ニュースリリース
2016年1月28日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

VO2Max(最大酸素摂取量)推定計測機能と活動量計測機能を搭載、これ1台でランナーのトレーニングから日常生活までフルサポート。

GPSランニングギア「WristableGPS『SF-850PB』、『SF-850PW』」新発売

※:走行速度と脈拍数から簡易的に算出。


SF-850PB(ブラック)


SF-850PW(ホワイト)

製品ページ

エプソンは、GPS Sports Monitor「WristableGPS(リスタブルジーピーエス)」シリーズの新商品『SF-850PB』、『SF-850PW』を2016年2月10日(水)より発売します。「WristableGPS」は、GPS機能によりランニング時の走行距離やペースなどを高精度に計測、記録、保存、検証を可能にするGPSランニングギアです。

新商品『SF-850PB』、『SF-850PW』は、高精度なGPS機能、脈拍センサーに加えて、ランナーにとって重要な指標であるVO2Max(最大酸素摂取量)推定計測機能※1を新たに搭載しました。

VO2Maxとは、体重1kgあたり1分間に体内に取り込める最大酸素量のことであり、VO2Max値が高いほど運動時の酸素摂取量が多く、ランニングにおける心肺機能を図る目安とすることができます。

VO2Maxの計測にはこれまで、専用の計測装置やトレッドミル(ランニングマシン)などが必要でしたが、新商品『SF-850PB』、『SF-850PW』は腕に装着して走行するだけで※1推定値を計測することが可能となり、さらに、マラソンタイム予測機能を搭載しているので、手軽に心肺能力を可視化してトレーニングに活用することができます。

さらに、マラソン大会などに参加するために、日常生活からコンディションづくりが欠かせないランナーの要望に応えるため、脈拍数と活動量を計測できる「PULSENSE(パルセンス)」の高精度な活動量計測機能も新たに搭載し、これ1台で「消費カロリー、歩数、距離、心拍ゾーン※2、睡眠状態※3、こころバランス※4」までを可視化して、ランニング以外の日常生活における健康管理をサポートすることも可能となりました。

  • ※1:走行速度と脈拍数から簡易的に算出。また、走行条件を満たした場合に計測可能。
    走行条件は、「ラン」種目で計測開始から連続10分間以上、時速6km/h以上、運動強度%HRR55%~90%で走ること(GPS計測必要)。
  • ※2:各心拍ゾーン(ウォーミングアップ、脂肪燃焼、有酸素、無酸素、最大強度)を表示。
  • ※3:睡眠時の脈拍推移から、睡眠時間と共に眠りの「浅い」「深い」を可視化。
  • ※4:加速度センサーと脈拍推移から、非活動時に脈拍が高ければ「エキサイト」、低ければ「リラックス」として記録。

ランナーに必要な機能を充実搭載

1.エプソン独自開発の高精度GPSチップを搭載

  • 電波の乱れや、届きにくい環境の周回コースやビル街でも、高精度に測位可能。
    国産準天頂衛星「みちびき」※1に対応し、都市部や山間部でも安定した測位が可能。

※:1日8時間の補完信号となります。

  • 本体内蔵のストライドセンサーにより、トンネル内や室内でも走りを刻み続ける。
  • 脈拍計測もGPS信号測位も毎秒ごとで20時間稼働。
  • 薄型軽量ボディ。(外装寸法:直径:45mm×厚14.2m(センサー部を除く)、重さ:約52g)

2.脈拍センサー搭載で胸ベルト(ハートレートモニター)の装着が不要

時計裏部分に組み込まれた高精度脈拍センサーにより、本商品を腕に装着するだけで高精度な脈拍計測が可能。胸ベルトによる心拍計測との比較においても、「±2%以内※2」と、高精度で脈拍数を計測。

