導入事例 株式会社コス様

株式会社コス様
導入製品:VP-5200

産業廃棄物処理に欠かせないマニフェストを
高速ドットインパクトプリンターで作成

導入事例TOPへ

導入機種紹介

株式会社コス様では、マニフェスト(産業廃棄物管理票)や請求書等の印刷に、エプソンのドットインパクトプリンター VP-5200を導入しています。

VP-5200

多彩な給紙に対応した業務用モデル

VP-5200 製品の詳細はこちら

スーパーマルチウェイローディング採用

単票紙はトップとフロントから、連続帳票はフロントとリアから給紙でき、オプションのカットシートフィーダーVP5200CSFを利用すれば、最大で3種類の用紙を常時セットできます。トラクタ2基を標準で装備。フロントとリアに2種類の連続帳票を同時にセットして、パソコン側から選択することが可能です。

最大8枚綴りまでの複写印刷に対応

ビジネスに欠かせない複写機能は、最大で8枚綴りの伝票にも印字可能。連続帳票、A6サイズ~A3サイズのカット紙をはじめ、様々な用紙に対応。漢字高速モードで240文字/秒、標準モードで120文字/秒という高速印刷を実現しています。

導入会社様のご紹介

関西地区で産業廃棄物を収集・運搬

外観写真

大阪市に本社を置く株式会社コス様は、産業廃棄物の収集と運搬を中心に事業を展開しています。産業廃棄物の運搬には、廃棄物の排出側と中間処理会社側の双方の都市の許可が必要ですが、コス様では大阪府および京都府内全域と、姫路市を除く兵庫県全域の許可証を取得。廃油や汚泥、廃アルカリ、廃酸、廃プラスチック、鉄くず、紙くずなど10品目に及ぶ産業廃棄物の収集・運搬に加え、豊富なネットワークを活かして、廃棄物の種類に応じ、その品目を得意とする中間処理業者を選定する等、低コストで適正な廃棄物処理を行うための様々なサービスを提供しています。

大阪市内初の混練処理施設で廃油を燃料化

コス様では、廃棄物の減量化にも積極的に取り組んでいます。その試みの一つとして進めているのが、廃棄物を有価物として買い取るサービスです。ガソリンスタンドやカーショップなどから使用済みのエンジンオイル、使用しなくなった、灯油・軽油・重油などを買い取り、これらの廃油を廃アルカリや汚泥と共に、大阪市内で初となる施設で混練処理を施し、石炭などの化石燃料の代替品として各地の工場に出荷。循環型社会の形成にも、大きく貢献しています。
また、コス様ではガソリンスタンドの油水分離槽や地下タンク、ピットの清掃作業および最新の機器を用いたブラスト作業にも力を入れています。有資格者の管理の下で行われる安全・確実な作業は、お客様から高く評価されています。

導入後の利用状況・ご感想

株式会社コス 代表取締役 大神朗稔氏

株式会社コス
代表取締役
大神 朗稔氏

コス様ではVP-5200を使用して、産業廃棄物管理票(マニフェスト)、請求書、および買い取り伝票の3種類の帳票を印刷しています。

マニフェストは、産業廃棄物の処理業務には欠かせない伝票で、産業廃棄物を排出する事業者は、その処理を委託する際、マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入して、運搬事業者に渡すことが法律で義務づけられています。このマニフェストは、産業廃棄物とともに運搬事業者から処分業者へと渡され、適正な処理が行われたことを確認する書類として、排出業者、運搬業者、処分業者のそれぞれが保管することになっています。コス様では、マニフェストを排出事業者に代わって印刷し、ドライバーが廃棄物の引き取り時に持参しています。
「マニフェストは7枚綴りの複写用紙ですから、確実に印字できるプリンターが必要でした。請求書や買い取り伝票の印刷にも使いたかったので、連票用紙が同時に2種類セットできる機種を探し、エプソンのVP-5200に決めました。きれいに複写できることと、印字の速さには満足しています。買い取り伝票を印刷する際は、連票用紙を交換して使っていますが、用紙の付け替えも簡単ですね。」(大神氏)

システム概要・開発にあたって

ビジネス印刷に適したVP-5200のスピードとエプソンの信頼性を高く評価

株式会社ソフトウェアトータルサービス 代表取締役 三上哲弘氏

株式会社ソフトウェアトータルサービス
代表取締役
三上 哲弘氏

株式会社コス様が導入されたシステムを開発したソフトウェアトータルサービスの代表取締役三上哲弘氏に、システムの概要とVP-5200について、お話を聞きました。

「コス様に導入した『環境維新』は、弊社が開発した産業廃棄物処理業界のあらゆる業務をサポートするクライアント/サーバ型のアプリケーションソフトウェアです。コス様向けには、廃油の引き取りサービスに関連した追加のカスタマイズを行っています。廃油の場合は、タンクがどの程度までいっぱいになっているのかを排出事業者が管理していないケースが多いため、コス様が、顧客のタンクにたまった廃油の量を予測・管理して、最も効率よく回収できるように、トラックのルートを決定するという処理を追加しました。
また、廃油の買い取り伝票のフォーマットを新たに開発したのですが、大神社長の発案で、マニフェストに準じた書式を採用しました。これによって、マニフェスト用から買い取り伝票用に連票用紙を付け替えて印刷する際にも、用紙の細かな位置合わせが不要となりました。
VP-5200はビジネス利用に適した高速プリンターで、開発に必要な情報も十分に提供されています。今回のコス様のシステムには、まさに最適なプリンターであったと思います。」(三上氏)

株式会社コス

外観写真
所在地 大阪府大阪市大正区南恩加島7丁目1-82
TEL:06-4394-1360
資本金 5,000,000円
代表者 代表取締役 大神 朗稔
従業員数 7名(平成20年4月1日現在)
PDFダウンロード
(約2.07MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8088

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8581までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階