャンスが生まれます。

フェースの向きを直すことで、今までのゴルフをリセットするチャンスが生まれる

スイング中のフェースが自分でチェックできるようになった

なぜ今フェースコントロールなのかと言えば、今までスイング中のフェースの向きは、ビデオ映像などで確認していたのですが、なかなかリアルな感覚としてレッスンを受ける生徒さんとシェアできませんでした。それが「M-Tracer」のような優秀なスイング解析システムが登場し、スイングプレーン、ヘッド挙動、シャフトの回転角まで正確に把握できるようになった。

スイング中のフェースが自分でチェックできるようになった

これによりこちらも正しい動きを数値化して説明することができるし、教わる方もその数値を目指して練習ができるので、努力目標や指針がハッキリします。例えば「次のレッスンまでに、この数値をこれくらいに減らしてきてくださいね!」なんて宿題を与えることができるのは、これまでにはない、とてもおもしろいコミュニケーションですよね。

とはいえ、ただ数値といっても、フェースコントロールだけでなく、プレーンや身体の動きとの関係も考慮して正しい数値を導かなければならないので、私自身も、進化したように感じます。それにより今まで伝えきれなかった、本当の意味でのフェース面コントロールというのが、伝えられるようになったんです。

スイングプレーン、ヘッド挙動、シャフトの回転角まで正確に把握できるようになった

始動からトップまでのフェースの開き方が肝心

フェースコントロールは、スイングの形に大きく影響します。フェースを大きく開く人は、そのフェースの開きを取り戻そうとする身体の動きになり、逆にフェースを閉じ気味に使う人は、インパクトまでにフェースをスクエアに戻そうとヘッドを遅らせます。つまりフェース面が開くか閉じるかで、身体の動きやスイングのタイミングも、ひとつのパターンとして決まってしまうのです。

始動からトップまでのフェースの開き方が肝心

正しいスイングのメカニズムとしては、バックスイングの後半(ハーフバック以降)でフェースを開く動作が入ります。ここでいうフェースを開く動作と、多くのゴルファーの上達を阻むハードルとなっているフェースの開きとは、全く違うモノなのは言うまでもありません。

バックスイングの後半(ハーフバック以降)でフェースを開く動作が入る

やってはいけない動きは3種類

今回の連載のキーワードは、フェースを開くとは?です。フェースが開くことでスイングをダメにしてしまう、つまりデスムーブとなるケースもあるし、正しいスイングのメカニズムに必要なフェースを開くという動作もあります。その違いはいったいどこにあるのか、そしてどうしたら改善されるのかについて、今後くわしく解説していきます。

やってはいけない身体の動きやクラブの動きは、すべてフェースを開くというミスによるものです。その動きは主に3種類あり、デスムーブA、デスムーブB、デスムーブAB複合型と名付けています。自分がどのタイプに該当するのかを考えながら読んでいただくと、イメージがつきやすいかもしれません。

また、フェースを開くという意味を理解するのに、クラブの構造を知ることも役に立ちます。「フェースの開き」を起点にさまざまな角度からスコアアップのヒントをお伝えしていくので、次回もどうぞお楽しみに。

やってはいけない動きは3種類

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!