ニュースリリース
2016年3月28日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

産業用スカラロボット「LSシリーズ」に可搬重量20kgの『LS20』が国内新登場


『LS20-804S』(アーム長800mmモデル)


『LS20-A04S』(アーム長1,000mmモデル)

エプソンは、組み立て・搬送作業などの自動化に適した産業用スカラロボット(水平多関節ロボット)「LSシリーズ」の新商品として、『LS20』(可搬重量20kgモデル)を2016年3月28日より日本国内での受注を開始します。

産業用スカラロボット「LSシリーズ」は、「LS3」(3kg可搬)、「LS6」(6kg可搬)を投入していますが、今回、可搬重量を20kgへ増加し、より高負荷の重量物の搬送や、多数のワークの同時搬送などを可能にした『LS20』をラインアップとして追加しました。これにより、お客様の搬送作業に適したロボットとしての選択肢が広がり、高いコストパフォーマンスとともに生産ラインの自動化による生産性を高めることが可能となります。

『LS20』は、基本性能を重視したシンプル設計ながら、従来の「LSシリーズ」の、「高速」、「高精度」、「省スペース」の特長を引き継いでいます。アーム長は800mmと1,000mmの2モデルの仕様設定とし、より広い範囲での作業を可能にします。さらに、クリーン仕様(ISOクラス4)に対応したモデルも用意しています。

■産業用スカラロボット『LS20』の特長

・軽量でありながら可搬重量20kgを実現

アーム長800mmモデルは本体重量47kg、アーム長1,000mmモデルは本体重量50kgと軽量ながら、20kgの可搬を可能にし、電子機器部品や自動車電装部品の搬送から、エンジン部品の組み立て搬送まで、幅広い用途に対応できます。

・高速なサイクルタイムによる高い生産性を実現

2kg可搬時で、アーム長800mmモデルは0.42秒、アーム長1,000mmモデルは0.45秒と、高速なサイクルタイムにより、高い生産性を実現します。

※サイクルタイム:粗位置決めアーチモーション(水平:300mm 垂直:25mm 往復)において、2kg負荷搬送時の最速となるポイント・動作関連設定における動作時間です。

・エプソン独自のロボット制御技術による「高精度」を実現

エプソン独自のロボット制御技術により、俊敏な動作が実現でき、さらに低振動のため、高精度な組み立て作業が可能です。

エプソンは商業・産業分野を、成長が期待できる重要な市場と位置付けています。今後も市場のニーズに応える商品の投入や、お客様サポートを強化し、一層お客様の期待に応えてまいります。

■価格・受注開始日

新商品の販売価格と受注開始日については、以下の通りです。

商品名 アーム長 販売価格
(税抜)
受注開始日
産業用スカラロボット『LS20-804S』 800mm 1,700,000円 2016年
3月28日
産業用スカラロボット『LS20-A04S』 1,000mm
産業用スカラロボット『LS20-804C』(クリーン仕様) 800mm 1,900,000円
産業用スカラロボット『LS20-A04C』(クリーン仕様) 1,000mm

エプソンの産業用ロボット全般に関する情報は下記ホームページをご参照ください。

http://www.epson.jp/prod/robots

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。