エコタンク搭載モデル体験記 1年くらいで元は取れてしまうのでしょう | 製品情報 | エプソン

ユーザーボイス ITメディア企画 モニタービジネスでのご利用

  • ご購入はこちら

ITmedia エコタンク搭載モデルモニター企画 ビジネスでのご利用

vol2

論文や授業で配布するテキストを大量プリント! 「1年くらいで
元は取れてしまうのでしょう」
(東大研究室・吉川雅英さんの場合)

第二弾となる今回は東京大学での導入事例。医学部の吉川雅英教授にお話をうかがうことになった。吉川教授の研究室で使用するプリンターを探していたところ、エコタンクを搭載したプリンターが目に留まったという。

吉川教授の研究室は、生体構造学との名称からも分かるように、臨床の教室ではなく、生体の基礎的な構造を研究している。主な研究対象は、生物が備えているせん毛やべん毛。人体では気管の異物排除や、卵管での卵子運搬、精子の推進装置などに見られる器官である。この微小管にある分子モーター(ダイニン)の構造や構成部位の研究を行っている。

研究室で作業に従事している人は10名程度とのことなので、ちょっとした企業のオフィスだ。人が多くなれば、それだけにプリントする枚数も膨大な量になると思われる。実際の用途はどのようなものかたずねてみた。

東京大学大学院医学系研究科の吉川雅英教授が「EW-M660FT」を研究室に導入

東京大学大学院医学系研究科の吉川雅英教授が「EW-M660FT」を研究室に導入

論文や授業で配布するテキストを大量印刷

吉川氏 研究室ということもあって、論文を出力することが多いです。ざっと目を通す程度ならばPCや携帯端末のディスプレイでも良いのですが、こういう研究室の場合だと、論文を自分たちで書くだけでなく、他の人たちが書いた論文を審査するという作業もあるんですね。そうした場合にはプリントアウトしてじっくりと読まないと正誤が掴みづらいですから。

吉川氏 もう1つの用途としては、授業で配布するためのプリントです。こちらのほうが枚数的には多くなりますね。現在、我々は医学部の学生さんを教えているのですが、そちらが1学年で110人くらいです。原稿の枚数×110人分なので、結構な枚数になりますね。私の場合ですと、組織学を受け持っているのですが、一回の講義がだいたい1時間くらいです。そうすると両面印刷したプリントが5~10枚くらいは必要になります。ただ、授業の回数自体はそれほど多くはないので、月あたり1000枚ほどになります。

論文については電子化は進んでいるものの、紙のほうがじっくり読めるという人は多い。特に朱筆を入れるような作業の場合、マウスやタッチパネルでツールを扱うよりは、手でサッと済ませてしまうほうが集中力を削がず、短時間で作業できると考える方は多いはずだ。論文を審査する機会はどのくらいの頻度か聞いたところ、一週間に1度くらい、30ページ程度のカラー原稿を印刷して精読することになるとの事だった。

そして、より大量のプリントが必要になるのはやはり配布物とのことだった。前回の洋菓子店「ラ・クレマンティーヌ」では、大量印刷は外注という使い分けをしていたが、それは販促用の配布物という面が強いからだ。学内で用いる配付資料を外注に出していてはそれこそコストがかかり過ぎる。それゆえにプリンターにはインクコストとともにスピードも要求される。なかなか過酷な環境といえるだろう。吉川教授がこの環境にEW-M660FTを導入しようと思った理由はなんだろうか?

ほかの研究者が執筆した論文を審査するのも仕事の1つ。その際は紙に出して精読を行う

ほかの研究者が執筆した論文を審査するのも仕事の1つ。その際は紙に出して精読を行う

実はすでに1台購入していたエコタンク搭載モデル

吉川氏 まず魅力を感じたのはやはりインクコストですね。エプソンの大容量タンクを搭載したプリンターについては、それこそ東南アジアで販売を開始した段階から知っており、着目していました。実のところ、モニター当選の連絡が来る前に、すでにEW-M660FTを1台購入していたのですよ。応募はしたものの、まさか当たるとは思っていませんでしたから。

こちらとしてもまさか既所有だとは思わなかったが、少し離れた場所に確かにもう1台別のEW-M660FTが鎮座している。これは、モニターに当選したから仕方なく2台使っているのだろうか?

