M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
石井忍のパッティングドリル パットは自宅でうまくなろう! GOLF Waggle

インパクト編 コロがりのいい球を手に入れよう

アドレスと同じカタチでインパクトしよう!

カタチを確認しながら繰り返し練習しよう

パターマットは、距離も短かく真っすぐなので、タッチを養ったりラインを読む練習には向かない。しかし「狙ったところに真っすぐ打つ」という基本的な打ち方の習得には非常に有効だとプロコーチの石井忍は話す。

石井プロ:「パターマットでの練習で何より重視してほしいのが『カタチ』の確認です。カップに入るかどうかよりも、きちんと正しいカタチを確認しながら球を打つことがとても大事なのです」

石井がとくに重視するのはアドレスとインパクトのカタチだ。

石井プロ:「パッティングは、短い距離を小さな振り幅で打つ行為なので、ショットのようにゴルファー自身がエネルギーを生む大きな動きは必要ありません。反対に、クラブに仕事をさせ、いつも同じカタチでインパクトすることが重要なのです。そのために意識してほしいのが、インパクトでアドレスのカタチを再現することです。そうすればいつも同じロフトで球をとらえられるので、再現性の高いスムーズなコロがりの球が手に入ります」

今回は、「M-Tracer For Golf」(以下Mトレーサー)パター機能の「ライジング解析」を利用。アドレスとインパクトのロフト差ができるだけ小さくなるように練習しよう。

カタチを確認しながら繰り返し練習しよう

インパクトはアドレスの再現

アドレスで正しくセットした状態をインパクトで再現できれば、ボールは真っすぐスムーズにコロがる。インパクトで肩が開いたり(×左)インサイドからアッパーに入る(×右)人が多いので注意。

アドレス
インパクト
×左
×右

手首の角度を変えずに振ろう

インパクトでアドレスを再現できない人の多くは、ストローク中に右手首の角度が崩れてしまう。右手首の角度が変わると、インパクトでのロフトが変わって、スムーズなコロがりを損ないやすい。

手首の角度を変えずに振ろう
手首の角度を変えずに振ろう
×

インパクト時のロフトと入射角を確認しよう

「ライジング解析」では、アドレス時のロフトとインパクト時のロフトの変化量と、ヘッドの入射角をチェックできる。とくに、ロフト変化量は1度以内に抑えるように注意しながら練習しよう。

ライジング解析○ライジング解析×

Drill

グリップエンドにティを刺して練習しよう

インパクトでアドレスを再現するには、カラダとクラブの関係を保つことが大事。グリップエンドにティペグを刺し、それがつねにおへそを指したままストロークする練習をしよう。

グリップエンドにティを刺して練習しよう
××

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!