CW-C6520シリーズ/CW-C6020シリーズ

  • お見積・ご注文
ヘッド/インク/用紙対応 三位一体で高品質を実現

PrecisionCoreテクノロジー

PrecisionCore TFP プリントヘッド

ノズルの高密度化とインク着弾精度の向上を果たしたPrecisionCoreプリントヘッドにより、小さな文字や細い線のクリアな再現、
シャープで階調性に優れた表現を可能にしています。また、最大約150万枚(ヘッド寿命は200km)(注1)という
高い耐久性でハードワークに応えます。

(注1) 幅4インチ×長さ4インチのダイカットラベルを印刷した場合。

PRECISIONCORE

高解像度・高彩度

最大1200x1200dpiの高解像度と彩度の高い色設計で、高光沢かつ高品質な画像出力を実現しました。
バーコードやQRコードなどの細かな印刷にも対応し、商品ラベルではクオリティの高い、美しいラベル印刷が可能です。

  • 高解像度
    高解像度プリントなのでバーコードやQRコード
    の読み取りが安心です。
  • 高彩度
    写真も鮮やかにくっきりプリント。
    商品を引き立てるラベル作成が可能です。

その他サンプル紹介はこちら

UltraChrome DL INK(耐候性 フォト顔料インク)

4色独立インク採用

耐水性、耐アルコール性、色の安定性に優れた顔料インクを使用。水や薬品を扱う業務、長期保管する業務で安心です。

耐水性・耐薬品性に優れたにじみにくい顔料インク

食品ラベル印刷時の安全性を保証

世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」(通称:欧州FCM)に適合(注1)しています。

(注1):食材非接触面に印刷した場合のみ

■対象のインクは、「欧州FCM」の以下3つの適合必須要件を満たしています。

(1)インク構成物質の非毒安全性

対象インクは、スイス条令「Swiss Ordinance(RS 817.023.21 Annex10)」等の安全物質リストに記載されている物質を使用しています。

(2)インク製造工程の衛生安全性

インク製造全工程では、食品衛生法による食品レベルの細菌検査規格(一般細菌生菌数100個/g以下)を適用した衛生的な製造工程で生産しています。そのために適正な手順としてGMP「Good Manufacturing Practice(2023/2006/EC)」(注2)衛生管理体系を実現しました。

(注2):化学的物理的異物混入防止と、細菌類等の衛生管理を徹底した適正製造規範。

(3)非移行試験証明

対象インクが、PIM規制「Plastic Implementation Measure(EU No.10/2011)」(注3)に基づき、基材経由で食品側に移行しないことを評価(注4)しています。

(注3):食材毎の溶液・温度・保存期間の条件下で、包装フィルム基材から移行する物質重量パーセントの限界値を規定する規制。

(注4):当社条件下による(PIM規制で定義された試験条件のうち代表的なもの)

(注) :「ColorWorksシリーズ」のインクは直接食品に触れる用途を想定していません。完成品についての安全適合性判断は、お客様の梱包形態に基づいているため、最終製造者の責任となります。

メディア対応力

高光沢用紙に対応

従来機種で対応していた光沢用紙よりも、さらに白色度が高く光沢感が増した「高光沢紙ラベル」に対応。
より意匠性が高く鮮やかなラベル出力が可能になりました。

正確なカラーコントロールを支援

スポットカラーマッチング機能

プリンター内で特定の色を指定の色に変換するスポットカラーマッチング機能を搭載。
変換テーブルを準備・登録することで、現在使用している元データを変更することなく運用できます。
企業ロゴカラーの再現や他プリンタ―からのリプレイス・共存使用時の色合わせが可能です。

変換テーブル テーブルごとに最大32スポットカラーリストを設定できます。 元データを変えることなく企業ロゴカラーの再現や他プリンターからのリプレイス時の色合わせが可能です。

ICC プロファイル

ICCプロファイルを適用することができ、デバイスとメディア間のカラーマネジメントを可能にします。

システム導入

システム導入に助かるツール・ユーティリティーを準備

複数のプリンターへインストールする際に便利な「Epson Deployment Tool」、ネットワークに接続されている
プリンターの状態を確認できる「Epson Monitoring Tool」など、プリンターの運用管理、業務連携に必要なソフトウェアを各種ご用意しています。
(注):各種ツール・ユーティリティーは、各商品発売後に「ドライバー・ソフトウェアダウンロードページ」にて公開いたします。

豊富なミドルウェア

主要ミドルウェアのネイティブドライバー

主要なミドルウェア用のネイティブドライバーに対応しています。ネイティブドライバーによって基幹システムとの親和性を高め、ミドルウェアの機能、ネットワークの機能を十分に活用したシステム連携を可能としています。

ミドルウェアの動作イメージ(基幹システム連携) 基幹システム→ミドルウェア←ネイティブドライバー→プリンター機種不問

購入をご検討の方

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。