吉川氏 いえ、そういうわけではありません(笑)。元々研究室では複数台のプリンター(+A3機)を利用していたんです。短期間に大量の印刷を行うとなると1台では回りきらないことも多いんですね。特に資料はとじた体裁にしているため、両面印刷が必要になりますが、両面印刷ではどうしてもプリントスピードは落ちてしまいます。これを2台の並列作業で補っていたんです。こうした環境ですから、片方だけでもエコタンクを搭載したプリンターにしようと思って購入したのですが、期せずして2台体制が整いました。

印刷後

こちらはモニター当選の連絡を受ける前に購入してしまった「EW-M660FT」。インク残量が目で見て分かるのでいいですねと吉川教授。 初回のインク補充も「そういうもの(ボトル式)だと知っていれば、特に問題ないです」とのことだ

印刷品質にも不満なし リモート印刷で時間の短縮も

吉川氏 何しろ、先に購入していたEW-M660FTでもまだタンク内にインクが大量に残っているので、ランニングコストについて明確な数字は出せませんが、かなり安く抑えられると思います。従来の環境でも、大学全体で複写機リースの入札を行っているため、わりとコストは抑えられるのですが、それでもEW-M660FTのほうが安く上がりますね。

吉川氏 あくまでも私どもの試算ですが、1年くらいで元は取れてしまうと思います。というのは、モノクロはそれほど大きな差はつきませんが、カラーのコストはかなり開きがあるんですね。その点がとてもいいです。

論文と聞いていたのでモノクロ主体かと思いきや、意外にカラープリントを印刷する機会が多いようだ。実際に資料や総論を拝見したところ、クラミドモナスやゼブラフィッシュなどモデル生物の細胞を電子顕微鏡で撮影した写真や、モーターの部位を拡大したイラストなどが豊富に使われている。

吉川氏 そうですね。電子化の影響もあるのでしょうが、今は論文もカラーが使われるのが一般的になってきました。それだけにカラープリントのコストはランニングコストに重くのしかかかってきます。そうした部分を改善できるのがエコタンクを搭載したプリンターを導入した動機の1つです。

吉川氏 印刷品質についても不満はありません。ドキュメントプリントが主用途なので、写真の高画質はそれほど求めていませんでしたから。ドキュメント内で写真データを用いることはありますが、普通紙への印刷でも特ににじむことなく、しっかりと描けています。

吉川氏 それと、これはインクとは関係のないことなのですが、リモートプリントドライバが用意されているのが便利でした。自宅から翌日の講義で使用するプリントのジョブを送っておけば、次の日に研究室に来た時には、配布用の資料が出来上がってるので時間が節約できます。欲をいうならば、給紙容量がもっとあればより便利に使えると思います。

吉川氏 カラーの文書のランニングコストとモノクロの文書のランニングコストはさほど変わりませんから、大量にカラープリントをする環境ほどエコタンクを搭載したプリンターの存在は光るでしょう。先ほどもお話ししましたが、当研究室ですと1年ほどで導入コストの元が取れて、以後は低ランニングコストで運用できます。エコタンクを搭載したプリンターは非常に助かります。

ITmediaのモニター企画に応募してみたものの、抽選を待つ間に購入を決め、すでに研究室へ導入してしまっていた吉川氏。エプソンが海外で先行展開していたエコタンク搭載モデルの取り組みについても予め知っていたとあって、EW-M660FTはまさに待ち望んでいた1台だったのだろう。

カラー印刷のコストが低いことに驚かされたと吉川教授

カラー印刷のコストが低いことに驚かされたと吉川教授

「論文で使用する写真資料であれば品質的にもまったく不満はないですね」(吉川教授)

「論文で使用する写真資料であれば品質的にもまったく不満はないですね」(吉川教授)

機能は多彩に、ボディは小さく。進化したカラー多機能モデル。EW-M770T オープンプライス
EW-M770Tについて詳しくはこちら
ご家庭やオフィスで活躍。オールインワンのカラーモデル。EW-M660FT オープンプライス
ご家庭やオフィスで活躍。コンパクトデザインのカラー多機能モデル。EP-M570T
  • インクジェットプリンターの性能の進化に驚き!大容量インクタンクで、しかも、コストを気にせず使える。
  • エコタンク方式なら、印刷コスト90%CUT (注1)当社カートリッジ方式のプリンターと比べて
  • レーザープリンターの不満、エコタンク方式で解決!