機器管理/セキュリティー

導入サポート

リモート設定ツール「EpsonNet Config SE」で設定作業を効率的に

リモート設定ツール「EpsonNet Config SE」で設定作業を効率的に

「EpsonNet Config SE」はネットワーク上のプリンターや複合機などを検出し、それぞれの機器が持つ機能を設定/変更できるソフトウェアです。
管理者がPCからリモート設定できるため、作業を工数を軽減できます。さらに、PCにインストール不要のボータブル版もご用意していますので、ご利用目的に合わせてお選びいただけます。

Epson機種共通ビジネスドライバー

Epson機種共通ビジネスドライバー 印刷設定

プリンターの機種に依存することなく、共通で利用できるプリンタードライバーです。機種別にドライバーをインストールする必要はありません。対象機種であればビジネスインクジェットプリンター、ページプリンターを1つのプリンタードライバーで印刷できます。

機能詳細・無償ダウンロードはこちら

Epson機種共通ビジネスドライバー
制限事項
・機能については、概ね互換性を持たせていますが、機能毎に可能な機能やオプション構成など制限が生じることがあります。
・接続プリンターやポートを手動で切り替えた場合、印刷前に一度能力情報の取得が必要になります。
・プリンター情報をリモートで確認するソフトウェア(ステータスモニタ、プリンターウィンドウ)はご利用になれません。

プリンターの複数台導入をサポートする「EpsonNet SetupManager」

プリンターの複数台導入をサポートする「EpsonNet SetupManager」

「EpsonNet SetupManager」は、プリンターやスキャナーなどのドライバー配布用インストールパッケージを作成して、機器の一括導入をサポートするソフトウェアです。
プリンターでは、ドライバーの初期設定を変更して配布用パッケージを作成したり、インストール時に印刷ポートも同時に設定が可能です。

詳しくはこちら

管理

Web Config

URLにIPアドレスを入力するだけで、Webブラウザーからプリンターにアクセス可能。
プリント設定、ネットワーク設定、利用者制限、管理者パスワードなどの設定確認や変更が行えます。

Web Config Web Config

(注)画像はPX-S380。
(注)Web Config画面一例。

Epson Device Admin

ネットワーク環境にあるエプソン製品の管理・設定ができるソフトウェアです。離れた支店なども含め、社内のプリンターを一元管理できます。

詳しくはこちら

Epson Device Admin

印刷管理

印刷管理ソフトウェア Offirio Synergy Ware

ビジネス環境では、消耗品の使用頻度、用紙の使用量など、印刷に関わる継続的なマネージメントも重要なテーマです。エプソンのプリンターはネットワーク上で効率的にプリンター管理でき、TCOの削減を実現します。

詳しくはこちら

出力の管理

いつ、誰が、何を、印刷しているのか確認できるとともにユーザーごとの印刷枚数制限を実現します。

機器の管理

ネットワーク上のプリンターを管理し、業務内容に応じた最適なプリンターの配置を実現します。

レポートの出力

消耗品履歴や印刷枚数など、グラフを作成することが可能です。

グラフを見るだけで状況が分かり、管理工数を大幅に削減できます。

セキュリティー

Wi-Fi®無効化

管理者権限で無線LANを無効にできます。管理者設定でロックしていれば、無線LANを有効にできないため、ネットワークセキュリティーで無線LANを禁止しているオフィスで安全にご使用いただけます。

Wi-Fi®無効化

IP sec

プリンターをネットワーク環境で使用する場合は、送受信する印刷データへのセキュリティー対策が重要です。IPパケット単位(ネットワーク層)で暗号化通信を行うIP secに標準で対応しているので、ネットワークの通信経路におけるセキュリティーを高め、データの盗聴/改ざんなどの行為を防止できます。

(注)初期設定は無効。

IEEE802.1Xに対応

IEEE 802.1X認証に対応しているLANネットワークにおいては、パソコンやプリンターをハブやルーターに接続しても、CA署名証明書やID/パスワードにより正しい機器である事が認証されない限り、LANには参加できません。
登録機器以外の接続を未然に防止し、ネットワーク環境のセキュリティーを高めます。

(注)初期設定は無効。

SSL/TLS通信

PCからの印刷データをプリントする際に、通信経路を暗号化して送信できます。
SSL/TLS(Secure Sockerts Layer/Transport Layer Security)通信でプリンターにサーバー証明書を設定して、PCとの通信経路を暗号化できます。
なりすましや不正アクセスを防ぎたいときに設定してご使用ください。

SSL/TLS通信

SNMPv3

SNMP(Simple Network Management Protocol)はネットワーク機器の監視や制御を行うために、ネットワーク機器の印刷総枚数やエラー等の情報を収集するためのプロトコルです。ネットワーク機器の構成内容が記述されたMIB(Management Information Base)から情報を取得し、サービスの稼働状況を監視することなど機器の運用に役立てられます。SNMPv3には、ユーザー認証機能やデータ暗号化機能などが組み込まれおり、お客様のデータやネットワーク機器の情報を守れます。


  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • A3複合機
  • A4複合機
  • A3プリンター
  • A4プリンター
  • モバイルプリンター