3LCD方式による色鮮やかで
美しいフルHD高画質

3LCD方式により
明るく豊かな映像表現を実現

3LCD方式はランプから出た光を、赤・緑・青の3色の光に分解し、それぞれに液晶パネルを1枚ずつ割り当てて透過させ、形と動きを与えます。分解された光はプリズムで合成されカラー映像となります。投写レンズからはすでに合成されたフルカラーの映像が連続的に投写されます。
一方他の主要方式は光をカラーホイールと呼ばれるRGB3色の高速回転する円盤に交互に通すことで光をRGBに分けてレンズから投写。時系列で投写された光は目の残像効果を利用して脳でフルカラーに合成され、フルカラー映像として認識されます。レンズから瞬間的に投写しているのはRGBのいずれか1つの色のみとなるのでカラーの明るさが暗くなります。
3LCD方式なら明るいリビングでもカラー映像を明るく色鮮やかに映し出します。

3LCD方式により明るく豊かな映像表現を実現

3LCD方式/DLP方式の違い動画

(注)本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供いたします。

左:DLP方式 赤・緑・青の単色の映像を連続して投写。光の要素を一部使用しないため明るさが低下してしまう。

右:3LCD方式 赤・緑・青の光(映像)を合成してプロジェクターから投写。光を効率的に利用するので
カラー映像も明るさが低下しない。

関連コンテンツ

エプソンは3LCD方式だから、カラーが明るくきれい!

明るいリビングでもカラー映像を明るく色鮮やかに、そして3D映像もはっきりと映し出します。

明るく美しい、フルハイビジョン(1080p)

フルHD(1080p)液晶パネルを搭載。ブルーレイディスク™などのフルHD映像ソースの高精細画像を余すところなく投写します。色再現性の高い3LCDとエプソン独自の液晶技術により、高コントラストな高画質を実現。被写体のディテールまで立体感豊かに映します。

  • (注)画像はイメージです。
明るく美しい、フルハイビジョン(1080p)

70,000:1(注1)の高いコントラスト比と2,700lm(ルーメン)の明るさによる鮮明な映像

2,700lm(ルーメン)の明るさで、部屋の照明を落とさずに鮮やかな映像を投影。さらに高いコントラスト比により細部まで鮮明に映し出された映像をお楽しみいただけます。

  • (注1)2D映像視聴時でカラーモード「ダイナミック」、明るさ切替「高」、
    「オートアイリス」オンかつズームがワイド端の時。
  • (注)画像はイメージです。
  • (注)画面はハメコミ合成です。
60,000:1(注1)の高いコントラスト比と2,700lm(ルーメン)の明るさによる鮮明な映像

さらに美しく、さらに滑らかに、
フレーム補間技術

前後のフレーム(コマ)を比較して中間のコマを自動生成する、フレーム補間技術。例えばオリジナル60フレームの映像であれば、その間に中間画面を生成・挿入することで120フレーム/秒で表示。さらに、フレーム補間ICの搭載により、映像処理の精度とスピードがアップ。また、新たに3D映像にも対応し、スピード感のある映像も、残像感を抑えたシャープで美しい映像で楽しめます。

  • (注)画像はイメージです。
さらに美しく、さらに滑らかに、フレーム補間技術

フレーム補間技術Movie

(注)本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供いたします。

くっきりシャープでありながら
自然な画質「イメージ強調機能」

ノイズリダクション、MPEGノイズリダクション、ディテール強調の3つの技術を組み合わせ、映像の解像感を調整し、質感や素材感がより際立った美しい映像に仕上げます。3D映像にも対応しています。

  • (注)画像はイメージです。
くっきりシャープでありながら自然な画質「イメージ強調機能」

映すコンテンツや部屋の環境に合わせて選べる、4つのカラーモード

ダイナミック:最も明るいモード。明るさを優先したいときに。
ブライトシネマ:映像を明るく鮮やかに投写したいときに。
ナチュラル:コンテンツの持つ色表現を忠実に再現したいときに。
シネマ:映画などのコンテンツを楽しむときに。

  • (注)画像はイメージです。
  • (注)画面はハメコミ合成です。
映すコンテンツや部屋の環境に合わせて選べる、6つのカラーモード