ニュースリリース
2016年7月29日
セイコーエプソン株式会社

エプソングループ 「サステナビリティレポート2016」をWebサイト上で公開

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔 以下エプソン)は、2015年度のエプソングループのCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)の方針と活動事例をまとめた「サステナビリティレポート2016」の日本語版を、本日7月29日下記URLにて公開しました。

日本語版 http://www.epson.jp/SR/report/

エプソンは、サステナビリティレポートについて読者の興味やニーズにお応えするために、「サステナビリティレポート」と「サステナビリティレポート活動ハイライト」(以下、「活動ハイライト」)の2種類を発行しています。

今回、ホームページに公開しました「サステナビリティレポート」は、エプソングループのCSRに関する2015年度の方針や活動事例について詳細な情報を集め、エプソンが掲げる「経営理念」に沿った章立て(お客様を大切に/地球を友に/個性を尊重し、総合力を発揮して/世界の人々に信頼され/社会とともに発展する)で、分かりやすく紹介しています。

一方、8月末公開予定の「活動ハイライト」は、単なる「サステナビリティレポート」の要約版ではなく、エプソングループのCSR活動を象徴するテーマに焦点を当て、エプソンが提供する社会貢献価値と自社内での取り組みを28ページにまとめ、コンパクトで、親しみやすいレポートにいたします。また2016年3月に発表した長期ビジョン「Epson 25」に基づき、4つのイノベーションが提供する価値を商品と共に紹介します。

なお、「サステナビリティレポート」の英語版は8月末に、「活動ハイライト」は英語版を9月中旬、中国語版を9月末に公開する予定です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。