導入事例 丸紅インフォテック株式会社様

丸紅インフォテック株式会社様
導入製品:VP-4300

高速ドットインパクトプリンターで
顧客のニーズに応じた4種類の納品書を出力

導入事例TOPへ

導入機種紹介

丸紅インフォテック長野営業所様では、納品書の印刷用として、エプソンのドットインパクトプリンター VP-4300を導入しています。

VP-4300

8枚綴りの複写印刷に対応した業務用モデル

VP-4300 製品の詳細はこちら

水平印刷ローディング方式の高速タイプ

VP-4300は、各種納品書など8枚綴りまでの連続複写紙や単票複写紙に対応。用紙を水平に移動させて印刷する水平ローディング方式を採用しているため、印刷ズレや用紙づまりがおきにくく、給排紙がスムーズに行えます。また、漢字高速モードで220字/秒、標準モードで110字/秒の高速印刷を実現、大量の複写伝票印刷や帳票出力もスピーディーに処理できます。

有線LAN、無線LAN環境で利用可能

PA-W11G2

PA-W11G2

このVP-4300には、100BASE-TX、10BASE-Tに対応したネットワークI/Fカードをオプションで装着することができます。また、IEEE 802.11g対応無線プリントアダプター PA-W11G2を利用することで、無線LAN環境にも対応します。

導入会社様のご紹介

パソコン関連商品の流通をリードする専門商社

外観写真

丸紅インフォテック様は、パソコンを中心としたIT関連商社として、国内外約2,000社に及ぶメーカーと、国内約5,000社のディーラー、システムインテグレーター、量販店を結び、ハードウェアからソフトウェアまで、パソコンに関連する多様な商品の流通事業を展開しています。在庫管理と物流の拠点となる商品センターを東京と大阪の二カ所に設置し、北海道から九州まで全国に設けた営業拠点や仕入れ先メーカーとの綿密な情報交換を行って、商品と情報をタイムリーかつスピーディーに提供しています。また、ビジネス基盤となる独自のITインフラを構築し、お客様の販売業務を支援する様々なITサービスの提供も行っています。

長野・山梨県内で法人向けビジネスを展開

丸紅インフォテック長野営業所様では、同社コーポレート東日本営業本部の下、長野、山梨両県内の法人向けビジネスを担当しています。同営業所のある岡谷市は、県北の長野市、県南の飯田市、山梨県甲府市までいずれも約100km、東京方面にも交通の至便な場所です。
同営業所の顧客の多くは地域のディーラーですが、この地域では、古くから精密機械メーカーを中心とする製造業も盛んであり、こうした製造業者への直接販売の売り上げも高まっています。

導入後の利用状況

丸紅インフォテック長野営業所様がVP-4300を導入されたのは2005年8月。同社の基幹システムが刷新された際に、本社の情報システム部門から支給されたそうです。同営業所では、このVP-4300を納品伝票の印刷に利用しています。

丸紅インフォテック株式会社 業務アシスタント 小松弘子氏

丸紅インフォテック株式会社
業務アシスタント
小松 弘子氏

納品伝票には「統一伝票E様式」、通称ネバ伝と呼ばれ、家電量販店やメーカー、卸の間で広く取引用に使われているものを使っています。標準的な伝票は、出庫指図書、納品書、受領書の3枚複写式ですが、納品先の顧客によっては、請求書付きの4枚複写の伝票、仕入伝票や請求明細書が加わった6枚複写の伝票に印刷することもあります。また、同社の顧客であるディーラーに代わって商品を納品する「代行納品」の場合は、ディーラーの社名を伝票に印字する必要があるため、やはり標準のものとは異なる伝票用紙を使います。

営業所には、午前1回、午後3回の一日計4回、基幹システムからネットワークを経由して、印刷すべき伝票のデータが届きます。各データをどの伝票に印刷するのかをチェックし、VP-4300に該当する連票用紙をセットして印刷指示を出す仕事は、業務アシスタントの小松弘子氏が担当しています。「VP-4300は用紙の入れ替えも簡単ですし、伝票の厚みも簡単に設定できます。印刷スピードも速く、印刷待ちのストレスも感じません。」(小松氏)

丸紅インフォテック株式会社様 インパクトプリンターのシステム構成

導入後のご感想

業務用としての充分な性能と、高い信頼性
サポート体制も万全で、いざという時も安心

丸紅インフォテック株式会社 長野営業所 所長 堀内克宏氏

丸紅インフォテック株式会社
長野営業所 所長
堀内 克宏氏

VP-4300導入の感想を、長野営業所長を務める堀内克宏氏に聞きました。
「いまやPC関連商品は、低価格かつ多品種で、流通する量も膨大になってきました。われわれのお客様であるディーラーに商品を納めるだけでなく、ディーラーの顧客に対してディーラーの名前で納品する代行納品や、メーカーによる直送など、納品の形式も多様化してきています。われわれ流通業者も、商品をよりスムーズに購入していただけるようなサービスを提供することが求められています。お客様からの求めに応じて、形式の異なる納品伝票を作成するというのも、こうしたサービスの一環だと考えています。」
「VP-4300を導入して以来、毎日のように用紙を取り替えては印刷していますが、トラブルが少ないので助かっています。一度だけ、無理な力でローラーを回そうとして、ローラーを壊してしまったことがありましたが、そのときも、エプソンの保守の方がすぐに来てくれました。業務で使う以上、メーカーのサポート体制がしっかりしているという点は重要ですが、その点エプソンは安心できます。流通業者としても、自信を持ってお勧めできる製品だと思います。」

丸紅インフォテック株式会社

外観写真
所在地 東京都千代田区九段南2-3-14靖国九段南ビル
TEL:03-5214-1511(代表)
開設 1962年10月
資本金 9億2,132万円(2007年3月31日現在)
取締役社長 天野 貞夫
従業員数 522名(2007年10月1日現在、派遣社員含む)
PDFダウンロード
(約474MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8088

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8581までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階