生産業務を強力に支援する高生産性

メディア搬送性を向上

大口径ローラーが紙送りを安定させ、さらにロール駆動モーターとメディア送りモーターがメディアの重量や径等を監視制御することでロールの巻取ズレを±2.5mm以内に、また、紙送り精度を±0.15%以内に抑えます。

メディア搬送性を向上

さらなる安定稼働で生産性向上

布ワイパーが、ノズル抜けの主な原因となる毛羽やホコリをヘッドとプリントヘッドガードの表面から除去。夜間の無人稼働、連続稼働を支援します。また、プリントヘッド周囲を囲うプリントヘッドガードが、紙のコックリング時のヘッドとの擦れを防ぎ、ヘッド表面を保護します

さらなる安定稼働で生産性向上

連続印刷や短納期印刷に力を発揮

高密度 PrecisionCoreTFP プリントヘッドは、360dpiの高密度ノズルを各色2列配置。720ノズル利用して高速印刷を実現しました。
業務時間のロスを軽減し、少量・多品種・短納期印刷に対応します。さらに、高密度ヘッドをスタッガ配置することで、ワイドバンドによる高速印刷を実現しました。

連続印刷や短納期印刷に力を発揮

(注) 使用する転写紙や印刷データ等により変動します。

大型ヒーターで、プリント時の乾燥を高速に

乾燥性能を追求した大型ヒーターを搭載、プリンターの速度を活かし、トータルの生産性アップに寄与します。

大型ヒーターで、印刷時の乾燥を高速に

大容量インクタンクを標準装備し、長時間の連続プリントを実現

大容量1.5リットルのインクタンクを2本づつ標準装備。またインクも1リットルのパックタイプで用意。プリント中(注1)でもインクの補充ができるのでインク切れによる業務の中断も抑えます。

(注1)プリント中の補充はニアエンドのアラートメッセージ表示中のみとなります。

大容量インクタンクを標準装備し、長時間の連続プリントを実現

レバーやパネルを一カ所にまとめ、使い勝手を追求したボディレイアウト

レバーやパネルを一カ所にまとめ、使い勝手を追求したボディレイアウト

日常的に行う操作を本体前面右側に集中的にレイアウト。また、操作パネルはカラー2.5インチLCDを採用すると共に、よく使う機能はショートカットボタンを配置。操作のしやすさを徹底的に追及しました。

重量のあるメディア交換を容易に

重量のあるメディア交換を容易に

メディア交換の負荷を軽減するリフトレバーにより、段取り工程を省力化します。