導入事例 株式会社西森建築設計様

導入事例:株式会社西森建築設計様  A2の単票用紙を1分以下で出力 圧倒的なスピードと発色性能を評価

導入事例TOPへ

導入製品

SC-T3050

(注)販売終了製品

より速く、正確に、高画質印刷を実現。
現場での実用性能に優れたA1プラス対応新4色モデル。

SC-T3050

現行機:SC-T3250 製品の詳細はこちら

導入会社様のご紹介

株式会社西森建築設計様

外観写真

株式会社西森建築設計は、医療・福祉分野の建築設計に強みを持ち、高知県内の多くの病院や福祉施設の設計を手掛けてきた。10年近く使った大判プリンターを、2013年12月「SC-T3050」に入れ替え、大幅な出力時間の短縮を実現。用紙セットやインクカートリッジの入れ替えも容易になり、実ユーザーであるスタッフから高く評価されている。

導入の背景

長く使った大判プリンターを刷新し、業務効率向上や時短を目指す

西森様お写真

株式会社西森建築設計
所長
西森 敬祐 氏

株式会社西森建築設計の手掛ける建物は、外観よりも中で働く人たちの使い勝手を最優先する。その設計思想に基づく建物が医療関係者の共感を得て、依頼が途絶えることがない。

当然スタッフは常に複数の案件をかかえ、時間のやりくりに苦労をしている。西森所長は、「私共の設計業務においては、業務の効率化や時短は常に模索している課題です」と語っている。

このような問題意識を持つ同社は、業務に欠かせないツールである大判プリンターの刷新を検討。リプレースに向けて動き出した。

設置シーン

オフィスに置いても違和感のない大きさとデザイン。スリムな連続排紙バスケットにより、大量に出力しても出力順に用紙を積載。

導入した理由

出力スピードが速い大判カラープリンターを選定

岩松様お写真

株式会社西森建築設計
設計担当
岩松 葉奈 氏

選定に際しては、他社製品との比較検討などは行わなかった。岩松氏は、「ずっとエプソンの大判プリンターを使ってきて、特に不満はありませんでした。使い勝手も良く、サポートにも満足していたので、エプソン以外は考えませんでした」と語る。

同社では、最初に土地などの条件や用途、要望などをヒアリングし、提案とそれをたたき台としたヒアリングを繰り返し、最終的な図面へと仕上げていく。ヒアリングでは、常に出力した図面を囲んで話をするので、その際に必ず図面の出力が必要となる。図面の出力サイズは通常50分の1で、大型物件が多いため、ワンフロアあたりA2の単票用紙4枚程度に分割して出力することが多い。その他、3D CADで作成したパースを出力することもある。出力はほとんどカラーだ。

このような出力用途を満たす製品を選定する中で、同社が最も重視したのは、業務効率向上に寄与する出力スピード。西森所長は、「出力スピードが相当速くなっていると聞き、SC-T3050の導入を決めました」と語っている。SC-T3050は、2013年12月に導入した。

出力の様子

全操作が前面から行えるので、背面やサイドに余裕を持たせる必要がない。

インク交換の様子

インクカートリッジは前面から簡単に入れ替えができ、さほど力もいらない。

見やすい図面

株式会社西森建築設の出力図面例。パステルカラーの微妙な差異もきちんと発色し、誰が見ても見やすい。

導入後の状況・ご感想

速さと出力品質をともに実現大幅な効率化が可能に

山岡様お写真

株式会社西森建築設計
設計担当
山岡 幸治 氏

導入後、まず驚いたのがその出力スピードだ。従来の速さに不満があったわけではないが、入れ替えてみて改めて、新機種の速さに驚いた。

SC-T3050には、スピード重視の「速い」モードと画質重視の「きれい」モードがあり、現在は「速い」モードを利用しているが、従来機種ではそうではなかった。岩松氏は、「従来はきれいモードを使っていたので、A2図面を1枚出すのにだいたい3~4分かかっていました。それが、SC-T3050に換えたところ、速いモードでも十分の画質になり、1枚に1分もかからなくなりました」と語っている。大型物件が多い同社では、一度に数十枚出力することもあり、出力時間が1/3・1/4に短縮されたことで、出力待ちの時間が1日に何時間という単位で減っていることになる。

発色も気に入っているという山岡氏は、「お客様がわかりやすいよう、病室やナースステーション、検査室など用途ごとに色分けをして出力するのですが、線や文字が見やすいように、基本的にパステルカラーを使います。パソコンの画面上では色分けができていても、レーザープリンターではパステルカラーの微妙な差異がわかりにくい場合もあります。その点、SC-T3050は発色がきれいで、パステルカラーでの色分けも明確です」と語っている。

SC-T3050が採用する「UltraChrome XD インク」は、発色のみならず、耐久性にも優れ、耐光性50年、耐オゾン性60年を実現している。同社では過去の図面はすべて紙で保管しているので、このように耐久性の高いインクであることも、メリットだ。

同社は単票紙を利用しているため、1枚ずつ手差しをしているが、従来はガイドに合わせて慎重に紙を入れる必要があった。しかし、SC-T3050は紙を差すだけで適切な位置まで吸い取って合わせるので、用紙をセットする時間も短縮できている。また、インクカートリッジの入れ替えについても、「以前は結構力が必要で、女性にはやりづらかったのですが、SC-T3050はそれほど力がいらなくなり、楽になりました」と岩松氏は評価している。

今回SC-T3050の導入によって、図面出力の大幅な効率化を実現した株式会社西森建築設計。スタッフの働きやすさが改善されたことが、より質の高い設計につながっていくに違いない。

お客様の評価ポイント

高速出力により
業務効率が向上

A1をクラス最高レベルの約28秒で出力できるようになり、大幅な業務効率向上が実現した。

パステルカラーも
きれいに発色

新開発の「UltraChrome XD インク」により、黒はくっきり、カラーは発色よく出力できる。

単票紙の手差しが
素早く簡単

単票紙を差すだけで適切な位置まで吸い取って合わせるので、紙を合わせる時間を短縮できた。

会社情報

株式会社西森建築設計様

1986年、高知県高知市で創業。病院や、特別養護老人ホーム、ケアハウスなどの福祉施設の設計に強みを持ち、新築、増改築とも多くの実績がある。外観よりも内部の使いやすさを優先する設計が評価され、施主である医療関係者に信頼されており、過去の顧客の紹介案件が非常に多い。
●出力用途:意匠設計図面、パースなど
●利用ソフト:Vectorworks

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約1009KB)
2014年2月27日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8066

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階