ニュースリリース
2016年9月15日
セイコーエプソン株式会社

3LCDプロジェクター世界累積販売台数2000万台達成


3LCDプロジェクター(写真は「EB-U32」)

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔 以下 エプソン)は、このたび3LCDプロジェクターの世界累積販売台数2000万台を2016年8月で達成したことをお知らせします。

エプソンは1989年から3LCDプロジェクターの販売を開始しました。今ではオフィスで当たり前になっているプロジェクターを使った大画面プレゼンテ―ションですが、1990年代前半まではそのような慣習はありませんでした。その中でエプソンは1994年に小型、軽量で持ち運び可能でありながら、明るい「ELP-3000」によってプロジェクターの新市場を切り開き、オフィスでの大画面プレゼンテーションという文化を創出しました。その後、プロジェクターの用途はオフィスでのプレゼンテーションやホームシアターから、文教、商業分野へと拡大し、エプソンはこうした分野のニーズに応える製品を次々に投入することで、21年連続国内シェアNo.1※1、世界シェアでも15年連続No.1※2、そしてこのたび販売2000万台を達成しました。

エプソンの強みは企画、設計、製造、販売までを一貫して行うエプソン流の垂直統合型のビジネスモデルにあります。エプソンでは3LCDプロジェクターの基幹部品である高温ポリシリコンTFT液晶パネル(HTPS: High Temperature Poly-Silicon TFT)を自ら開発・量産しており、この基幹部品の特徴を熟知しているからこそ、自ら特長のある強い製品を企画・設計し、ものづくりの力を駆使して自らの手で完成品まで生産しお客様に製品やサービスをタイムリーにお届けすることができます。

執行役員である ビジュアルプロダクツ事業部長 渡辺 潤一は次のようにコメントしています。

「今回このような発表ができることを嬉しく思います。このような結果を出せたのも、人々のコミュニケーションのあり方を良い方向へ変えようと、お客様の期待を超える製品やサービスを届けようと努めてきたからだと感じます。長期ビジョンEpson 25でも掲げたとおり、私たちは独創のマイクロディスプレイ技術とプロジェクション技術を極め、ビジネスと生活のあらゆる場面で感動の映像体験と快適なビジュアルコミュニケーション環境を創造し続けることを目指しています。フラットパネルディスプレイ(FPD)では成し得ない、プロジェクション技術ならではの表示拡大などサイズ変更の容易性、超大画面での一覧性などの価値を創りあげ、照明などの新しい領域も含め、さまざまな領域で映像体験を提供します。今後も引き続き、映像のリーディングカンパニーとして、魅力ある製品をお届けしてまいりますのでご期待ください。」

  1. ※1: プロジェクター国内販売台数において(1995~2015年 富士キメラ総研調べ)
  2. ※2: 500ルーメン以上のプロジェクター数量シェアにおいて(2001~2015年 Futuresource Consulting Limited調べ)

参考

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。