プリントのストレス、エコタンク方式で解決!

  • インク満タン1年分。印刷コスト90%カット!プリントのストレス、エコタンク方式で解決!
  • (注1)エプソン独自調査(インクジェットプリンターに何らかの不満を感じたことがある200人を対象に調査。「とてもあてはまる」「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)
  • (注2)カラー対応モデルはA4カラー文書、モノクロ対応モデルはA4モノクロ文書をひと月あたり300ページプリントした場合を想定して算出。
  • (注3)「EW-M770T」のA4カラー文書のコストを「PX-M650F」と比較した場合。
  • (注)「エコタンク方式」とは、インクジェットプリンターに、大容量のインクタンク(エコタンク)を搭載し、インクを注入することができる機能を有した方式をいいます。

動画でCHECK!吉田羊がプリンターのストレスに迫り、解決を提案!

  • プリンターストレス調査 「自宅でお使いの方」篇
    プリンターストレス調査 「自宅でお使いの方」篇
  • プリンターストレス調査「店舗・SOHO」篇
    プリンターストレス調査「店舗・SOHO」篇

インクは、しょっちゅう切れる 88%(注2)解決 インク満タン1年分。ケタ違いの大容量。ストレスなくプリントを続けることができます。

インク満タンで1年分(注1)約5,000ページのプリントが可能な大容量インクボトル。

カートリッジモデルと比べて、インク交換の頻度も少なくなり、お店に買いに行く手間もなくなります。さらに、インクカートリッジの買い置きも不要です。

    A4カラー文書5,000ページをプリントするのに必要なインク数量

  • エコタンク方式EW-M770Tの場合 計5本(各色 ボトル1本ずつ)
  • カートリッジ方式PX-M650Fの場合 計42本(黒6本、 カラー各12本×3色)
  • (注1)カラー対応モデルはA4カラー文書、モノクロ対応モデルはA4モノクロ文書をひと月あたり300ページプリントした場合を想定して算出。
  • (注2)エプソン独自調査(インクジェットプリンターに何らかの不満を感じたことがある200人を対象に調査。「とてもあてはまる」「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)
  • (注)PX-M650Fは現行品(2014年9月発売)
こんな方にオススメ インク交換のわずらわしさから解放されたい! インクカートリッジ方式では…インク切れになると、カートリッジを都度交換していた。 -> エコタンク方式なら!インクたっぷり!ジャンジャン印刷! / プリントしている最中のインク切れはもう嫌だ! インクカートリッジ方式では…プリント途中でインク切れしていた。 -> エコタンク方式なら!インクたっぷり!ジャンジャン印刷!

インク代が、高い 98%(注2)解決 当社カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べて 印刷コスト90%(注1)カット!

当社カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べて、印刷コストを90%(注1)もカット!
家計や経費をケタ違いに抑えることができます。

1枚あたりの印刷コスト(注3)

  • エコタンク方式のEW-M770Tの場合 断然お得 A4カラー 約1.3円(税別) 断然お得 A4モノクロ 約0.5円(税別)
  • カートリッジ方式 Px-M650Fの場合 A4カラー約13.5円(税別) A4モノクロ約4.1円(税別)
  • (注1)「EW-M770T」のA4カラー文書のコストを「PX-M650F」と比較した場合。
  • (注)「エコタンク方式」とは、インクジェットプリンターに、大容量のインクタンク(エコタンク)を搭載し、インクを注入することができる機能を有した方式をいいます。
  • (注)表紙内のインクボトルからの補充画像は、EW-M770Tのものです。
  • (注2)エプソン独自調査(インクジェットプリンターに何らかの不満を感じたことがある200人を対象に調査。「とてもあてはまる」「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)
  • (注3)エコタンク搭載モデルはEW-M770T、インクカートリッジプリンターはPX-M650Fを用いて算出。消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年10月30日現在)をもとに算出。
  • (注)PX-M650Fは現行品(2014年9月発売)
インクボトルからの補充画像は
EW-M770Tのものです。
こんな方にオススメ 低インクコストで バンバン印刷したい! インクカートリッジ方式では…カラープリントを我慢していた -> エコタンク方式なら!カラープリントをたくさんプリント!

ケタ違いのおトク度をチェック! カンタン!2ステップ!コストシミュレーション 自分で枚数を指定しておトク度を確認!

