ビジネスプロジェクター

導入事例 立教大学 様

ビジネス向けプロジェクター導入事例:立教大学様 明るく鮮やかな3LCD方式により、明るい講義室で後ろからの視認性が高い投写を実現

導入モデル

EB-Z10000U

大会議室や講堂などの広い場所に適した高光束(高輝度)モデル

EB-Z10000U(販売終了)


現行推奨モデル:EB-L600シリーズ

製品の詳細はこちら

導入の経緯

既設のプロジェクターの老朽化に伴う入れ替えを検討するにあたり自然光が差し込む恵まれた講義環境にもかかわらず、従来は投写画面が見えにくいためブラインドで窓を遮光、さらに講義室の照明を落として講義を実施していました。講義室が暗いため受講者はノートが取りにくく、新座キャンパスや複数の講義室をつないでの遠隔講義を実施する際には、双方の状況がはっきり見えなくなってしまうことが課題でした。

導入にあたっては明るさが最優先され10000lm、WUXGAのEB-Z10000Uが採用されました。講義資料を投写する正面200インチスクリーンとライブカメラによる講義映像、遠隔講義室映像や映像コンテンツ等が映し出される140インチのサイドスクリーンで構成され、明るい環境での円滑なコミュニケーションの実現を目的としています。

導入後の運用・評価

10000lmの明るいプロジェクター導入により、ブラインドを下ろすことも照明を落とすこともなく、学生の受講環境が大幅に改善し、遠隔授業時においても双方向の円滑なコミュニケーションが実現しました。資料の提示においては3LCD方式ならではの明るくて鮮やかなカラー発色により後ろの席からも視認性が高く満足いただいています。講義室の後ろの席は天井高が低くプロジェクターに近い場所での受講となりますが10000lmという明るさにもかかわらずプロジェクターの音が静かで受講の妨げにならないことも評価いただいています。限られた時間のなかで講義準備をするにあたってプロジェクターのクールダウンを意識することなくON/OFFが可能なダイレクトシャットダウン機能や、今後長年に渡り使用するにあたり耐久性の高さも安心できる要素です。

設置イメージ1
設置イメージ2設置イメージ3

導入後のポイント・機能

3LCD方式ならではの色再現性と明るいカラー

3LCD方式ならではの色再現性と明るいカラー

長距離転送が可能なHDBaseT/3G-SDI標準装備

長距離転送が可能なHDBaseT/3G-SDI標準装備

講義の妨げにならない静音設計

講義の妨げにならない静音設計

シャットダウンリスクを軽減する2灯式ランプ(EB-Zシリーズ)

シャットダウンリスクを軽減する2灯式ランプ(EB-Zシリーズ)

安心の3年保証

安心の3年保証

学校概要

立教大学 池袋キャンパス

所在地:東京都豊島区西池袋3-34-1

URL:http://www.rikkyo.ac.jp/

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約1.13MB)
2016年6月22日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

プロジェクターインフォメーションセンター

TEL050-3155-7010

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)

(注) 上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-503-1969までおかけ直しください。