パートナー企業

データテクノロジー株式会社

会社紹介

会社名:データテクノロジー株式会社 ( Data Technology, Inc. )

データテクノロジーはマイクロコンピュータを使用して機器の開発を行う国内開発メーカーのエンジニアに対して、ハードウェア/ソフトウェア両面からの開発支援ツールなどを提供する専門会社として1993年9月に設立されました。

2001年には組込開発の総合ブランド「Cente」(セント)を立上げ、μITRON対応の自主開発ソフトウェアモジュール「Centeミドルウェアシリーズ」を中心に、様々な開発環境をご提供すると共に、お客様からのハードウェア/ソフトウェアのカスタム開発委託にも対応できる開発体制も確立し、組込開発に関わる全てのサービスをトータルに提供できる「ワンストップソリューション」を展開しています。

住所:
〒190-0022
東京都立川市錦町1-8-7 立川錦町ビル8F
TEL:
042-523-1177
FAX:
042-523-7070
URL:
http://www.datec.co.jp

データテクノロジー株式会社 ロゴマーク

<問合せ先>

ミドルウェアについて:営業部(sales@cente.jp)

データテクノロジーへのお問い合わせ:sales@datec.co.jp

関連製品

USB・ATAコントローラ(インタフェースIC)

製品情報

Cente FileSystem

Cente USB Driver Series for EPSON

ESPT-USB-IDE

Cente FileSystem

製品名:

Cente FileSystem

製品概要:

Cente FileSystem

-組込み機器開発専用の FAT互換ファイルシステム
-RTOS無しでも使用可能
-FAT12/16/32/VFAT(ロングファイル名)に対応
-階層ディレクトリをサポート
-ANSI準拠のファイル入出力関数およびPOSIX準拠のディレクトリ操作関数
-FATキャッシュの自動保存機能により安全性を強化
-遅延書込機能によるアプリケーション処理の効率化(RTOSが必要)
-メモリカードの活線挿抜でFATを保護するメタデータ保護機能を搭載
-チェックディスク機能を搭載
-物理フォーマット機能(開発予定)
-PCMCIA/CFコントローラドライバサンプルを付属
-ATAドライバサンプルを付属

Cente Compact FileSystem

-組込み機器開発専用の FAT互換ファイルシステム
-RTOS無しでも使用可能
-FAT12/16/32/VFAT(ロングファイル名)に対応
-階層ディレクトリをサポート
-ANSI準拠のファイル入出力関数およびPOSIX準拠のディレクトリ操作関数
-FATキャッシュの自動保存機能により安全性を強化
-遅延書込機能によるアプリケーション処理の効率化(RTOSが必要)
-物理フォーマット機能(開発予定)
-PCMCIA/CFコントローラドライバサンプルを付属

Cente Security FileSystem

-組込みファイルシステムの暗号/復号が可能
-各種メモリデバイス(CF,SD,NANDフラッシュメモリ等)上のデータを暗号化
-セキュリティを重要視した組込みシステム環境に最適
-FATの不正アクセスや記録データの改竄(かいざん)を防止
-OpenSSLライブラリを使用
-暗号アルゴリズムとしてDES,3DES,AESに対応
-ハードウェア暗号エンジンにも対応可
-共通鍵&ブロック暗号方式に対応
-PC上での暗号・復号ツール(Windowsアプリ)を付属
※本商品はCente FileSystemとファイルシステム暗号モジュール(Encrypting FileSystem)をセットにしたものです。

Cente USB Driver Series for EPSON

製品名:

Cente USB Driver Series for EPSON

製品概要:

商品はデバイスドライバ部とクラスドライバ部に別れており、どちらもソースコードで提供しております。
同時に評価ボード上で動作するBSPも準備しておりますので、こちらを参考頂き、速やかに開発を着手頂けます。

商品一覧:

【USB マスストレージクラス】

Cente USB2.0 Host Mass Storage for EPSON

-組込み機器上で「USBホスト機能」を実現可能
-市販USBメモリの使用でUSBファイルシステムを実現可(要Cente FileSystem)
-通信方式:コントロール転送,バルク転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

+クラスコード...0x08(MSC:MassStorageClass)
+サブクラスコード...0x06(SCSI transparent command set)
+プロトコルコード...0x50(BOT:Bulk Only Transport)

-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開
-ファイルシステムに対してセクタリード、セクタライトのAPIを提供
-ファイルリード/ライトサンプルアプリケーションを標準付属

Cente USB2.0 Device Mass Storage for EPSON

-組込み機器上で「USBデバイス機能」を実現可能
-USBホスト機器(PC等)からUSBでの組込み機器内メモリアクセスが可能
-通信方式:コントロール転送,バルク転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

+クラスコード...0x08(MSC:MassStorageClass)
+サブクラスコード...0x06(SCSI transparent command set)
+プロトコルコード...0x50(BOT:Bulk Only Transport)

-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開

【USB COMクラス】

Cente USB2.0 Host Com Class for EPSON

-組込み機器上で「USBホスト機能」を実現可能
-USBインタフェース上で「非同期シリアル通信機能(RS232C相当)」を実現
-組込み機器から市販のUSBモデム(PHS,FOMA等)機器の制御が可能
-シリアル送受信API/信号線制御APIを提供
-通信方式:コントロール転送,バルク転送,インタラプト転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

+クラスコード...0x02(CDC:Comunication Device Class)
+サブクラスコード...0x02(ACM:Abstract Control Model)
+プロトコルコード...0x00(NO Class Specific protocol required)

