ニュースリリース
2016年9月28日
セイコーエプソン株式会社

ARM® Cortex®-M0+プロセッサー※1搭載 32ビットマイコン『S1C31D01』サンプル出荷開始

- 世界初※2のメモリー液晶コントローラーを搭載したマイコン。ウエアラブル機器に最適 -


『S1C31D01』(パッケージタイプ:WCSP)画像(左)表面と裏面

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、ARM® Cortex®-M0+プロセッサー※1を搭載した低消費電力32ビットフラッシュメモリー内蔵マイコンの「S1C31」シリーズの新製品として、世界で初めて※2メモリー液晶※3コントローラーを搭載した『S1C31D01』を開発、このたびサンプル出荷を開始しました。

2017年4月に量産出荷を開始し、月産20万個を予定しています。パッケージタイプがWCSP※4のサンプル価格は800円(税別)です。

エプソンは、独自の低消費電力技術を用いたフラッシュメモリー内蔵マイコンでさまざまなモバイル機器への組み込み提案を行ってきました。2015年10月には、ARM® Cortex®-M0+プロセッサーを搭載した「S1C31」シリーズ第1弾製品として「S1C31W74」のサンプル出荷を開始。今回は第2弾の製品となります。『S1C31D01』の最大の特長は、メモリー液晶コントローラーとその電源回路をマイコン内に組み込み、1チップ化した点にあります。

メモリー液晶は、他形式の液晶パネルと比べ低消費電力性能に優れているため、充電を必要としないスマートウオッチなどバッテリー駆動のウエアラブル機器への採用が進んでいます。一方でメモリー液晶は、制御するためのコントローラーに加え、複数電圧の電源を必要とするものや、パラレルの画像インターフェースを持つものもあり、採用するためには外付けの部品を準備したり、ソフトウエア開発の負荷が増加したりすることが課題となっていました。

これらの課題に対応するため、エプソンではメモリー液晶コントローラーに加え、任意に2つの電圧を出力できるメモリー液晶専用の電源回路と6ビットのパラレルインターフェース回路を新規開発、『S1C31D01』に搭載しました。これにより、外付け部品やインターフェース系のソフトウエア開発が不要となることから、お客様の製品の小型化や工数の削減に貢献します。

また、フラッシュメモリー、リアルタイムクロック(RTC)、USBコントローラー、A/D変換器などの周辺回路も搭載し、RTCモードでの消費電流は0.9µA※5です。『S1C31D01』とメモリー液晶との組み合わせによって、ウエアラブル機器などの電池寿命を延ばすことが期待できます。

今後もエプソンは、省エネルギー、小型化、高精度を実現する「省・小・精の技術」により、お客様の製品のさらなる性能向上に貢献してまいります。

■本製品の概仕様

製品型番 S1C31D01
CPUコア 32ビットRISCプロセッサー ARM® Cortex®-M0+
フラッシュメモリー容量 256Kバイト
RAM容量 96Kバイト
命令キャッシュメモリー 512バイト
動作電圧 動作保証電圧範囲:1.8~5.5V
消費電流 Sleepモード(RTC ON):0.9µA(標準値)
動作時:250µA/MHz(標準値)
電源電圧検出回路 VDD:28値(1.8~5.0V) / 外部電圧:32値(1.2~5.0V)
メモリー液晶コントローラー パネルインタ-フェース
  • 6ビットカラーパラレル
  • 1ビット白黒 SPIインターフェース + COM信号
  • 3ビットカラー SPIインターフェース + COM信号
画像回転機能:フレームバッファの画像を回転してパネルに転送可能(0、90、180、270°)
メモリー液晶用電源生成
  • VMDL端子:2.7V-3.4V出力(ソフトウエアで任意の電圧選択)
  • VMDH端子:4.4V-5.05V出力(ソフトウエアで任意の電圧選択画像)
  • アクセラレーション機能
  • イメージ/ビットマップコピー機能
    画像を拡大/縮小、回転してコピー可能。6ビットカラーではアルファブレンドも可能
  • 描画機能
    太さを指定可能な線の描画、塗りつぶし機能等
赤外線リモートコントローラー 1チャンネル(応用としてELランプ駆動波形を生成可能)
A/D変換器 逐次比較型 12ビット分解能 7入力
タイマー 16ビットPWMタイマー:2チャンネル
16ビット タイマー:8チャンネル
ウォッチドッグタイマー
シリアルインターフェース UART:3チャンネル / SPI:2チャンネル / I2C:2チャンネル
QSPI:1チャンネル
USB 2.0 FSデバイスコントローラー:1チャンネル
I/O(入出力ポート数) 最大:57本
内ユニバーサルポートマルチプレクサー:30本
パッケージ VFBGA5HX-81ボール(5mm×5mm,ボールピッチ:0.5mm)
WCSP100ボール(4.45mm×4.45mm,ボールピッチ:0.4mm)
TQFP14-80端子(14mm×14mm, 端子ピッチ0.5mm)
ベアチップ

■メモリー液晶の接続例

  1. ※1 英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区)製のプロセッサー。市場での圧倒的な採用実績とエネルギー効率に優れる。
  2. ※2 エプソン調べ:量産中の汎用マイコンにおいて(2016年8月末現在)
  3. ※3 メモリー機能を持った液晶。一般的な液晶ディスプレイでは、その性質上、静止画像の表示でも画像の書き換え作業が必要であるがメモリー液晶は一度ディスプレイ上で画像を作ると、書き換え作業を行わずにそのままの画像を表示し続けることが可能。このため消費電力を抑えられる。
  4. ※4 Wafer Level Chip Size Packageの略。パッケージのサイズが半導体チップと同等のパッケージ。
  5. ※5 環境が標準値、Sleepモード、RTCA=ON、25℃においてARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

【関連リンク】

本製品の詳細情報は下記ウェブページをご参照ください。

http://www.epson.jp/prod/semicon/products/mcu/armcore_index.htm

【お客様のお問い合わせ窓口】

セイコーエプソン株式会社 デバイス営業部 電話:042-587-5313(直)

ウェブサイト URL:http://www.epson.jp/prod/semicon/support/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。