導入事例 株式会社ハローズ様

導入事例:株式会社ハローズ様  ダブルロール機能搭載により大量出力時も ロール紙の途中交換なしに連続プリントを実現

導入事例TOPへ

導入製品

SC-T5250DH

大量出力時も手間なく連続プリントを実現
SC-T5250DH

製品の詳細はこちら

導入会社様のご紹介

株式会社ハローズ様

外観写真

中央区新富町にある本社営業部オフィスでは、全国87店舗の店内に掲出されるポスター、布のロール紙を利用したのぼりなどの出力・加工を一括で行い、梱包して各店に発送している。以前は、他社製の大判プリンターで運用していたが、2015年1月のリース期限切れを機に買い替えを検討。2014年12月からA0サイズのダブルロール機、320GB HDD機能搭載の「SC-T5250DH」を導入、作業のスピード化・効率化を実現した。

導入の背景

繁忙期前には全店分で1日にA1×200枚以上も出力、ロール紙交換のためのプリンター監視要員が必要だった

(左)営業部 営業支援担当 北澤 優芽美 氏、(右)営業部 営業支援担当 鈴木 真由美 氏

(左)営業部 営業支援担当 北澤 優芽美 氏
(右)営業部 営業支援担当 鈴木 真由美 氏

アミューズメント施設は、春休み、GW、夏休み、冬休みが繁忙期でそのひと月前頃に出力作業が集中します。系列店全店分になると1ヵ月に800枚以上、ピーク時は1日にA1×200枚(30m×約4本分)以上も出力することがあり、手間と時間がかかっていました。
また、以前使っていたプリンターのリース期限が翌年に迫り、更新しても部品供給切れで修理もできなくなるために買い替えを検討。出力スピードが速い機種にしたいと代理店に提案を求めました。その中から、親身に相談にのっていただき、こちらの要望に応えて最適機種をご提案いただいたエプソンさんの製品をショールームで実際に検証、評価を実施。持ち込みデータで出力テストもした結果、最終的に、A0サイズのダブルロール機能搭載の「SC-T5250DH」に決めました。

導入した理由

最大A0ノビサイズ対応で出力スピードも高速 ロール紙の途中交換なしにダブルロール連続出力が可能

決め手は、なんと言ってもダブルロール機能です。
今まではポスターなどの大量出力の際に、紙切れ警告表示を常に監視したり、途中で何回もロール紙交換を行う煩わしさがありました。
「SC-T5250DH」なら、2つのロール紙ユニットに同じ半光沢紙ロールをセットしておけば、一回の出力指示で、1本目のロールを使いきっても2本目のロールに自動切替して連続でプリントを行うことができます。この機能のおかげで、昼間レイアウト作業が終わった後、退社時に出力指示をかければ、監視者がいなくても夜通しで出力することができるようになりました。
また、ロール紙2本を1度にセットできるのでロール紙交換の回数も半減し、スピンドルレス型ペーパーアダプターを採用しているので、女性一人でも簡単に手早く交換することができます。
出力スピードも、以前の機種に比べてとても速くなり、A1サイズ1枚の出力でもその違いがわかります。

導入後の状況・ご感想

4色機でも元々所有していた8色機に劣らない鮮やかな発色。フロントオペレーションでインク交換がし易い

当初は以前の機種と同じ8色機B0サイズのプリンターを検討していました。しかし実際の出力物は、ここ数年B0サイズはなく最大でもB1サイズまでだったため、次機種を検討する中で、汎用性の高いA0サイズに変更することにしました。
また、色数に関しては、実際の使用データをショールームに持ち込み、テストプリントを行って実機検証しましたが、エプソンなら4色機でも問題無い発色と解像度が得られることがわかり、最終的には、当初検討していたB0ノビ機の予算でダブルロール機能やHDD機能が充実した「SC-T5250DH」を選びました。
使ってみての感想ですが、操作がとても簡単です。
基本操作やプリンターの日々のメンテナンス、用紙の設定などもカンタンで判り易いと思いました。
操作性についても、操作面が全て前面にあるのでとても便利です。以前の機種はインク交換が後ろにあったため、インク交換もすごく楽になりました。インク本数も5本に減ったので管理し易く、700ml大容量カートリッジなので、ランニングコストも下がりました。
また、プリンター本体はオフィスの窓際に設置していますが、コンパクトで少スペース、以前より圧迫感が少なく感じます。Windows® OSのパソコンや他の複合機とネットワーク接続し、プリンターに搭載しているHDDはデータのスプールに利用しています。
ポスターの追加が必要な際にプリンターだけで直接再出力もでき便利です。
エプソンのサポートに大満足!
導入前の相談にも非常に対応が早く、導入時には、以前の機種での出力物との色合わせに悩んだりした際も、エプソンさんが親身に対応してくれました。
今後はさらに、消防法に対応した防炎加工済ポンジクロスの追加など、用途別の用紙ラインナップの充実を期待しています。

製品は本社営業部オフィス内に設置。ダブルロールでもコンパクトで省スペース。

製品は本社営業部オフィス内に設置。ダブルロールでもコンパクトで省スペース。

全国各店のボウリング場やゲームセンター内に用途に合わせたオリジナルポスターを掲出。

全国各店のボウリング場やゲームセンター内に用途に合わせたオリジナルポスターを掲出。

ボウリング場の奥壁には、ハローズオリジナルヒーローキャラクターのバナーを出力し掲出している。

ボウリング場の奥壁には、ハローズオリジナルヒーローキャラクターのバナーを出力し掲出している。

>営業部では、営業支援の一環として、各店ポスターなどのデザイン作業を一括で行っている。

営業部では、営業支援の一環として、各店ポスターなどのデザイン作業を一括で行っている。

お客様の評価ポイント

ダブルロール機能
搭載で連続大量
印刷が可能

4色プリンターでも
鮮やかな発色

2本のロール紙
セットもカンタン
操作性も全面オペ
レーションで便利

HDD機能により
PCレスで再印刷可能

会社情報

株式会社ハローズ様

テーマパークや博物館、レジャーから商業施設まで、機械設備と総合演出による空間プロデュースを手掛ける総合商社「阪和興業」を親会社に持つアミューズメント管理会社。
全国87店舗のゲームマシンアミューズメント総合施設「ハローズガーデン」の設計・管理・運営および物販業務を行っている。取材先の竜ヶ崎店(茨城県龍ヶ崎市)は、地元の大型ショッピングセンターSAPLA内にある系列店では唯一のボウリング場を併設した大型店。
●出力用途:店内掲出用のポスター製作など
●利用ソフト:Adobe® Illustrator®、Adobe® Photoshop® など

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約3.32MB)
2015年10月30日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8066

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階

本ページに記載の商標について
(注) Adobe、Illustrator、Photoshopは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
(注) Windowsは、米国 Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。