高速性・信頼性・確実性を極めた「MS9400」

高性能ハードウェア

「MS9400」は高耐久設計「SAS HDD」と高速バックアップ「RDX」を採用し、信頼性と確実性を強化したネットワークモデル。

(注1)スタンドアローンモデル『MS5400』もご用意しています。

ネットワーク構成図

ネットワーク構成図

(注)モニターは別売りです。画像はハメコミ合成です。

ハイスペックハードウェア

高度な要求に耐えられるサーバー専用の高性能CPU

intel® Xeon® E3 会計事務所の高度な要求にも耐えられるCPUを搭載。最新のクアッドコアプロセッサー「Intel® Xeon® E3-1230v6 3.50GHz」を採用し、CPUの省電力化・高速化を実現しました。

環境や状況に合わせて最大32GBのメモリー増設に対応

標準8GB 最大32GB 標準で8GB、最大で32GB(8GB×4)のメモリー増設に対応。将来的な会計データ量の増加、リモートアクセス拠点の増大、クライアント台数の増加にも、柔軟に対応できます。

高負荷の処理でも安定。最新のサーバーOS「Windows Server® 2016」

Windows Server® 2016 64bit対応のOSを採用することにより4GB以上のメモリー空間を有効活用できるため、追加の会計システムを入れた場合やデータベースに同時アクセスする台数が増えた場合など、高負荷の処理に対しても安定した動作が可能です。

高耐久設計「SASハードディスク」を搭載

■耐久性向上

24時間連続運転等の長時間の運用、複数のコンピューターからの利用、高い負荷での運用を想定した、「耐久性、信頼性」の高い設計です。

■アクセスの安定化・高速化

10000回転/分の転送速度により、従来の7200回転/分の「SATAハードディスク」よりデータ読み書きの許容量が高く、一度に大量のデータが転送されても処理速度は落ちません。

■RAID1 ホットプラグ採用

万一の障害時も片方の交換のみで復旧が可能です。また、ホットプラグ対応により起動中のハードディスク交換も可能です。

RAID1 ホットプラグ採用
■「RDX」(リムーバブルディスク)の採用によりバックアップの安定化・高速化を実現
[大容量化]

従来のDAT72(テープドライブ)の約3倍量、上限400GBまでの会計データをバックアップすることができます。さらに、標準で2本添付されるため、簡易的な世代管理も可能です。

(注)
ハードディスクのデータドライブサイズも同時に400GBに拡張されています。
[大容量化]
[耐衝撃性]

粘弾性のショックマウントをカートリッジ内に装備。高さ1メートルからの落下でも耐えられるように設計されています。

[高速化]

ハードディスクを内蔵しているため書き込み速度が速く、従来のDAT72(テープドライブ)に比べてバックアップ時間を約90%短縮(注1)しました。

[高速化]
(注1)
当社MS8200(2013年4月発売)のバックアップ時間と比較
(注)
MS8200(2013年4月発売)とMS9400によるEiボードでの「会計データ15.4GB」のバックアップ時間の当社実測値
(注)
前回のバックアップからデータ変更がない場合のバックアップ時間
(注)
RDXは初回のみ一次領域へのバックアップをとるため、DAT72よりも時間がかかる場合があります。
(注)
EiボードVer.17.30使用。

バックアップソリューション

重要な会計データを簡単・確実にバックアップ

3ステップ バックアップ ステップ1 標準機能によるデータ管理 ステップ2 社内のネットワーク環境を利用したバックアップ ステップ3 インターネット環境を利用したバックアップ
ステップ1 標準機能によるデータ管理
[RAID1 構築(ホットプラグ対応)]

ディスク構成に高耐久性の「SAS HDD」を2台使用したRAID1を採用。2台のHDDにデータを同時に記録することにより、片方のHDDが故障した場合でも会計データを失うことがありません。ホットプラグ対応のため、会計業務を止めることなく、ハードディスクを交換することができます。

RAID1 構築イメージ

RAID1 構築イメージ

[「RDX」によるバックアップ]

高速・大容量の「RDX」を搭載し、最大400GBまでのバックアップができます。高速化を実現しているため、短期間によるバックアップ作業を行うことも可能です。

「自動電源OFF」「曜日指定」が可能な自動バックアップ機能

指定時間にバックアップを自動実行し、終了後に自動電源OFFにする「自動電源バックアップ機能」を装備。また、自動バックアップの周期設定に「曜日指定」を追加。「土日を除く月~金曜日の毎日バックアップする」など、より柔軟な周期設定が可能です。

ステップ2 社内のネットワーク環境を利用したバックアップ
社内のネットワーク環境を利用したバックアップ
[ネットワークドライブ(NAS)](注1) 動作確認品

社内のネットワーク環境に、ネットワークドライブを利用することで、簡単・確実に会計データをバックアップすることができます。

[バックアップ作業を軽減]

毎日のデータバックアップに、自動バックアップ機能とネットワークドライブを活用することで、作業の手間と時間を大幅に軽減します。

[世代管理(組管理)によるデータ保管]

15世代までバックアップできるため、例えば前日のデータで入力ミスをして上書きしてしまっても、2日前、3日前のデータに戻って正常なデータに復旧することができます。

(注1)
当社推奨ネットワークハードディスクをご利用ください。ネットワークハードディスクの仕様・価格については、「INTER KX販売特約店」までお問い合わせください。
[世代管理(組管理)によるデータ保管]
ステップ3 インターネット環境を利用したバックアップ
インターネット環境を利用したバックアップ

Weplat バックアップサービス オプション

クラウド型バックアップで大切なデータを国内2ヵ所のデータセンターに保管。地震・火災・落雷などにより電子機器が破損しても、データは安全に保管されます。