ニュースリリース
2016年9月30日
セイコーエプソン株式会社

エプソンのプロジェクターとプリンターが「2016年度グッドデザイン賞」を受賞


EB-L25000U


EP-879AW


SureColor SC-P20050X

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、プロジェクター1種とプリンター2種、計3つのデザインにおいて、暮らしや社会を豊かに導くデザインに対して与えられる「2016年度グッドデザイン賞」を受賞しました。受賞商品と審査員の評価コメントは以下のとおりです。

■ビジネスプロジェクター EB-L25000U

大展示場、コンサートホール、屋外サイネージ向けなどで使用される高光束/高解像度プロジェクター。レーザー光源を採用した3LCDプロジェクターとして、25,000lmの明るさに加え、約20,000時間メンテナンスフリーという高い信頼性を実現しました。

http://www.epson.jp/products/bizprojector/ebl25000u/

【審査員の評価コメント】

イベント会場など過酷な環境で使用される大型プロジェクターには、使用環境に耐える堅牢性と安全性、プロが求める使い勝手と信頼性、設置の自由度が求められる。そのような課題に対し真摯に向き合い、ひとつひとつ解決していった点を高く評価した。特にハンドルフレームを最初から準備した点は、設置の安全性と効率性が格段にアップすると考えられる。実際に使用するユーザーの視点に立ち、考え抜いたデザインである。

■カラリオプリンター EP-879AW/AB/AR

これまで以上にコンパクトでスッキリとした見た目で、どこにでも置きやすくさまざまなインテリアに調和するスキャナー付インクジェットプリンターです。見やすい画面や快適な操作性とともに、充実した動画ガイダンスやヘルプ機能で機械が苦手な方や家族みんなが安心してお使いいただけます。また、高画質な写真印刷はもちろん、本体に内蔵されたさまざまな柄のデータ(デザインペーパー)をプレゼント用のラッピングや家族のイベントの飾りつけに活用するなど、暮らしを楽しく豊かにします。

http://www.epson.jp/products/colorio/ep879a/

【審査員の評価コメント】

インテリアとの調和や使いやすさをデザインテーマにしたスキャナー付インクジェットプリンター。シンプルな形態、モダン家具のような色彩、背面の配線部の処理など、インテリアと融合するように細部に渡って妥協のない繊細なデザインが施されている。

■大判プリンター SureColor SC-P20050X/PS

サイン、ディスプレイからPOP、ポスター、写真プリントまで幅広い用途に適した大判インクジェットプリンター。「高画質のまま、もっと高い生産性が欲しい」「ランニングコストは低く抑えたい」「メンテナンスフリーで安定稼働してほしい」「人肌やモノクロ階調のさらなる表現力向上」といったサイン/印刷業のお客様ニーズに応えます。

http://www.epson.jp/products/largeprinter/scp20050/

【審査員の評価コメント】

多用途な大判インクジェットプリンター。派手さはないが、ユーザーニーズに応えて作り上げられている。スピンドルを無くすこと、本体天面での用紙交換が可能なことなど、操作性について細かな気遣いがなされた優れたデザインである。

エプソンは、常にお客様の期待を超える商品をお届けできるように、挑戦を続けています。今後も技術をさらに発展させ、ものづくりの姿勢を大切にしながら、お客様の暮らしを豊かにし、社会全体に貢献できるような商品開発に取り組んでいきます。

参考

■グッドデザイン賞 http://www.g-mark.org/

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来約60年にわたって実施されています。

「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。

■エプソンのデザインについての詳細はこちら:

http://www.epson.jp/technology/design/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。