導入事例 株式会社DNPファインケミカル様

導入事例:株式会社DNPファインケミカル様  A4スキャナーからPCレスでA0サイズへ拡大カラーコピーが可能

導入事例TOPへ

導入製品

SC-T5250MS

(注)A4スキャナーDS-6500とのセットタイプ

A4書類をPCレスでA0サイズに鮮明に拡大カラーコピー
社内報告・研修・展示用ポスターなど様々なシーンで活用

SC-T5250MS

製品の詳細はこちら

導入会社様のご紹介

株式会社DNPファインケミカル様

外観写真

DNPファインケミカル様では、工場内製造現場での改善会や社員研修会などが多く、以前は社内用にA3モノクロコピー、来客用にA3カラーコピーやテープで貼り合わせたモノで説明を行っていた。これを改善すべく2014年8月より、A4書類をスキャニングしてPCレスで簡単にA0拡大カラーコピーができるSC-T5250MSを導入。社内報告・研修・展示用ポスター製作の効率化と時間短縮化を実現した。

導入の背景

A3モノクロコピーの小さな資料では、現場ではわかりにくく、説明もしづらい状況だった

製造本部 東京工場 製造第1課 課長 石川 清英 氏

製造本部 東京工場
製造第1課 課長
石川 清英 氏

製造本部 東京工場 工場長 小池 孝弘 氏

製造本部 東京工場
工場長
小池 孝弘 氏

社内の報告会の一つとして現場改善活動会があります。月に1~2回、役員が工場内を1日かけて廻り、その場で生産指標、改善事例などの報告を行います。しかし、化学危険物を扱っている環境や、防爆構造の制約などで工場内ではプロジェクターが使用できません。
やむをえずA3モノクロコピーの資料を配布して説明を行っていましたが、「字が小さい」「色が着いていないのでわかりにくい」などの意見も多く、これをなんとか改善したいと思っていました。
インクジェットプリンター用のインクを製造している関係から、大判プリンターを見る機会があり、これを是非工場内でも使用してみたいと思い、2014年3月頃から当社営業部を通じてエプソン担当者にご相談を始めました。

導入した理由

PCを使わないので操作が簡単、A4書類からダイレクトにA0カラーポスターが作成できる

機種選定に関しては、こちらの要望をお伝えし、エプソン担当者からいくつかの提案を受けました。
相談している中で5月に新製品が出ることを知り、その中から大判インクジェットプリンターとA4スキャナーとのセットモデルで検討を開始。PCを使わずに簡単に操作ができ、A4書類をスキャナーにセットしてパネルで設定、OKボタンを押すだけで、A0サイズへ拡大カラーコピーができるSC-T5250MSで決定しました。
購入決定を仰いで6月に発注、7月に納品。導入時にエプソン担当者から基本操作やメンテナンスなど簡単な操作方法のレクチャーを受け、8月よりすぐに運用を開始しました。現在、主に社内での報告用・研修用・展示用のポスター製作などに使用しています。報告や研修の際には手元資料も必要なので、最初はA4判で出力。
それをチェックに廻して確認をとり、承認されたものを拡大コピーして大判ポスターに出力する手順で運用を行っています。
用紙は、報告用・研修用など短期利用には普通紙やマット紙、展示用の長期利用には光沢紙など、適宜使い分けています。

導入後の状況・ご感想

改めてインクジェットプリンターの良さに気付いた。今後は様々な用途にも広げていきたい

満足度は非常に高いです。出力物は色再現性が高く、図や文字も鮮明、綺麗で見やすくなったと役員や従業員からも大変好評です。使ってみると、やはり大きいサイズでカラープリントのほうが見栄えが良いので、今ではA0サイズのフルカラー出力が当たり前になっています。拡大コピーの出力依頼は笠岡工場も含め、製造、技術、営業、総務部門など全社から来るので、それを製造本部でまとめて出力。1回に10枚程度、現場改善活動会の際には20枚以上で、1か月に約30~50枚程度を出力しています。これらポスター掲示用には、専用の移動式大型ホワイトボードを製作し、マグネットで留めて掲出しています。
さらに、これに合わせた専用作業台も自社で製作し、出力物の加工作業のほか、ロール紙やインクカートリッジの保管場所として使っています。操作性は家庭用プリンターと変わらず、印刷スピードも1枚1分程度、ロール紙交換もスピンドルレスであまりの簡単さに驚いています。
中でも一番良いと感じたのは、プリンターの前面から作業ができるフルフロントオペレーションです。プリンターパネルやインクカートリッジ交換等のメンテナンス部が全て前面にあり、壁付設置が可能なので、省スペースで邪魔になりません。用紙やインクコストについては現在検証中ですが、社内報告・研修時の質が向上し、また、業務面での時間短縮効果が高いことを実感しています。
DNPグループ会社は国内・海外で60社以上、社員総数約4万人。グループ内で、ファミリーフレンドリーデー(子供参観日)や駅伝大会など大きなレクリエーションイベントもあります。SC-T5250MSは通常、拡大カラーコピー機として使用していますが、パソコンと繋げば大判プリンターとしても使用が可能です。それらイベントのポスター出力や応援用横断幕出力でも大いに役立っており、画像データからの大判出力やクロスメディア(布)での出力にもチャレンジしました。
今回の導入で、改めてインクジェットプリンターの良さに気付かされ、その可能性を感じています。今後は、工場内の注意喚起表示のラベル出力やヘルメットの安全表示ステッカーなどへの応用も考えています。また、水性インクだけではなく、例えば油性インクなども搭載することで、紙以外への印刷が見込まれ、用途がさらに広がります。エプソンさんには、インクジェットプリンターメーカーとして、新しいチャレンジに今後も期待しております。

プリンターパネルの操作や用紙・インク交換等が全て前面で可能。壁付設置で場所をとらず省スペース。

プリンターパネルの操作や用紙・インク交換等が全て前面で可能。
壁付設置で場所をとらず省スペース。

A4スキャナーからでも、プリンターからでも拡大コピーが可能。ボタン操作のみで、PCレス。

A4スキャナーからでも、プリンターからでも拡大コピーが可能。ボタン操作のみで、PCレス。

出力物の確認をする専用作業台を自社で製作。ロール紙やインクカートリッジの保管も可能。

出力物の確認をする専用作業台を自社で製作。ロール紙やインクカートリッジの保管も可能。

工場内で行う現場改善活動会や社員研修会などに利用している。

工場内で行う現場改善活動会や社員研修会などに利用している。

お客様の評価ポイント

PCレスでカンタンに
拡大コピーが可能

ポスターの図や文字が
鮮明で色もキレイ

フルフロントオペレーション
で、さらに省スペース設置

会社情報

株式会社DNPファインケミカル様

DNPグループの子会社、創業120年を超える日本で一番古い印刷インキ製造会社。2009年10月に国内印刷インキ事業を分社化し、現在、化成品事業に特化した研究開発・製造・販売を行っている。主にインクジェットプリンター用インク、液晶ディスプレイ用カラーレジスト、昇華転写プリント用染料インク、半導体加工用仮止接着剤などを扱っている。
●出力用途:社内の報告・研修・展示用ポスターなど
●利用ソフト:なし(PCレス)スキャナーからのダイレクト拡大コピー

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約2.23MB)
2015年4月15日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8066

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階

本ページに記載の商標について
(注) Adobe、Illustrator、InDsign、Photoshop、PostScript は、Adobe Systems Incorporated の登録商標または商標です。
(注) Mac は、Apple Inc の商標です