ニュースリリース
2019年10月1日
セイコーエプソン株式会社

タイムスタンプ機能付き、小型リアルタイムクロックモジュールを開発

- 時計機能を必要とする小型電子機器からFA機器まで幅広く対応 -


『RX8111CE』

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、このたび、リアルタイムクロックモジュール*1の新ラインアップとして、3.2×2.5×1.0mmサイズの小型パッケージ品にタイムスタンプ機能を備えた『RX8111CE』、『RX4111CE』を開発しました。両製品のサンプル出荷は、『RX8111CE』が2019年11月、『RX4111CE』は2019年12月を予定しています。また、量産開始は2020年3月を見込んでいます。

近年、電子機器の集積化や小型化の加速、お客様の環境負荷低減の意識向上も背景に、さまざまな市場においてデバイスの低消費電流化・幅広い動作温度範囲・高信頼性への要望が高まっています。エプソンのリアルタイムクロックモジュールは、時刻情報バックアップが必要とされる各種機器にご採用いただき、多くのお客様にご好評いただいております。

新製品は、当社従来品「RX8130CE」の特長である、小型、32.768kHz振動子内蔵(調整済)、バックアップ電源自動切替機能に加えて、機能面で新たにタイムスタンプ機能を加えました。本機能はイベント発生時に時刻情報を保持する機能で、例えばシステムのソフトウェアアップデート時刻や、電池交換した時刻、または異常アラート発生時刻などにご利用いただけます。本タイムスタンプ情報は、バックアップ電源切替え駆動時でも保持し、堅牢性の高いシステム構築に寄与いたします。

新製品の消費電流は、従来品「RX8130CE」の300nAからその3分の1の100nAへと大幅に削減し、これにより従来よりも小型で安価な2次電池やキャパシタも使用ができるようになりました。また、従来のI2C-Bus*2インターフェースに加えSPI-Busインターフェースもご用意しています。

  1. *1:リアルタイムクロックモジュール

    時計・カレンダー機能などを持ったリアルタイムクロックICと32.768kHz水晶振動子を一つのパッケージに内蔵した製品。これにより、発振回路設計、時計精度調整が不要になるとともに、お客様における回路基板のスペース効率を向上できるメリットがあります。

  2. *2:I2C-Busは、NXP Semiconductorsの商標です。

【アプリケーション】

本製品は、FA機器、OA機器、ハンディターミナル、セキュリティ機器、その他の小型電子機器などに最適です。

【関連リンク】

製品の詳細情報は、下記ウェブページをご参照ください。

ウェブサイト URL:https://www5.epsondevice.com/ja/

【お客様のお問い合わせ窓口】

セイコーエプソン株式会社 営業本部 デバイス営業部 電話:042-587-5315(直)

ウェブサイト URL:https://www5.epsondevice.com/ja/contact/direct.html

【本製品の概仕様】

型番 『RX8111CE』 『RX4111CE』
インターフェース方式 I2C-Bus SPI-Bus
インターフェース電圧範囲 1.6V~5.5V
計時(保持)電圧範囲 1.1V~5.5V
バックアップ時消費電流 100nA(Typ.)/3V時
周波数偏差 B精度±23×10-6(月差±1分相当)、
A精度±11.5×10-6(月差±30秒相当)、

*条件:温度 25℃ VDD=3.0V

各種機能
  • 電源切替回路内蔵
  • タイムスタンプ機能:1/256秒~年桁までを記録 最大8回
  • ウェイクアップタイマー機能:244.14µs~32年
外形寸法 3.2×2.5×1.0 t(Max.)mm

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。