ニュースリリース
2018年11月15日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

可搬重量10kgに対応した産業用スカラロボット『LS10』の受注開始

- 産業用スカラロボット「LSシリーズ」のラインアップ拡充 -

製品ページ

エプソンは、産業用スカラロボット(水平多関節ロボット)「LSシリーズ」の新商品として、可搬重量10kgに対応した『LS10』を2018年11月15日より日本国内での受注を開始します。


産業用スカラロボット『LS10』

産業用スカラロボット「LSシリーズ」は、シンプルな組み立て作業や搬送工程などに適しています。また、利便性の高い専用コントローラーにより、ロボット動作の設定や、管理が簡単に行えます。

「LSシリーズ」は、現在発売中の可搬重量3kg対応「LS3」、6kg対応「LS6」、20kg対応「LS20」に『LS10』を加え、ラインアップを充実しました。

新商品は、複雑なハンドでの高可搬対応も可能で、電気・電子部品や自動車部品メーカーなどでの部品の搬送や組み立て用途としてご利用いただけます。また、アーム長は600mm・700mm・800mm、Z軸長は200mm・300mmの各モデルをご用意し、作業スペースや用途に応じてお選びいただけます。

【新商品の主な特長】

■モーターユニットのバッテリーレス化を実現

モーターユニットのバッテリーレス化を実現しました。従来の「LSシリーズ」は、モーターの原点位置情報を記憶するため、バッテリーを使用していましたが、今回バッテリーレス化により、メンテナンス時間や装置のダウンタイムが減少でき、バッテリー交換費用も不要になります。

■LANポートの追加とM/Cケーブル*着脱の簡素化などにより使い勝手を向上

ロボット本体に搭載されているユーザープレートに、カメラケーブルを接続できるLANポートを配置し、モバイルカメラの設置性を改善しました。さらに、M/Cケーブルはロボット本体とは固定の爪付のコネクターで、M/Cケーブルを固定する板金はつまみねじで固定されているため、工具なしで着脱ができ、ロボットの設置・交換が簡単に行えます。

*ロボットとコントローラー間を接続するケーブル

また、今回『LS10』用に、新たにロボット専用コントローラーとして『RC90-B』をご用意し、さらに利便性を向上しました。

エプソンは、長年ロボットを開発・販売し、自社の製造工場でも使用してきた実績とノウハウを生かし、さまざまな自動化ニーズに応えたロボットと、高度な作業に対応したソリューションの提供により、「ものづくり」を革新し、小型精密ロボット分野におけるリーディング企業をめざしていきます。

【価格・受注開始日について】

新商品の価格と受注開始日については、以下の通りです。

型番 可搬重量 アーム長 Z軸長 環境仕様* 標準価格(税抜) 受注開始日
LS10-B602S 10kg 600mm 200mm 標準 135万円~ 2018年
11月15日
LS10-B603S 300mm
LS10-B702S 700mm 200mm
LS10-B703S 300mm
LS10-B802S 800mm 200mm
LS10-B803S 300mm

*クリーン仕様(クラス:ISO 4)もラインアップしています。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。