ネットワーク対応、プリンター状態の監視等出力業務をバックアップ

ネットワーク標準モデル

高速大容量転送を実現する100BASE-TX、10BASE-Tに対応した、ネットワーク標準モデル:VP-4300N2をご用意。
ネットワークI/Fカード(PS107)を標準添付(注1)していますので、ネットワーク環境で使いたい場合も、プリンター本体以外にどのオプションを購入すればよいか迷う必要はありません。

(注1)拡張スロットに取り付けます。

プリンター管理機能

EPSONステータスモニタ3を活用することで、接続されているプリンターの状態を監視することができます。
エラーが発生すると、適切な対処方法をイラストで表示させ、出力停止による業務停滞を低減します。
どの接続方法でも同じユーザーインターフェイスのため使いやすく、帳票出力や各種伝票出力などの業務をバックアップします。

EPSONステータスモニタ3を活用したプリンター管理

(注)OSによって、EPSONステータスモニタ、EPSONプリンタウィンドウ!3などユーティリティーの名称が異なります。

デファクトスタンダード ESC/P®

  • ESC/P®とは、エプソンが開発したプリンター制御コード体系です。その優れた能力が評価され、ドットインパクトプリンター用制御コードのデファクトスタンダードになっています。

  • ESC/P®

(注)ESC/Pはセイコーエプソン株式会社の登録商標です。
ESC/PとはEpson Standard Code for Printerの略です。
ESC/P® リファレンスマニュアルはEpsonPartner'sNet(エプソンパートナーズネット)で提供しています。

ソフトウェアとの連携

業務アプリケーションソフトとの連携や、伝票印刷ソフトウェアに対応。伝票印刷も印刷指示から用紙セット、出力までをスムーズに行えます。

対応ソフトウェアはこちら

  • 水平型モデル
  • ラウンド型モデル