ユーザーボイス ITメディア企画 モニタープライベートでのご利用

  • ご購入はこちら

ITmedia エコタンク搭載モデルモニター企画 プライベートでのご利用

vol1

子どもの素材プリントで大活躍! 「印刷コストもインク切れも
考えなくていい」
(主婦・Kさんの場合)

我が家はプリンターの電源は常にオンにしてあり、スマホやPCから必要に応じてプリントしています。小学生の息子の教材、中学生の息子が利用している学習サービスのテキストなど、家族みんながそれぞれ印刷をするので、思っていたよりも早く「インクの残量が少なくなっています」というアラートが出たりします。

以前に使用していたプリンターはインクカートリッジがとても高価な機種だったので、そのアラートが出るたびに「またカートリッジを買わねば」と結構なストレスを感じていました。また、年賀状など大量の印刷をするとき(それも急いでいるとき)に限ってインク切れになって家電量販店に走る、というのはもはや恒例行事でした。

EW-M660FT

「EW-M660FT」を書斎に設置したKさんの家族は日常的にプリンターを活用している。大容量のインクタンクのエコタンクを搭載したことでプリンターの活用方法はどう変わったのか

そうした中、ニュースサイトで目に付いたのがエコタンク搭載モデルの「EW-M660FT」です。印刷コストの安さに加えて、大容量のインクタンクという発想が新鮮だったのと、2年分のインクが同梱というのがとても魅力的でした。大事なときにインク切れが生じてしまうストレスから解放される点も大きなメリットだと思い、今回のモニターに応募しました。

設置場所はとりあえず書斎の棚にしましたが、書斎のデスクの上にも置けるサイズなので、使い勝手を考えながら移動させようと思います。インクは最初に黒インクから注入しました。注入方法は非常に簡単なので戸惑うことはないと思います。インクボトルの形状が、もう少しインクを注入しやすくなるとうれしいですね。

初期設定もとても簡単でした。電源を入れて、インクを入れて、説明に沿って操作していくだけで完了します。

インクの注入

最初は不安だったインクの注入も無事完了

EW-M660FTを使ってみて一番印象的だったのはやはりインクタンクが大容量だということ。同梱されたインクボトルを見ても「これなら確かに2年くらい持ちそう!」とうれしくなりました。特に黒のインクボトルはかなりビッグで家族も「さすが!」と感心していました。印刷コストもスペック表を見る限りでは今までの1/10程度になるようなので、子供の勉強に毎日のようにプリンターを使う我が家にはうってつけだと思います。印刷コストのこともインク切れのことも考えなくていいのがうれしいです。

急いでいる時に限ってプリンターのインク切れ、しかも夜に!というのは、結構あるシーンだと思います。そんな「今日に限って」というガッカリから解放してくれるのがエコタンク搭載モデルです。インクカートリッジをストックしたり、こまめに残インク量をチェックするのも面倒な人に是非おすすめしたいです。とてもコンパクトなデザインなのでリビングの一角に設置できると思います。

印刷後

子どもの学習教材のコピーに「EW-M660FT」が活躍

機能は多彩に、ボディは小さく。進化したカラー多機能モデル。EW-M770T オープンプライス
EW-M770Tについて詳しくはこちら
ご家庭やオフィスで活躍。オールインワンのカラーモデル。EW-M660FT オープンプライス
ご家庭やオフィスで活躍。コンパクトデザインのカラー多機能モデル。EP-M570T
  • インクジェットプリンターの性能の進化に驚き!大容量インクタンクで、しかも、コストを気にせず使える。
  • エコタンク方式なら、印刷コスト90%CUT (注1)当社カートリッジ方式のプリンターと比べて
  • レーザープリンターの不満、エコタンク方式で解決!