ビジネスプロジェクター

導入事例 北陸新幹線飯山駅 様

ビジネス向けプロジェクター導入事例:北陸新幹線飯山駅様 北陸新幹線飯山駅 開業200日前イベント 巨大な駅舎を埋め尽くす、迫力あるプロジェクションマッピングを実現

導入モデル

EB-Z10005U

大会議室や講堂などの広い場所に適した高光束(高輝度)モデル

EB-Z10005U(販売終了)


現行推奨モデル:EB-L600シリーズ

製品の詳細はこちら

導入の経緯

2015年3月開業の北陸新幹線飯山駅の「開業200日前イベント」として、2014年夏にプロジェクションマッピングの上映が企画されました。イベント企画にあたっては幅120m、高さ26mの巨大な駅舎を映像で埋め尽くす必要があり、限られた予算でイベントを実現するためにEB-Z10005Uが選定されました。

選定にあたっては、10000lmの明るさとコストパフォーマンスを両立し、明るく映るだけではなく飯山の自然の風景や伝統工芸品の素晴らしさを伝えるのにふさわしい映像クオリティーの高さが求められました。加えてイベントが屋外実施であること、一晩限りの実施であることから安定して稼働する信頼性が求められました。事前のテスト検証においてその画質と信頼性が評価され今回の導入にいたっています。

導入後の運用・評価

2014年8月15日、時折小雨が降り蒸し暑いあいにくの天候の中、12000人の観客が集う中、10分間の上映が5回にわたって実施されました。プロジェクションマッピングならではの建物の形状を利用した立体的なコンテンツの他に、飯山市の伝統工芸品や、地域の自然・文化をモチーフにしたコンテンツが3LCD方式ならではの高画質で映し出されました。

当日の映像技術を請け負ったのは(株)プリズム。14台のプロジェクターを制御するのにEB-Z10005Uが持つステータスモニター、リモート状態監視が威力を発揮。プロジェクターが今どういう状態になっているのかが即座にわかることも今回のイベントに大きく寄与しました。迫力のあるプロジェクションマッピングにより2015年3月14日の開業の期待がより高まったイベントでした。

投写イメージ1
投写イメージ2
投写イメージ3投写イメージ4

導入後のポイント・機能

3LCD方式ならではの色再現性と明るいカラー

3LCD方式ならではの色再現性と明るいカラー

画面の境界線を美しく融合するエッヂブレンディング

画面の境界線を美しく融合するエッヂブレンディング

長距離転送が可能なHDBaseT/3G-SDI標準装備

長距離転送が可能なHDBaseT/3G-SDI標準装備

投写の自由度が広がる360°設置対応

投写の自由度が広がる360°設置対応

豊富なオプションレンズ

豊富なオプションレンズ

導入事例を動画でご紹介

プロジェクションマッピングの様子を動画で見る

長野県飯山市が提供するYoutube™動画です。
本サービスはYoutube™のサービスを使って提供いたします。

(注)YouTubeは、Google Inc.の登録商標です。

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約1.20MB)
2016年6月22日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

ビジネスプロジェクターインフォメーションセンター

TEL050-3155-7010

受付:月曜日〜土曜日(祝日、および弊社指定休日を除く)

(注) 上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-503-1969までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階