ニュースリリース
2018年9月18日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

クラス最小・最軽量A4モバイルスキャナー3モデルと新アプリケーション『Epson ScanSmart』新登場

- コピーをするような手軽さでスキャンできる新アプリケーション『Epson ScanSmart』との組み合わせでスキャン作業を快適に -

※:国内A4モバイルスキャナーにおいて。2018年9月18日現在、エプソン調べ。
サイズ(W×D×H)272mm×47mm×33.8mm、最軽量はES-50。質量約270g。


『ES-50』
(USB対応モデル)


『ES-60WB』ブラック
(Wi-Fi®・USB対応、バッテリー搭載モデル)


『ES-60WW』ホワイト
(Wi-Fi®・USB対応、バッテリー搭載モデル)

製品ページ

エプソンは、A4モバイルスキャナーの新商品としてクラス最小・最軽量※1の『ES-50』、『ES-60WB』(ブラック)、『ES-60WW』(ホワイト)の3モデルを、2018年10月5日より発売します。さらに、コピーするような手軽さでスキャン操作ができるPC用のスキャナー新アプリケーション『Epson ScanSmart』を10月1日より無料で提供開始します。

スキャナー新商品は、本体サイズが272mm×47mm×33.8mmのクラス最小※2のコンパクトサイズを実現。ご自宅のリビングや書斎に置いても場所を取りません。使用しない時は、机の引き出しなどに収納可能です。ご家庭では、レシートや学校からのお知らせ文書など、たまった文書をデータ化することで、すっきりした生活空間を保つことができます。さらに、手書きの絵・手紙などの思い出が詰まった用紙も、スキャンしてデータ化することで、色あせることがありません。ビジネス用途では、医療機関・店舗のカウンター、ショールームの受付など限られたスペースへの設置が可能です。医療機関での保険証のスキャン、店舗での売上報告用のジャーナル用紙のスキャンなど業務用途としてご利用いただけます。

さらに、質量300g以下と軽量なため、外出先へも楽に持ち運びできます。また、『ES-60WB/WW』は、バッテリーを搭載しているため、大切な書類・レポート資料などを外出先でスキャンして会社に送信するなど、素早い対応が可能です。

読取速度は、『ES-50』が5.5秒/※3、『ES-60WB/WW』が4秒/※3の高速スキャンを実現し、スキャン作業の効率化にも貢献します。

また、新たにPC用のスキャナーアプリケーションとして『Epson ScanSmart』をご用意しました。文書や領収書などをコピーするような手軽さでスキャンし、3ステップで保存・送信・印刷までが簡単にできます。

<ES-50/ES-60WB/ES-60WWの主な特長>

■限られたスペースへの設置や、持ち運びに便利なクラス最小・最軽量※1のコンパクト設計

本体サイズは全モデル272mm×47mm×33.8mm、本体重量は『ES-50』は約270g、『ES-60WB/WW』は約300gを実現しました。『ES-50』は従来機「DS-30」との体積比約14%減、重量比は約17%減、『ES-60WB/WW』は従来機「DS-40」との体積比約51%減、重量比は約42%減となり、PCと一緒でも楽に持ち運びいただけます。

従来機「DS-30」
質量:約325g

体積比:約14%減
重量比:約17%減

『ES-50』
質量:約270g

従来機「DS-40」
質量:約515g

体積比:約51%減
重量比:約42%減

『ES-60WB』
質量:約300g


<鞄にすっきり収納>


<使用しない時は引き出しに収納>

■高速スキャンでスキャン作業の効率化に貢献

読取速度は、『ES-50』が5.5秒/※3、『ES-60WB/WW』が4秒/※3の高速スキャンを実現。外出先での対応や、医療機関・店舗カウンター業務など書類をお預かりしてスキャンする場合でも、お客様をお待たせすることなく素早い対応が可能です。

■使いやすさを追求した機能搭載(『ES-60WB/WW』のみ)

PC・スマートフォン・タブレット端末とWi-Fi®を接続してご利用いただけます。本体のWi-Fi®接続スイッチをスライドするだけで、Wi-Fi®とUSBを切り替えることができます。

さらに、リチウムバッテリーを搭載し、フル充電でA4サイズ原稿を約300枚スキャンできるため、スキャン枚数が1日60枚以下の場合は、1週間充電不要です。(稼働日5日の場合)

また、本体にコントラストの高い液晶パネルを採用し、充電状況やWi-Fi®の接続状況をアイコンで表示することで、スキャナーの状態が一目でわかります。


<Wi-Fi®接続スイッチ>

<『ES-60WB/WW』の液晶パネル>

<新アプリケーション『Epson ScanSmart』の主な特長>

『Epson ScanSmart』は、スキャンからデータ保存までを手間なく行いたいというお客様のご要望にお応えしたスキャナーの新アプリケーションです。スキャナー本体のスキャンボタンを押すだけで、PC画面上にアプリケーションが立ち上がり、スキャンを開始します。スキャンしたデータの保存先や転送先の選択は、操作内容がわかるアイコンデザインになっているため、迷うことなく操作ができます。個人からビジネスまで幅広い用途でご利用いただけます。

(1)コピーと同じように原稿をセットして
ボタンを押すだけ

(2)スキャンした画像を
確認して

(3)データの保存先や転送先を
選択して完了

<スキャン操作フロー>

『Epson ScanSmart』の対応機種

対応機種 提供方法 提供開始日
ES-50、ES-60WB、ES-60WW CD本体同梱 2018年10月5日
DS-310、DS-360W、DS-530、DS-570W ダウンロード提供 2018年10月1日

エプソンのホームページ「サポート&ダウンロード」のページより、無料でダウンロードできます。ダウンロードの際に、スキャナー本体のシリアルナンバー入力が必要です。

<販売目標台数>

新商品を含めたシートフィードスキャナー全体の販売台数は、今後1年間で25,000台を予定しています。

<価格と発売日について>

新商品の価格と発売日は以下の通りです。

商品名 本体カラー 仕様 標準価格
(税抜)
参考価格
(税抜)
発売日
ES-50 ブラック USB対応 オープンプライス 14,980円 2018年10月5日
ES-60WB ブラック Wi-Fi®USB対応/バッテリー搭載 19,980円
ES-60WW ホワイト

上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予定価格(2018年9月18日現在)であり、各販売店の販売価格を指示・拘束するものではありません。 各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

  1. ※1:国内A4モバイルスキャナーにおいて。2018年9月18日現在、エプソン調べ。
    サイズ272mm×47mm×33.8mm、最軽量はES-50。質量約270g。
  2. ※2:国内A4モバイルスキャナーにおいて。2018年9月18日現在、エプソン調べ。サイズ272mm×47mm×33.8mm。
  3. ※3:読み取り速度はエプソン自社基準測定値(使用環境・方法によって異なります)。ES-60WB・ES-60WWはバッテリー使用時。読み取り速度測定条件はwww.epson.jp/products/scanner/sokudo_jyouken.htmをご覧ください。

(注)Wi-Fiは、Wi-Fi Alliance の登録商標です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。