-上記のデバイスクラスコードの他にProlific社PL2303,PL2303Xに対応
-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開
-シリアルループバック動作サンプルアプリケーションを標準付属

Cente USB2.0 Device Com Class for EPSON

-組込み機器上で「USBデバイス機能」を実現可能
-USBインタフェース上で「非同期シリアル通信機能(RS232C相当)」を実現
-USBホスト機器(PC等)からRS232Cシリアルレベルでの組込み機器制御が可能
-シリアル送受信API/信号線制御APIを提供
-通信方式:コントロール転送,バルク転送,インタラプト転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

+クラスコード...0x02(CDC:Comunication Device Class)
+サブクラスコード...0x02(ACM:Abstract Control Model)
+プロトコルコード...0x01(Direct Line Control Model)

-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開
-Windows用のサンプルINFファイルを標準付属
-Windows標準ドライバ「usbser.sys」が利用可能
-シリアルループバック動作サンプルアプリケーションを標準付属

【USB イーサネットクラス】

Cente USB2.0 Host Ethernet Class for EPSON 【開発中】

-組込み機器上で「USBホスト機能」を実現可能
-USB Ethernet アダプタ接続によるLANポートの拡張が可能
-通信方式:コントロール転送,バルク転送,インタラプト転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

+クラスコード...0x02(CDC:Comunication Device Class)
+サブクラスコード...0x06(ACM:Abstract Control Model)
+プロトコルコード...0x00(NO Class Specific protocol required)

-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開

Cente USB2.0 Device Ethernet Class for EPSON

-組込み機器上で「USBデバイス機能」を実現可能
-USBインタフェース上でEthernet通信が可能
-PCのUSBインタフェースからTCP/IPアプリケーションの操作が可能
-通信方式:コントロール転送,バルク転送,インタラプト転送をサポート
-以下のデバイスクラスコードをサポート

for Windows(RNDIS)
+クラスコード...0x02(CDC:Comunication Device Class)
+サブクラスコード...0x02(ACM:Abstract Control Model)
+プロトコルコード...0xFF(Vendor-Specific)
for MacOS-X(CDC-ECM)
+クラスコード...0x02(CDC:Comunication Device Class)
+サブクラスコード...0x06(ECM:Ethernet networking Control Model)
+プロトコルコード...0x00(NO Class specific protcol required)

-USBケーブルの挿抜検出イベントに対応
-クラスドライバ開発のためのAPIを公開
-Windows用のサンプルINFファイルを標準付属
-WindowsではMicrosoft社が配布するRNDISドライバ
「rndismpy.sys」「usb8023y.sys」が利用可能

※MacOS-X(10.3以降)はCDC-ECMホストドライバをサポート

-USBデバイスドライバでMACアドレスを割付け
-Cente TCP/IPv4と組み合わせて使用するためのサンプル環境を付属

CenteミドルウェアではESPT2ボード(SH7710搭載)とESPT-USB-IDEボード(S2R72C05搭載)を使用したBSPを準備しております。S1R72V05、S1R72V17、S1R72V18を使用される場合は別途、お問い合わせ下さい。

Hub,Audio,HID(いずれもHost)の開発を予定しております。これらのClassをご検討の際には別途お問い合わせ下さい。

ESPT-USB-IDE

ESPT-USB-IDE

製品名:

ESPT-USB-IDE

製品概要:

【組込みUSB2.0開発プラットフォーム】

ESPT-USB-IDEは、 ESPTシリーズの拡張ボードです。USBコントローラにセイコーエプソン社製S2R72C05を採用し、ESPT*1、ESPT2*2等のCPUボードと組み合わせることで、USB2.0準拠のインターフェースを実現できます。
拡張ボードとして、同時に最大4枚の使用が可能です。同一基板上にAタイプレセプタクルとBタイプレセプタクル、2.5インチIDEコネクタを実装しており、S2R72C05の全ての機能を使用出来ます。もちろん、USBホスト機能とデバイス機能を同時に要求するシステムにも対応できます。
ESPT、ESPT2のシリアルI/O機能、イーサネット機能と組み合わせることで、USB-シリアル変換、USB-イーサネット変換等の開発が可能になります。

【評価時のCPUを選択可能】

ESPT-USB-IDEは、ESPT(SH2-DSP)、ESPT2(SH3-DSP)に標準搭載されている拡張コネクタにスタック接続するだけで、ハードウェア的な接続ができます。
CPUの選択が可能で、開発ターゲットに近い環境で評価ができます。

【開発環境USB2.0開発セットを提供】

ESPT、ESPT2と組み合わせてUSB機能を実現するために必要な、「USBドライバパッケージ、Cente USB2.0 Host Mass Storage for EPSON/Cente USB2.0 Device Mass Storage for EPSON」、「組込みOS、NORTi ProfessionalⅡ」、「統合開発環境、HEW4」を同梱した、「ESPT-USB開発セット」を提供します。すぐに使えるプラットフォームとして、製品開発をスタートアップから強力にサポートします。

*1 ESPT (SH7615/SH2-DSP搭載)
イーサネット:1ch
非同期シリアル:1ch
接点入力/出力:8ch/8ch

*2 ESPT2 (SH7710/SH3-DSP搭載)
イーサネット:2ch
CF I/F:1ch
非同期シリアル:1ch
接点入力/出力:4ch/4ch