社員からも管理側からも、情報管理

パスワード印刷

印刷ジョブにパスワードを設定できます。
印刷を実行すると印刷ジョブは一旦プリンターのメモリーに保存され、操作パネルでパスワードを入力すると出力されます。
不特定多数でプリンターを共有するネットワーク環境でも、出力のセキュリティーを高めます。

印刷時に暗証番号を入力→本体でプリントジョブを選び暗証番号を入力→印刷完了

(注)ファイル容量によってはパスワードをかけられない場合があります。

(注)印刷データは暗号化されません。

透かし印刷

セキュリティー印刷 透かし印刷設定画面

印刷時、住民票や印鑑証明書などのように、コピーやスキャンしたときに「コピー」や「複写」といった文字が浮き上がる透かしパターンを同時に印刷します。
任意のテキストを透かし文字として登録したり、透かし文字のサイズ・角度・配置の設定も可能。
これにより、原本なのかコピーなのかを一目で見分けることができ、コピーによる不正利用を抑制します。

(注) 透かし印刷は、プリンターから印刷した印刷物(原本)の不正コピーを抑制する機能です。全ての使用状況において、情報漏えいの防止や、コピーした時に必ず透かし文字が浮き上がることを保証するものではありません。下記のような条件によって、透かし文字が濃すぎたり、印刷物の全面に透かし印刷されなかったり、コピーしたときに文字が浮き上がらないことがあります。
(1)複写機、ファクス機、コピーに使用する入力機器(デジタルカメラやスキャナーなど)と印刷機器(プリンターなど)の機種や設定、組み合わせ。
(2)対象製品のプリンタードライバーの設定、消耗品(トナーなど)の状態や印刷する用紙種類。

ヘッダー・フッター機能

ヘッダー・フッター機能

印刷原稿とは別に、用紙の上部(ヘッダー)と下部(フッター)にユーザー名や日付などを印刷できます。
「誰の」文書で、「いつ」印刷されたものかを明示できるため、出力者が明確になり、不正な利用を抑止します。

スタンプマーク機能

マル秘、重要、マル仮などのスタンプマーク(テキスト、またはBMP形式)を文書に重ねて印刷可能。さらに「ユーザー名」または「コンピューター名」も選択できます。文書の取り扱いの注意を受け手に喚起させることで、不正利用を抑止します。

効率的な印刷管理でプリンティングコストを削減「Epson Device Admin」

オフィスの複数機器をリモート監視

所有しているプリンターの状態の一括リモート監視が可能。プリンターの消耗品情報の把握ができ、効率的な印刷管理が可能に。

紙づまりや用紙切れのステータス情報をメールで通知

プリンターの紙づまりや、用紙切れなどの状態を必要なタイミングでメールで通知。常時監視の手間がありません。

定期的なレポートで印刷枚数を徹底管理

印刷履歴を定期的に管理者にレポート。レポートは表示だけでなく、CSVファイルでの保存も可能。レポートを見るだけで状況が分かり、管理工数を削減します。

プリンターの設定をリモートで変更

監視対象のプリンターの設定をリモートで変更できます。監視対象のグループのプリンターに対して一括設定も可能です。

詳しくはこちら

プリンターの複数台導入をサポートする「EpsonNet SetupManager」

プリンターの複数台導入をサポートする「EpsonNet SetupManager」

EpsonNet SetupManagerは、プリンターやスキャナーなどのドライバー配布用インストールパッケージを作成して、機器の一括導入をサポートするソフトウェアです。
プリンターでは、ドライバーの初期設定を変更して配布用パッケージを作成したり、インストール時に印刷ポートも同時に設定が可能です。

詳しくはこちら

PrintDirector

プリンターの使用状況を管理できるOffirio SynergyWare PrintDirector

PrintDirector

ビジネス環境では消耗品の使用頻度、用紙の使用量など、印刷にかかわる継続的なマネージメントも重要なテーマです。
Offirio SynergyWare PrintDirectorを使えば、いつ、誰が、何を、印刷しているのか確認できるとともにユーザーごとの印刷枚数制限も可能。
オフィスのTCO削減に貢献します。

詳しくはこちら

Wi-Fi®無効化

Wi-Fi無効化

管理者権限で無線LANを無効にできます。管理者設定でロックしていれば、無線LANを有効にできないため、ネットワークセキュリティーで無線LANを禁止しているオフィスで安全にご使用いただけます。

SSL/TLS通信

PCからの印刷データをプリントする際に、通信経路を暗号化して送信できます。
SSL/TLS(Secure Sockerts Layer/Transport Layer Security)通信でプリンターにサーバー証明書を設定して、PCとの通信経路を暗号化できます。
なりすましや不正アクセスを防ぎたいときに設定してご使用ください。

IPsec

システム管理者はIPsecを使用して暗号化通信を行えます。IPsecはIPプロトコルのレベルで、セキュアなパケット単位の通信を行います。暗号化されていない上位のプロトコルやアプリケーションがあったとしても通信内容を盗聴されたり、改ざんされたりする危険を抑え、セキュリティーを強化できます。

IPフィルタリング

TCP/IP 通信を使ったアクセスに対して、アクセスを許可するIP アドレスの範囲を指定することによりアクセス制限が可能になります。
例えば、アクセスコントロール範囲を「基本ポリシー:通信を遮断、個別ポリシー:通信を通過、192.168.15.0/24」に設定すると、192.168.15.0ネットワークに参加するパソコンのみアクセス可能になります。個別ポリシーは10個まで設定でき、アクセス可能なIPアドレスを指定することもでき、不正アクセスの脅威を少なくすることが可能です。

IEEE802.1X

IEEE 802.1X認証に対応しているLANネットワークにおいては、パソコンやプリンターをハブやルーターに接続しても、CA署名証明書やID/パスワードにより正しい機器である事が認証されない限り、LANには参加できません。登録機器以外の接続を未然に防止し、ネットワーク環境のセキュリティーを高めます。
また、WPA2エンタープライズに対応したことで、無線接続においてもIEEE802.1x環境で利用できるため、企業などの大規模無線ネットワーク環境においてもセキュアな通信が可能です。

SNMPv3

SNMP(Simple Network Management Protocol)はネットワーク機器の監視や制御を行うために、ネットワーク機器の印刷総枚数やエラーなどの情報を収集するためのプロトコルです。ネットワーク機器の構成内容が記述されたMIB(Management Information Base)から情報を取得し、サービスの稼働状況を監視することなど機器の運用に役立てられます。 SNMP v3には、ユーザー認証機能やデータ暗号化機能などが組み込まれおり、お客様のデータやネットワーク機器の情報を守ります。