ビジネスをサポートする、充実のファクス機能。

LP-M720Fなら、ファクス送受信もできます。ビジネスで必須の高速送受信スーパーG3に対応しています。

ご注意

  • ■ ISDN回線(TA、アナログポート接続)やADSL回線に接続してご利用の場合、TA、ADSL関連機器側の原因でファクス機能が正常に動作しない場合があります。
    また、TA、スプリッター、スプリッター内蔵ADSLモデムなどに接続された場合、これらの機器が原因でファクス機能が正常に動作しない場合があります。
    機器の接続方法など対応事例をこちらでご確認ください。状況が改善されない場合は、ご加入の回線業者へお問い合わせください。
  • ■ NCC回線やデジタル回線、Fネット、ADSLや光ファイバー等のブロードバンド環境を利用したIP電話接続などには対応していません。

スーパーG3対応の高速送受信

SUPER G3

最高速度33.6kbpsのスーパーG3対応で、送受信時間を短く、通信コストをセーブする高速送受信が可能です。

豊富で多彩な機能

オートドキュメントフィーダーによる連続送信

オートドキュメントフィーダーにより、複数枚の原稿を一度に連続して送信できます。

「宛先表ツール」で宛先編集

LP-M720Fからファクスの宛先表を読み取り、編集できます。変更を行った宛先表はLP-M720Fまたはコンピューターに保存できます。

多彩なダイヤル機能

■短縮ダイヤル
ファクス番号を最大220件登録できます。

■グループダイヤル
複数の宛先に同じ原稿を送信することが多い場合は、宛先グループを作成しておくと便利です。宛先グループは20グループまで作成でき、各グループには短縮ダイヤルの宛先50件まで登録できます。

■オートリダイヤル
送信先のファクス機が通信中などのため接続できないとき、時間をおいてダイヤルを自動でかけ直します。

ファクス/電話の自動受信切り替え

ファクスと電話機を共用しているとき、ファクス/電話の自動受信切り替えが可能。

ファクス転送機能

ファクスで受信した文書を他のファクス機に転送可能。
たとえば、オフィスで受信したファクスを自宅や別のオフィスに転送して内容確認できるので、深夜や休日などの対応が可能になり、便利です。

■転送のみ

受信したファクスを指定した宛先のファクスに転送します。

受信したファクスを指定した宛先のファクスに転送します。

■転送と印刷

受信したファクスを印刷し、指定した宛先のファクスに転送します。

受信したファクスを印刷し、指定した宛先のファクスに転送します。

■メール転送と印刷

受信したファクスを印刷し、指定した宛先に電子メールを転送(注1)します。

受信したファクスを印刷し、指定した宛先に電子メールを転送します。

(注1) 転送可能なファイル形式はTIFF形式のみ。
(注) 転送先は1ヶ所のみ。お客様の環境によっては通信できない場合があります。

  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • A3複合機
  • A4複合機
  • A3プリンター
  • A4プリンター
  • モバイルプリンター