M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
中井学 腕を振るな!カラダを使うんだ! 飛ばしたいなら、学に学べっ!

第2回 “手打ち”では飛ばない、“身体”のパワーで振るんだ!

ヘッドスピード至上主義を脱却!

今回は「ヒップターンスイング」を駆使し、飛ばしに不可欠な初速アップ法をレッスンしていきます。まず皆さんには初速アップ=ヘッドスピードアップではないということを断言します。ただヘッドスピードをアップするレッスンはナンセンス、パワーがないゴルファーは飛ばす権利がないと言っていることを意味しているからです。

飛距離アップに必要なのは、クラブヘッドとボールの衝突効率を上げることです。そのためにダウンスイングにおけるクラブのアタックアングルを出来るだけレベルブローにすることが大切です。ミート率アップを促進させ、その結果、初速アップとスピン量の適正化で最大の飛距離を手にする事が出来るのです。そしていいスイングが出来れば、おのずとヘッドスピードアップも可能になります。

さて、飛びに悩むゴルファーの皆さんは正確にミートが出来ていますか?ボールは美しく飛んでいますか?ん?と違和感を抱いたあなたは、ここで紹介する2つのパワーロスタイプのどちらかに当てはまっているはずです。

MISSIONインパクト力を最大化させるアタックアングルを目指せ!

CHECK!

「M-Tracer」を駆使し理想データを把握する

後方からのプレーン

後方からのプレーン

“腕”を使わないヒップターンスイングの中井プロは、トップスイングとダウンスイングの軌道が一枚岩の理想的プレーン、インパクトに最大パワーを発揮する。

ヘッドのアタックアングルヘッドのアタックアングル

ヘッドのアタックアングル

スクエアなフェース角、インサイドインのクラブパス、レベルブローのアタック角と全てにおいて理想的なアタックアングルの中井プロのデータを目指す。

飛ばない原因の2大パワーロス!

ロープレーンアタック → プッシュスライス系

プッシュスライス系

前傾に対してクラブが寝て入る動き。ローアングルからボールにアタックするため、フェースが開きやすく、プッシュスライスのミスを多発しやすい。

ハイプレーンアタック → カットスライス系

カットスライス系

前傾に対してクラブが縦軌道に動き。ハイアングルからボールにアタックするため、カットプレーンになりやすく、打ち出し角が低く、スピン量が増えやすい。

[まずは自己検証]

どちらのパワーロスだ?

理想的なアタックアングルでパワーロスなくスイングをするためには、アドレスの前傾角度をインパクトまで維持することが必要です。飛距離に悩むアマチュアゴルファーのほとんどに言えることが、前傾が起き上がる傾向にあること。スイング中の前傾誤差を腕を使って手先でクラブを操作するため、帳尻合わせのインパクトとなり、ミート率が不安定かつ、スイングパワーが発揮できないのです。

カットスライスで飛ばない・・・(涙)

ハイプレーンアタック→カットスライス系

ハイプレーンアタック
→【カットスライス系】

カットスライス系

クラブを過剰にインにテークバックした反動により、腕でクラブを持ち上げてトップではシャフトがクロス、ハイアングルからカット軌道のループを描くタイプ。カットスライスだが、過度なリストターンによるチーピンの恐れも併せ持つ。

CHECK!

ハイアングルからの急な入射プレーンはロフト角を活かせず、低い打ち出し角でキャリーが望めない。

ハイアングルイメージ

プッシュスライスで飛ばない・・・(涙)

ロープレーンアタック→プッシュスライス系

ロープレーンアタック
→【プッシュスライス系】

プッシュスライス系

クラブを過剰に立ててテークバックするタイプに多い。腕でクラブを上げるため、アンダーループ軌道になりやすく、インパクトでフェースが開きプッシュスライスに。アッパー軌道のため、トップボールも多い。

CHECK!

アッパープレーンは打点がフェース下になり
余計なスピン量を増やす原因になる。

アッパープレーンイメージ

[改善方法は]

前傾を維持して“腕”の脱力ポイントをマスターする!

前傾を維持して“腕”の脱力ポイントをマスターする!
LESSON

切り返しの始動は左股関節のターンから

スイングはあくまで下半身から始動するのが正解。
トップで捻った左股関節をアドレス位置まで戻すイメージを始動のきっかけにしよう。

切り返しの始動は左股関節のターンから
DRILL

腕をルーズにして、身体の回転のみで打つ

アドレスで肘にゆとりを持ち、腕を身体に固定。
あくまで身体の回転だけでボールを打つトレーニングをしよう。

腕をルーズにして、身体の回転のみで打つ
NG

上半身始動の切り返しはNG。

上半身始動の切り返しはNG
DRILL

片手打ちで身体の力で打つ

手打ちを抑制するには、右手による片手打ちが効果的。胸を大きく開くイメージでトップ、そして胸の前に腕を維持して、下半身主導の身体でボールを打っていく。
ちなみに私、中井は片手打ちで飛ばしに目覚めました。

片手打ちで身体の力で打つ

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!