ニュースリリース
2016年2月23日
エプソンダイレクト株式会社

幅広い業務に応える多用途タッチパネルPC 「Endeavor TD160E」が新登場

エプソングループのエプソンダイレクト株式会社(本社:長野県松本市、社長:吉崎宏典)は、15.6型タッチ対応液晶を搭載したタッチパネルPC『Endeavor TD160E』を発表いたしました。

『Endeavor TD160E』はオンラインショッピングサイト(http://shop.epson.jp/)およびコールセンター[ご購入相談およびご注文窓口](電話0120-545-101<通話料無料>)を通じて本日より受注を開始、2016年3月中旬より順次出荷開始予定です。

【『Endeavor TD160E』の特長】


Endeavor TD160E

■設置スペースを抑えながら見やすい画面を実現

『Endeavor TD160E』は15.6型タッチ対応液晶を搭載したタッチパネルPCです。タブレット同様、液晶が搭載されているケースにCPU・メモリー・ストレージなどの基幹部品や各種インタフェースなども搭載されていますので本体のみでタッチパネルPCとしてお使いいただけます。一般的なタブレットでは画面が小さいが液晶ディスプレイ一体型PCほどの設置スペースは確保できないというような場合にご活用いただけるサイズになっています。

■ファンレス構造で高い静粛性

CPUファン、ケースファンを無くすことで高い静粛性を実現。ストレージにHDDを搭載した構成で約15dB、SSD搭載なら駆動部のない無音状態になります。高い静粛性が求められる図書館などの端末にも適しています。

■シリアルポートなどの豊富なインタフェースを標準搭載

多くの制御機器や計測機器などとの接続に必要となるシリアルポートを標準で2ポート搭載。USBシリアル変換ケーブルなどを用いた接続ではUSBポートを占有してしまいますが、シリアルポートに直接接続することで他のインタフェースを占有することがありません。

USB3.0 2ポート、HDMI 1ポートはミニ・マイクロサイズではなく標準サイズのものを搭載していますので既存のUSB機器やHDMIケーブルをお使いいただくことができます。

■豊富なオプションで多彩な設置方法に対応

標準のスタンドによる机上への設置方法のほかに、オプションのスタンド・アームスタンド・壁掛けキットを使うことで様々な設置形態へのご要望に対応することができます。また標準スタンドを用いた天吊り設置も可能です。

※建築物への設置をおこなう際には、必ず専門の業者にご相談ください。

『Endeavor TD160E』の販売構成例

モデル名 Endeavor TD160E
OS Windows 10 Home 64bit
※Windows 10 Pro 64bit、Windows 7 Professional 64bit SP1適用済み(Windows 10 Pro 64bitダウングレード)も選択可能
CPU インテル® Celeron® プロセッサー N3150(1.6GHz)
ビデオ CPU内蔵3Dグラフィックス
メモリー 2.0GB(2.0GB×1) PC3L-12800 DDR3L SDRAM
※4.0GB(4.0GB×1)、4.0GB(2.0GB×2)、8.0GB(4.0GB×2)も選択可能
ストレージ 64GB シリアルATA 600MB/s対応SSD
※128GB/256GB/512GB SSD、250GB/500GB HDD(5400rpm)、500GB HDD(7200rpm)も選択可能
光ディスクドライブ なし
※オプションの外付けポータブルDVDドライブも選択可能
上記基本構成価格 99,800円(税抜、送料別)

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。