LP-S8160PSの特長

オフセット印刷機のCMYKシミュレーションが可能

「SWOP」「Euroscale」「JMPA」「Japan Color 2001」の4つのCMYKシミュレーションが可能なので、オフセット印刷機での印刷結果をあらかじめイメージしやすくなります。

EPSON Profile Managerを使用したカスタムプロファイルの登録が可能

オフセット印刷機で印刷するCMYK色のシミュレート以外に、自分で作成したカスタムプロファイルが登録可能なので、より精細なカラーマネジメントが実現します。

(注) カスタムプロファイルを登録するには、オプションの増設ストレージ(型番:LPCF16G)が必要です。

ファイルをドラッグ&ドロップするだけでアプリケーションを起動せずに印刷が可能

添付のユーティリティー「EPSON PS Folder(注1)」を使用して、あらかじめ登録したフォルダにファイル(注2)をドラッグ&ドロップするだけで印刷が可能。アプリケーションを起動する手間が省けます。

(注1) 対応OSはWindows® 7/Windows Vista®/Windows® 2000/Windows® XP、Mac OS X 10.3.9以降のみ対応。
(注2) PostScript®、EPS、TIFF、JPEG、PDF Ver1.6(Adobe® Acrobat®7.0相当)まで対応。

RGBシミュレーション機能

RGB色空間をCMYK印刷でシミュレートする場合に、補正するRGB色をAdobe® RGB、sRGB、EPSON Printer RGBから選択できます。
また、EPSON Profile Managerを使用することで、カスタムプロファイルで定義したRGB色の補正が可能です。

CMYK墨版保持印刷機能

カラーデータ中の黒の印刷方法を、CMYK4色のコンポジットまたはKトナーのみの切り替えが可能です。

日本語2書体・欧文136書体を標準搭載

平成明朝と平成角ゴシックの日本語2書体(注1)、欧文136書体のフォントを標準で搭載しました。

(注1) 和文書体のスクリーンフォントは添付されていません。

クロスプラットフォーム・マルチクライアントネットワークを標準装備

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tに対応したマルチプロトコルEthernet I/Fカードを標準搭載し、さらに次世代プロトコルのIPv6ネットワークに標準で対応。クロスプラットフォーム・マルチクライアントネットワーク対応で、Windows® 7/Windows Vista®/Windows® XP/Windows® 2000、Mac OS X(注1)、UNIX®ワークステーション(注2)などの異なるOSが混在したネットワーク環境でも、すぐに導入できます。

(注1) Mac OS X 10.4.11以降のみ対応。
(注2) ネットワーク接続でのPostScript®モード時のみ対応。対応OSは、Solaris2.6以降、HP-UX9.0以降

印刷モードの自動切り替えにより、多彩なニーズに対応

PostScript® 3™、ESC/Page、ESC/Pスーパー自動切換えにより、一般ビジネスとPostScript®環境が混在したオフィスにもこの1台で対応します。


  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • A3複合機
  • A4複合機
  • A3プリンター
  • A4プリンター
  • モバイルプリンター