さらに!
優れた基本性能によって、プリントがより快適に。

「くっきりブラック」の顔料インクで文字がキレイ

ビジネス文書や設計図、DM・チラシ、さらにお子さまの教材の図形などもくっきりとシャープな仕上がりに。すべてのモデルに「くっきりブラック」の顔料インクを搭載し、高画質にプリントできます。

くっきりブラック、くっきり高画質

環境への負担もケタ違いに低減。

大容量ボトルだから、インク交換の手間が軽減できると同時に、資源の消費量も低減。EW-M770TのCO2排出量は従来のカートリッジモデルと比べて約79%削減(注1)しました。

(注1)エプソンの評価条件による値です。ライフサイクルアセスメント手法により、EW-M770T、PX-M650FはA4 カラー文書をひと月あたり300ページ、5年間で18,000ページをプリントした場合の消耗品と梱包材の地球温暖化負荷(素材・素材加工)をCO2排出量として算出しています。CO2排出量はお客様のプリンターの使用状況により異なります。
(注)評価対象インクカートリッジ方式のプリンター:インクカートリッジ、包装材
エコタンク方式のインクジェットプリンター:インクボトル、包装材
消耗品のCO2排出量比較(注1)

ご利用シーン

エコタンク搭載モデルなら、ビジネスやプライベートの様々なシーンで大活躍。

  • ご家庭でのカラープリント
  • 個人商店や事務所でのカラープリント
  • 事務所や商店でのモノクロプリント

レシピも教材も、仕事の文書も、我が家でジャンジャン、カラープリント。

  • プリントなら確認しやすいし、仕事が手早く済ませられる

    家での仕事も、さくさくプリント。
    趣味や家族との時間を増やせる。

  • こどものプリントにかかっていたコスト、ずいぶん助かると思う

    お子さまの問題集や教材、さらには、
    思い出の写真をジャンジャン印刷。

  • プリントした方が見やすくて便利ね

    WEBからレシピなどをプリントして活用。
    家事やショッピングが楽しく便利に。

カートリッジ方式から、エコタンク方式へ。
印刷コストも手間もケタ違いに少なくします。
  • EW-M970A3T
  • EW-M770T
  • (注1)耐久性の数値は参考値です。印刷可能ページ数は、印刷環境や印刷の仕方(用紙サイズ、電源の頻繁な入切など)によって変動し、この数値より少なくなることがあります。
  • (注2)A4普通紙の場合。枚数は紙質、湿度、温度などの環境によって異なります。
  • (注3)消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年10月30日現在)を元に算出。

企画書や書類、DMも高画質に。店舗や事務所でジャンジャン印刷。

  • やっぱりカラーだと、書類の見栄えが違うなぁ

    SOHOや店舗などで、
    書類や伝票をカラーでプリント。
    仕事の効率や集客アップにつながります。

  • POPもメニューも毎日変えられる。売り場が変わる

    お客さまの知りたい情報を
    たくさんプリント。
    売り場の活性化に役立ちます。

  • 経費の削減にもつながる

    顧客に提案する設計図を大量プリント。
    インク交換も気にせず、
    仕事に集中できます。

プリントに経費や手間をかけたくない個人商店や事務所に、
エコタンク搭載モデル。コンパクトで、置き場所も選びません。
  • EW-M670FT
  • EW-M571T
  • EW-M5071FT
  • (注1)耐久性の数値は参考値です。印刷可能ページ数は、印刷環境や印刷の仕方(用紙サイズ、電源の頻繁な入切など)によって変動し、この数値より少なくなることがあります。
  • (注2)A4普通紙の場合。枚数は紙質、湿度、温度などの環境によって異なります。
  • (注3)消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年10月30日現在)を元に算出。

バックヤードやデスクサイドに。モノクロモデル。

  • 伝票の枚数が多いから助かるなぁ

    バックヤードでの伝票、見積書なども作業中にジャンジャン印刷。
    忙しい合間にはかどります。

  • デスクサイドに気軽に置いて仕事がスムーズに

    デスクサイドに置いてコピーやプリントが快適に。
    インク交換の手間を気にせず、ジャンジャン印刷できます。

ケタ違いの低ランニングコスト。
モノクロ印刷もレーザープリンターからエコタンク搭載モデルへ。
  • PX-M160T
  • PX-S160T
  • (注1)耐久性の数値は参考値です。印刷可能ページ数は、印刷環境や印刷の仕方(用紙サイズ、電源の頻繁な入切など)によって変動し、この数値より少なくなることがあります。
  • (注2)A4普通紙の場合。枚数は紙質、湿度、温度などの環境によって異なります。
  • (注3)消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年10月30日現在)を元に算出。
  • (注)各色での印刷可能枚数(イールド枚数)、1枚あたりの印刷コストの測定データおよび測定条件については こちら をご覧ください。
エコタンク搭載モデル体験記 今すぐチェック

文書も写真もジャンジャン印刷!
A3モデル「EW-M970A3T」と
A4モデル「EW-M770T」

顔料と染料の2本のブラックを含む5色インクを搭載

ジャンジャン印刷できる!出力物代表例

企画書・写真・チラシ・DM・年賀状・レシピ・クーポン・CD・教材

さらに、A3モデル「EW-M970A3T」なら、こんなA3プリントも!

