明るい部屋でもくっきり鮮明に

照明を消したり、カーテンを閉めなくても、投写画像が見える

3,800lm以上の明るさと15,000:1のコントラスト比で、部屋が明るいままで映像をくっきりと鮮やかに投写することが可能。照明を消したり、ブラインドを閉めずにプロジェクターを使用できるので、授業や会議を中断することなく、すぐにプロジェクターが利用できます。

照明を消したり、カーテンを閉めなくても、投写画像が見える

カラーを明るくきれいに映し出す[3LCD方式]

プロジェクターを画質で選ぶ際に重要なのは、明るさと解像度。たとえば野菜などのみずみずしい赤や抜けるような青空、ひと肌などカラーコンテンツを忠実に再現するためには、カラーの明るさが大切になってきます。比較写真をご覧ください。

3LCD方式 他の主要方式

3LCD方式は、全白(白100%)とカラー(カラー光束:Color Light Output)の明るさが同じ。

3LCD方式は、全白(白100%)とカラー(カラー光束:Color Light Output)の明るさが同じ。全白の明るさに比べて、どうしてもカラーの明るさが低くなる他の主要方式に比べて、最大3倍の明るさを実現しています(注1)。また、カラーが明るい3LCD方式のプロジェクターの色域(再現できる色の範囲)は、他の主要方式と比較すると最大3倍広範囲となり、より正確な色の再現を可能にします(注2)。

3LCD方式の色域(他の主要方式と比較すると最大3倍広範囲となり、より正確に色を再現)、他の主要方式の色域

(注) これらの3LCDプロジェクターおよび他の主要方式(1チップDLP)プロジェクターの色域モデルは、それぞれのプロジェクターを明るさを最大モードに設定した時のデータを使用して作成したものです。色域はCIEが策定したCIE Lab色空間にて測定した結果に基づくイメージ画像です。
(注1) 他の主要方式と比べ。(カラー光束は、プロジェクターの最大明るさモードにてIDMS15.4に従い、第三者機関で測定しています。2015年12月から、2016年11月の間のPMAリサーチデータに基づいて選んだ、3LCD方式のエプソンプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売り上げ上位機種の測定結果に基づく。カラー光束は、使用状況によって異なることがあります)
(注2) 他の主要方式と比べ。(色域は、プロジェクターの最大明るさモードにおけるCIE Lab色空間を、第三者機関で測定しています。2015年12月から、2016年11月の間のPMAリサーチデータに基づいて選んだ、3LCD方式のエプソンプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売り上げ上位機種の測定結果に基づく)

豊富なラインアップから適切な解像度を選べる

豊富な解像度をラインアップ。WUXGAモデルは表や図面などを高精細・広範囲で投写できる

高精細のWUXGAからXGAまで豊富な解像度をラインアップ。投写コンテンツ・接続機器・予算などに合わせて適切なモデルを選択いただけます。WUXGA(1920×1200ドット)対応のEB-990Uは表計算シート、CAD図面、WEBページなどを高精細・広範囲で投写でき、会議やプレゼンがより円滑に進みます。

フルハイビジョン以上の高解像度、WUXGA(1900×1200)(注1)にリアル対応

フルハイビジョン以上の高解像度、WUXGA(1900×1200)(注1)にリアル対応

短焦点レンズ搭載で、短い距離でも大画面を投写できる

狭い環境でも大画面を実現する短焦点レンズ搭載

短焦点レンズ搭載で、短い距離でも大画面を投写できる

「短焦点レンズ」の搭載で、短い距離でも大きな画面で投写が可能。投写距離を長くとれない部屋でも大画面投写が可能です。さまざまな環境での打合せやプレゼンを快適に支援します。

(注1) EB-W41/W05の場合。
(注2) EB-960Wの場合。

「ピタッと補正」で簡単セッティング

セッティングをスピードアップする補正機能を搭載

歪みを自動的に検知する「タテ自動台形歪み補正機能」に加え、レバーをスライドするだけで歪みを補正できる「スライド式ヨコ台形補正機能」を搭載。さまざまな条件下でセッティングの手間を減らし、素早い投写を実現します。

タテ自動台形歪み補正機能スライド式ヨコ台形補正機能