M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
スイングタイプ別 堀尾研仁の目で見てわかる!スイング解析レッスン

第1回 ボールの曲がる原因を根本から直す!

スライスの原因ナンバーワン! アウトサイドイン軌道

アベレージゴルファーにとって、飛んで曲がらない球は大きな憧れ。けれども、自分の球がどうして曲がるのかが分からないまま、一生懸命練習しているゴルファーは多いです。効率良く上達するには、まず自分の打った球がどうして曲がるのかを知ることが必要です。今回は、堀尾プロが曲がりに悩むアマチュアを、スイングのクセと曲りの原因を、ひとつひとつ分析しながらレッスンしていきます。曲がりの原因となる症状ごとのレッスンで、あなたの曲がりの原因をいっぺんに解決しましょう!

【プロフィール】
正木 佳基さん
年齢:36歳
平均スコア:95~100
ヘッドスピード:40m/s
正木 佳基さん 年齢:36歳 平均スコア:95~100 ヘッドスピード:40m/s

曲がりの強いスライスに悩んでいます

正木さん:ドライバーのスライスに悩んでいます。たまに曲がり幅が少ないフェードボールが打てるのですが、ほとんどが曲がり強いスライスです。逆にアイアンはひっかけが多いです。ドライバーとアイアンのミスがバラバラなのでドライバーの調子が良いとアイアンが当たらず、その逆もあります。なので、どうやって練習すれば上手くなるのかが分からないんです。ミスの原因が何なのか?どのように練習すれば正しい軌道になるのかを堀尾プロに見てもらいたいです!

(注) 本サービスはYoutube™のサービスを使って提供しています。

スライスの原因をハッキリさせるためにスイングを解析

まずはスライスに悩む正木さんのスイングを解析するためにエプソンの「M-Tracer」を使ってスイングを分析してみましょう。「M-Tracer」で計測して表示されたスイングのデータで、「スライスの原因は簡単にわかります」と堀尾さん。「正木さんのスライスの一番の原因はスイング軌道にあります。正木さんのスイング軌道はアウトサイドインなので、これがスライスの原因になっています」

スライスの原因をハッキリさせるためにスイングを解析

正木さんのVゾーン

正木さんのVゾーン

■ダウンスイングでアドレスの向いている方向よりクラブ軌道が左方向に向いて下りてきている。
■ダウンスイングでヘッドがVゾーンの外側にはみ出し、インパクトに入っている。


堀尾プロの解説

堀尾プロ:スイングプレーンの範囲を表すVゾーンに対しての、クラブ軌道をチェックします。正木さんのクラブ軌道はVゾーンに対して、右上から左下に振るアウトサイドイン軌道であることがわかります。この軌道だとボールは、インパクト直後に振りぬかれた軌道の方向、つまり目標方向より左に飛び出そうとします。この振りぬかれた軌道とインパクトの瞬間のフェース面の向きによって、ボールの方向と曲がりが決まるのですが、シャフトが長く重心が深いドライバーはフェースが戻しづらいのでスライスに、アイアンは短く重心が浅いので戻しやすく左に飛んでしまうわけです。

堀尾プロの解説

目指す数値は±5度以内!

目指す数値は±5度以内!

堀尾プロ:クラブ軌道は、インパクト解析の“クラブパス”で数値化されます。このクラブパスの数値が0degに近いほど、イントゥインのスクエアに近い軌道になります。アウトサイドイン軌道のゴルファーは、この数値がマイナス数値で表記されます。目指すべきクラブパスの数値はプラスマイナス5度以内。ここで重要なのは、0degが完全な正解とは限らないということです。ゴルフの球筋で一番難しいのが、完全なストレートボールを打つことです。クラブパスが5度以内ならドローやフェードで収まるのでOKですよね。難しいストレートボールを目指すよりも、どちらかの球筋を安定して打てるスイング軌道を目指しましょう。

スライスの原因が分かれば、あとは動きを治すだけ!

堀尾プロ:M-Tracerによって、正木さんのスライスはアウトサイドイン軌道に大きな原因があることが分かりました。正木さんの場合はトップでのクラブ位置が高いことと、全体的にスイング時の上半身の力が強いことが主な原因です。上半身の力でスイングしようとすると、肩が早く開いてしまい、アウトサイドイン軌道になりやすいです。この状態でボールだけを真っ直ぐ打とうとするので、左ひじをターンさせずに、内側に引けてしまうような打ち方になってしまいます。

スライスの原因が分かれば、あとは動きを治すだけ!

上半身が強いゴルファーはアウトサイドインが多い

堀尾プロ:正木さんに限らず、ドライバーでスライスに悩むゴルファーは、上半身が強い人が多いですね。このタイプは、飛ばそうとすればするほど上半身に力が入ってしまい、アウトサイドイン軌道になりやすく、さらにスライスの度合いが強くなってしまいます。この状態でスイング自体を直さずに、ボールだけを真っ直ぐ飛ばそうと練習を重ねると、小手先だけの修正となり左ひじを引くような動作がクセになってしまうのです。だからこそ、曲がりの原因を知ることがとても大切なんです。

上半身が強いゴルファーはアウトサイドインが多い

上半身はガマンして、ヘッドを振りぬく!

堀尾プロ:上半身の力が強く、アウトサイドインの傾向がある人は、上半身をできるだけガマンしてヘッドを振りぬくイメージが大切です。腰は止めずにできるだけ上半身をガマンしながらスイングしましょう。肩と頭をトップの位置からできるだけ動かさずに、腰をターンさせながらヘッドを振りぬくと、アウトサイドイン軌道がゆるやかになります。クラブパスの数値を、-5degになるように目指してこの動きを練習すれば、スライスの曲がりがおさまってきます。慣れてくれば飛距離が伸びてくるはずですよ!

上半身はガマンして、ヘッドを振りぬく!

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!