図面・店頭ポスター

レーザープリンターからの
買い替えでも快適に使える!

圧倒的な低印刷コスト。そして、ビジネスで活躍する印刷速度と印刷画質。
今、レーザーをお使いの方にも納得してお使い頂けます。

コスト

本体価格と消耗品代を含めたトータルコストがとってもお得。低トータルコストなので、いまお使いのレーザープリンターから買い換えても、たくさんプリントするほど、お得を実感できます。

お得!!圧倒的な低トータルコスト

毎月500枚(普通紙1束)を印刷すると5年間で約11万円もお得。
カラー印刷も圧倒的に低コストなので気兼ねなく印刷できます。
コストを気にしてモノクロ印刷していたものを、全てカラー印刷に変えても断然お得!

EW-M770Tでのコストシュミレーション(イメージ図)
  • (注)当シミュレーション図は、EW-M770Tは本体価格と印刷枚数に係るインクコストの合計値をトータルコストの推移として示し、LP-M620Fは印刷枚数に係るインクコストを推移として示したものです。EW-M770Tの1枚あたりの印刷コストの測定データおよび測定条件、消耗品価格については こちら 。EW-M770Tの本体価格についてはエプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)をもとに算出(2018年7月2日現在)。エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。LP-M620Fのランニングコストは、消耗品の印刷可能ページ数から算出。LP-M620Fの消耗品価格については標準価格(税別)をもとに算出。

お得!!圧倒的な低印刷コスト

今までプリントを我慢していた方も、コストを気にせずジャンジャン印刷できます。

1枚あたりの印刷コスト
  • (注1)消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年10月30日現在)を元に算出。
  • (注2)「EW-M770T」のA4カラー文書のコストを、「LP-M620F」と比較した場合。
  • (注3)従来品。(2011年10月発売)

お得!!ビジネスで活躍する印刷速度

エコタンク搭載モデルはインクジェット方式なのでウォームアップ時間が短く、最初の1枚から高速で印刷できます。一度の印刷が少量なら、レーザープリンターより速く印刷できる場合があります。

EW-M770T 印刷スピード
  • 1枚目の印刷時間算出条件(レディー時からのFPOT算出条件)
  • ●測定基準:ISO/IEC17629
  • ●印刷用紙:A4普通紙
  • ●印刷品質:標準
  • ●ISO/IEC 24734"Office Category Test"の Microsoft® Word、Microsoft® Excel®、PDFファイル(各4ページ)の第1頁を指定して片面印刷した時の、印刷開始ボタンを押してから用紙排出までの時間を算出、各ファイルの印刷時間を平均換算した値。 (注)ipm(image per minute)は、1分あたりに印刷可能な面の数。 (注)測定データおよび 測定条件についての詳細はこちら。

(注)MicrosoftおよびExcelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Pickupコンテンツをチェック!

  • レーザープリンターの不満 エコタンク方式で解決!ビジネス向けページ
  • エコタンク搭載モデルに詰め込まれた、エプソンの技術力。開発者インタビュー

エコタンク搭載モデル ラインアップ

  • EW-M970A3T 2つのブラックインクで様々なコンテンツがプリントできるA3スタイリッシュモデル。
  • EW-M770T 2つのブラックインクで様々なコンテンツがプリントできるA4スタイリッシュモデル。
  • EP-M670FT 連続コピーやスキャンを搭載。ファクスも対応のオールインワンタイプ。
  • EW-M571T 狭いスペースにも置ける、スタイリッシュ・コンパクトモデル。
  • EW-M5071FT 耐久性と給紙容量に優れた、ビジネスにおすすめのA3モデル。 
  • EW-M660FT ご家庭やオフィスで活躍。オールインワンのカラー多機能モデル
  • PX-S160T モノクロプリントをどんどん出したい人にモノクロ単機能モデル
  • PX-S160T モノクロプリントをどんどん出したい人にモノクロ単機能モデル

エコタンク搭載モデルをご購入の上、
「MyEPSON」へユーザー登録すると素敵な特典が!!

(1)無償保証期間(持ち込み修理)を通常の1年から2年間に延長。(2)無償保証期間中の引取修理サービス(ドアtoドアサービス)を無償で受付。

「MyEPSON」ユーザー登録はこちら

  • (注1)EW-M5071FTは引取修理サービスになります。
  • (注)「MyEPSON」へユーザー情報と購入製品情報を登録の上、「ご登録製品サポート」ページより修理を依頼された方が対象となります。