※2:当社規定装着条件、計測環境による。ランニング実施時脈拍100拍~180拍の場合。

当社従来機胸ベルトとの約10秒間隔の比較。急激な脈拍数の変動がある場合を除く。

VO2Max推定計測機能搭載

専用機材を使用せずに本商品を腕に装着して走行するだけ※3で、VO2Max(推定値)を計測可能。

併せてマラソンタイムの予測機能を搭載し、トレーニングのモチベーション向上に効果的。

フルマラソン、ハーフマラソン、10km、5kmに対応。

※3:走行速度と脈拍数から簡易的に算出。また、走行条件を満たした場合に計測可能。

走行条件は、「ラン」種目で計測開始から連続10分間以上、時速6km/h以上、運動強度%HRR55%~90%で走ること(GPS計測必要)。

VO2Max計測画面 マラソンタイム予測画面
(5km 、10km)
マラソンタイム予測画面
(ハーフ、フル)

「PULSENSE」シリーズの活動量計測機能を搭載

  • エプソン独自技術の高精度脈拍センサー搭載。
  • 「体の動き」(加速度)だけでなく、脈拍を通じて「体の負荷」を計測しているため、より高い精度で運動強度と消費カロリーの算出が可能。
  • 脈拍と活動量から睡眠に入ったことを自動で検知して「睡眠モード」へ切り替えが可能。
  • 睡眠時間や眠りの「深い」「浅い」を可視化。
  • さらに運動量が少ないとき(非活動時)に脈拍が高ければ「エキサイト」、低ければ「リラックス」として、こころの状態を可視化。
  • 脂肪燃焼や持久力向上など目的にあった運動強度を5つの「心拍ゾーン」に置き換えて設定、表示。

エプソンはコア技術である独創のセンシング技術によって、脈拍数から消費カロリー、歩数などの活動量までを高精度に計測し、その情報を価値あるデータとして提供することで、お客様のより豊かな生活の実現を目指していきます。

■キャンペーン、イベントについて

新商品発売を記念して、各種キャンペーンを実施します。

1.レンタルサービスを一律850円で実施

より多くの方に体験いただけるよう、全WristableGPSシリーズのレンタルサービス料金を通常2,000円から一律850円で実施(往復送料、税込)。また、レンタル後に購入されたお客様には2,000円のQUOカードをプレゼント。

キャンペーン名称:使ってみたら欲しくなる!新商品お試しレンタルキャンペーン

キャンペーン期間:2016年1月28日~2016年5月10日

キャンペーンサイト:http://www.epson.jp/products/wgps2/rental/

※本件レンタルに関する保証金をお預かりするため、予約時に保証金額のクレジットカード与信枠を確保いたします。(この状態ではお客様に請求されません。)詳細はキャンペーンサイト規約ページ参照。

2.購入者プレゼントキャンペーン

新商品『SF-850PB』、『SF-850PW』を購入後、応募いただいた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼント。

キャンペーン名称:「ちょっとした夢叶えます!!」プレゼントキャンペーン

キャンペーン期間:2016年1月28日~2016年3月28日

キャンペーンサイト:http://www.epson.jp/ec/campaign/new_sfps/#2

■販売目標台数について

新商品の2016年度(2016年4月~2017年3月)の販売台数は、2万台を予定しております。

■価格・発売日について

WristableGPS『SF-850PB』、『SF-850PW』の価格と発売日は以下の通りです。

商品型番 仕様 価格 発売日
SF-850PB ブラック GPS機能搭載、脈拍センサー搭載
VO2Max推定計測機能
GPS稼働20時間(脈拍計測オン時)
活動量計機能搭載、5気圧防水
外装寸法:直径:45mm×厚14.2m
(センサー部を除く)
重さ:約52g
オープン
プライス
2016年
2月10日
SF-850PW ホワイト

また、脈拍を計測して運動強度やカロリー収支※1、睡眠状態※2やこころバランス※3を知ることができる活動量計「PULSENSE」シリーズは、新しいスタイルの大画面液晶、ワークアウトモードが特長の新商品『PS-600B』『PS-600C』を本日1月28日にリリースしており、生活の中でより使いやすい商品のラインアップを充実させていきます。

  • ※1:摂取カロリーについては、「PULSENSE View」で食事記録を入力する必要があります。
  • ※2:睡眠時の脈拍推移から、睡眠時間と共に眠りの「浅い」「深い」を可視化。
  • ※3:加速度センサーと脈拍推移から、非活動時に脈拍が高ければ「エキサイト」、低ければ「リラックス」として記録。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。