ニュースリリース
2016年10月25日
セイコーエプソン株式会社

「第54回技能五輪全国大会」5職種で当社社員7名が入賞 うち3職種で金賞を受賞

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市 社長:碓井 稔、以下エプソン)は、10月21日から24日まで山形県の総合運動公園を主会場に開催された「第54回技能五輪全国大会」において、以下の5職種で当社社員7名が入賞したことをお知らせします。

■精密機器組立て職種

銅賞 ものづくり塾 井上 優太(いのうえ ゆうた)
銅賞 機器生産技術開発部 松本 伊吹(まつもと いぶき)

■抜き型職種

金賞 ものづくり塾 宮坂 逸仁(みやさか はやと)

■電子機器組立て職種

敢闘賞 ものづくり塾 上川 直輝(かみかわ なおき)

■ウェブデザイン職種

金賞 情報化推進部 佐野 梓(さの あずさ)

■時計修理職種

金賞 W(ウオッチ)生産部 澁井 智行(しぶい ともゆき)
銀賞 W生産部 平谷 朱菜(ひらや あやな)

なお「第54回技能五輪全国大会」は技能五輪国際大会出場選手の選考を兼ねており、金賞を受賞した宮坂と佐野は、2017年10月にアラブ首長国連邦で開催される「第44回技能五輪国際大会」の出場権を獲得しました

技能五輪全国大会は、各都道府県職業能力開発協会などを通じて選抜された者(原則23歳以下)が技能レベルの日本一を競う技能競技大会です。今回の第54回大会では、約1300名の参加者が41職種において難しい課題に取り組みました。

エプソンはこの技能五輪全国大会に1971年から参加しています。ものづくり企業であるエプソンにとって、継承しなければならない高度な技能を熟練技能者から次世代の若手技能者へ受け継いでいくための施策の一環です。若手技能者は、大会出場に向けた日々の訓練や業務を通じて技能習得・向上に努めています。

今後もエプソンは、重要な技能を継承し、世の中になくてはならない会社としてお客様に感動していただける製品・サービスをお届けし続けてまいります。

※現在、時計修理職種の技能五輪国際大会は行われていません。

■関連情報

技能五輪全国大会の詳細は、以下ホームページ(中央職業能力開発協会)をご参照ください。

http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/index.html

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。